概要 [編集]

特殊状態は、状態異常・弱体・強化のいずれとも異なる分類の特別な状態です。
状態異常および強化・弱体については、状態異常・強化・弱体を参照してください。

  • 状態異常でないため、(Rシルバートームやサレオススキル等で)状態異常治療できない
  • 弱体でないため、(R魔導の書等で)弱体治療できない
  • (SR古の狂竜やユフィールスキル等で)状態変化耐性をつけても特殊状態の予防はできない
  • (Rイービルアイやウヴァルスキル等で)強化解除できない(強化解除されない)
    • バーサークに関しては、付与される「攻撃力上昇」自体は強化解除が可能。
      ただし特殊状態自体は解除されないため、ターン切り替え時になると再び「攻撃力上昇」が付与される。

さらに細かい特徴としては、以下のものがあります(今後、例外が出現する可能性はあります)。

  • 戦闘不能(または行動不能)で解除される傾向にある
    ただし戦闘不能・行動不能の場合も、どの時点で解除されるかは特殊状態ごとに差があります。
    • 例:ライブの場合、付与「した」キャラクターが戦闘不能(または睡眠・凍結等の行動不能)になった時点で、パーティ全体のライブ効果が解除されます。
    • 例:ハイドロボムの場合、付与「した」キャラクターが戦闘不能になっても、付与「された」キャラクターの元にボムが残ります。
  • 全体化・スキル強化・アタック強化の対象外となる
    • フォラスのスキルやSSRアトランティス・SRレッドリザード等による「強化」の一種である全体化・列化の対象にはなりませんが、
      ヴィネ(ラッシュ)の特性「HPが33.3%以下のとき、スキルの効果範囲が敵全体になる」のように、「スキル自体の能力が変化する」場合は存在します。

バーサーク [編集]

バーサークターン経過で攻撃力が上昇していく特殊状態です。
自身あるいは他者の行動でカウンターメギドのみ適用できます。
ただしデメリットとして、毎ターン最大HPの1割のダメージを受けます。

バーサークの性質 [編集]

  • カウンターメギドのみ適用可能
  • 適用時、攻撃力上昇が発動する
  • ターン終了時に、最大HPの10%のダメージを受けると同時に攻撃力上昇が発動する
  • 攻撃力上昇の値は発動するごとに25%ずつ上昇し、適用時の数値+100%で上限に達する

ティアマトはターン終了時にバーサークする特性を持ちますが、この特性が発動したターン終了時にはダメージを受けません。
発動のタイミングが「バーサークによるダメージ+攻撃力上昇」→「ティアマトの特性」となっているためでしょう。

+  バーサークのタイミング表

バーサークの注意点 [編集]

  • 適用時の攻撃力上昇値および最終的な攻撃力上昇値は、適用させた方法によって異なります
  • 一度適用されたバーサークを別の発生源によるバーサークで上書きすることはできません
  • バーサークによる攻撃力上昇は重複しません
  • バーサークによる攻撃力上昇は、フォルネウスなどが持つ「強化効果上昇」のMEの効果を受けません
  • 強化解除を受けると該当ターンは強化が解除されますが、次のターンには強化状態に戻ります
    その際も最初からではなく、ちゃんと経過ターンに応じて上昇した所から再スタート
  • バーサーク自体は特殊状態ですが、それによる攻撃力上昇は通常の「強化」の一種のため、状態異常「束縛」によって無効化されます(ver1.8より)
    • 束縛が自然治癒するターン終了時であっても、攻撃力上昇は無効になります
      (攻撃力上昇が無効になった後に束縛が治癒されます)

バーサークを付与できるメギド [編集]

点穴 [編集]

点穴点穴を溜めれば溜めるほど高威力の一撃を放つ特殊状態です。
特定の条件を満たすことで点穴値に応じた固定ダメージが攻撃に追加されます。
自身あるいは他者からの付与で、ラッシュメギドのみ溜めることができます。
オーブ以外の攻撃を行うと点穴が消費され、数値が0になってしまう性質があるため注意が必要です。

この点穴の数値は「レベル」で表現されます。

点穴の使い方 [編集]

点穴を自前で用意できるユニットは限られます。
しかしマスエフェクトなどで付与してもらうことで、ラッシュで『単体かつ一回の攻撃手段』があれば誰でも使うことができます。

点穴の基本行動は「点穴Lvを上げる=攻撃しない」ことです。
点穴を自前で増やせるメギドの場合、攻撃と点穴増加がセットになっているスキル(奥義)を使うと、溜まっていた点穴も消費してしまうので発動には注意が必要になります。
マスエフェクト(ME)、特性、スキル、奥義、いずれかに攻撃を伴わない点穴増加手段があるので、事前によく確認しましょう。

+  点穴付与の手段一覧
+  点穴向きのメギド

点穴の性質 [編集]

  • ラッシュメギドのみ付与可能
  • 最大レベルは100
    • 霊宝系譜「一心」を発動させることにより上限を120まで引き上げることが可能
  • 点穴のダメージは点穴レベルと攻撃キャラクターのレベルにのみ依存する
    • 自身の攻撃力、敵の防御力、どちらにも影響をうけない完全固定ダメージ
  • 『対象が敵単体』かつ『一回攻撃』の場合にのみ点穴Lvに応じた固定ダメージが乗る
    • 連続攻撃、列・全体攻撃、単体攻撃を列(全体)化したものは対象外
    • 単体かつ一回攻撃なら通常スキル奥義のどれでも発動、カウンターや追撃でも発動
  • オーブ以外の攻撃を行った時点で点穴Lvはリセットされる
    • 多段や範囲攻撃でも点穴は消費され0になる
    • 点穴増加と攻撃がセットになっているスキル(奥義)は要注意

戦闘中点穴が溜まっていれば、キャラステータス→詳細から与えられるダメージを確認できます。
点穴のダメージ計算式は、下記のとおりと推測されます。

  点穴Lvの2乗 × メギドLv ÷ 35 = 点穴ダメージ

+  点穴ダメージ表

点穴ダメージ相関図 [編集]

有志よりいただきました点穴ダメージ相関図です。
点穴Lvの2乗に比例してダメージが増えるため、点穴Lvが高くなる後半で一気にダメージが伸びることが分かります。

tenketsugraph02.png
※タップまたはクリックで拡大表示

点穴の注意点 [編集]

  • オーブによる攻撃では点穴が発動せず、点穴Lvも0にならない
  • 通常ダメージが0になる場合は、点穴ダメージが発生しない
    • 回数バリア、無敵、100%以上のアタック・スキルダメージ軽減で無力化
      • 80%軽減の場合、通常ダメージが発生するので、点穴も発動
    • ブニザガンに代表される「最大HPの○%以下のダメ無効」(ダメージブロック)は点穴込のトータルダメージが対象になる ※ver1.12時点で検証済み
  • 本来の点穴ダメージが発生するか、無効化され0になるかのどちらか(点穴ダメージ自体を軽減する手段はない)
  • 点穴レベルを付与するスキルを強化しても、付与Lvは1.5倍にはならない
  • 反撃や、混乱による味方への攻撃でも点穴の効果は発揮される

固定砲台 [編集]

点穴レベルが上昇しなくなり、すべてのフォトンによる行動が「単体を対象とした1回攻撃」に変化します。(列化・全体化も無効)
またこの行動後、点穴レベルは(通常の点穴の挙動とは異なり)0にはならず、10だけ減少します。
現時点ではベリアルのみが使える特殊状態であり、あわせてキャラ個別ページも参照されることをおすすめします。

固定砲台の性質・注意点 [編集]

  • アタック・スキル・チャージのいずれであっても単体対象の1回攻撃になります。
    • ただし該当フォトンの行動がキャンセルされる状態異常になっていると攻撃が発生しません(アタック:めまい、スキル:感電、チャージ:呪い)。
  • 固定砲台が解除されても、その時点での点穴レベルは維持されます(0にはなりません)。
  • マスエフェクトでの点穴レベル上昇は固定砲台の解除よりも先に判定されるため、
    かりに「ターン終了時に点穴レベル+15」のマスエフェクトが乗っていたとしても、固定砲台が終了するターンでは点穴レベル増加は起こりません。
  • 魅了等による追撃アタックが発生した場合も、点穴が10だけ減少します。
  • ねずみ化した場合の攻撃も、点穴が10だけ減少します。
    また、フォトンごとの行動はねずみ化時のものとなるためチャージフォトンで攻撃ができなくなります。
  • 特殊フォトンであっても攻撃を行えます。

点穴結集 [編集]

点穴レベルが上昇する際、一定回数のみ、その上昇量を増加させる状態です。
現時点ではストラス(ラッシュ)のみが使える特殊状態となります。
※ストラス(ラッシュ)に関しては該当ページに詳しい説明がありますので、そちらをご覧ください。

ハイドロボム(Hボム) [編集]

ハイドロボムターン経過で爆発する時限爆弾です。
バースト/ラッシュメギドのみ扱うことができます。
ボムは弾けた際に誘爆して他のボムを爆発させる特性があります。
しかし、作成者と作成技が同じ場合は重複して付与することはできません。

Hボム状態とはボムを設置された敵がかかる特殊状態になります。

ハイドロボム付与の手段一覧 [編集]

+  ハイドロボムの手段一覧

ハイドロボムの性質 [編集]

ハイドロボムは「速」「重」そして「錬」の3種類が存在します。
基本的には、威力は低いがすぐ破裂する「速」を付与し、その誘爆で威力の高い「重」や「錬」を早めに破裂させるという戦い方が主になります。

ハイドロボム速の性質 [編集]

  • 低威力必要ターン短
  • 付与した敵の左右に最も近い敵にもダメージ
    列の違いは無視される(前衛ワントップでも両隣の後衛に当たる)。
    「最も近い」の言葉通り、間隔が空いていても当たる。

ハイドロボム重の性質 [編集]

  • 高威力必要ターン長
  • 付与した敵にのみダメージ

ハイドロボム錬の性質 [編集]

  • 付与方法によって威力は変動する必要ターン長
    • ハイドロボム錬を付与するとき、その敵にすでに付与されていたハイドロボムをすべて解除し、解除したボムの倍率の合計が付与されるボム錬の倍率に足される。この時解除したボムが強化状態なら、その強化を引き継ぐ。ボム錬の倍率は50で上限値に達する。
    • 付与時に解除したボム速・ボム重の個数付与回数は記録され、再度の錬付与によって解除されると次のボム錬に引き継がれる。これらの数値の合計によってボム錬の威力に補正がかかり、30で最大になる。補正は増えないがその後も錬成は可能。
  • 付与した敵にダメージを与え、ほかの敵全てに半分のダメージ
  • 補足
    • ヒュトギン奥義によるHボムダメージ上昇の対象となる。また変換前の速・重ボムがこの強化状態を一つでも含んでいた場合、生成される錬ボムも強化状態となる。
      なお錬ボムに変換してから奥義を使った場合でもダメージは同一。
    • 氷龍帝オロチ(ウェパルB専用オーブ)の特性による重ボムダメージ上昇効果は、錬ボムに変換した時点で失われる。
      おそらく錬ボムに変換した時点で、ウェパルBが付与したボムとは別物扱いになると考えられる。
      ※現状は手段がないため、ウェパルB自身が錬ボムに変換した場合の処理は不明。

ハイドロボム共通の性質 [編集]

  • 付与個数
    • 速・重・錬合わせて敵1体につき3つまで付与可能
      ただし、同じキャラの同じ手段で付与できるのは1つのみ。たとえばフラウロスB単独なら速・重1つずつが限界。
  • 誘爆
    • Hボム状態で他のHボムのダメージを受けると、残りカウントに関わらず弾ける
  • ハイドロボムの威力(詳しくは下の項目を参照)
    • 付与者のLvとHボムの倍率によって決定された後、敵の防御力の影響を受ける
      • 逆に言うと、付与者の攻撃力にはまったく左右されない
      • 錬は更にボムの合成数、合成回数によって威力が変化する(後述)
    • 2つ以上のHボムが同時に弾けると、ダメージ上昇(同時爆破補正)
      誘爆しない位置でも、カウント0のタイミングが同じなら同時爆破補正は発生する。
      同時爆破補正は同時に弾ける個数が多いほど上昇。最大は3つ×5体(15個)の2.5倍。

ハイドロボムのダメージ [編集]

ハイドロボム速・重の爆破により与えられるダメージは以下の計算で求められます。

  ((100+Hボム付与者のLv*15)*ボム倍率-敵防御力)*同時爆破補正*ダメージ補正 = Hボムダメージ

なお「ボム倍率」は、キャラクターや技によって異なります(そのため同じ「重」でも倍率が大きく異なる場合があります)。

ダメージ補正は氷龍帝オロチの特性・ヒュトギンの奥義などによる「ハイドロボム(重)のダメージが上昇」が該当します。
通常攻撃と同じく、同種のダメージ上昇系補正は加算されます。

同時爆破補正については、以下の計算で求められます。

  1+同ターンにパーティで爆破するボムの合計個数×0.1 = 同時爆破補正

ただし爆破数が1個のみの場合は1.1とはならず、1倍のままとなります(ヘルプに記載のとおり)。

また同ターンに爆発するのであれば、必ずしも誘爆である必要はありません。
※たとえば離れた位置(例:枠1・3)にあるハイドロボム「重」が弾けた場合でも、同時爆破補正は1.2となります(実際に確認済み)。

攻撃力に影響される要素がないという点では、固定ダメージや点穴と似ている部分もあります。
ただし防御力で減衰し、なおかつ同時爆破補正の前に防御力が引かれるため、
ボム錬を使用しない場合は、極端な高防御の敵(例:アシュトレトやケラヴノス等)には不向きとなります。

+  参考:フラウロス(バースト)のHボム重3.25倍/3.5倍のダメージ表

ハイドロボム錬で与えるダメージについて [編集]

ハイドロボム錬によるダメージは以下の計算で求められます。

  ((100+Hボム付与者のLv*15+錬成補正)*ボム倍率-敵防御力)*同時爆破補正*ダメージ補正 = Hボムダメージ

そして錬成補正は、以下の計算で求められます。
  (ボム錬を錬成するために解除した速・重ボムの総数+錬成回数)×付与者のレベル×2.5 = 錬成補正

錬成補正によって基礎数値が、倍率が合計されることによって倍率が大きく伸びたので、威力が上昇したうえ高防御の相手にも問題なく通るようになりました。
例えば全員Lv70でウェパルB・シトリーRのHボム重3つを錬成した後Hボム速で起爆すると、1850×13.6×1.2=30192ダメージを与え、残りの敵に15096ダメージを与えられます。
これは敵防御力0の時の試算ですが、敵防御力が5000あっても(1850×13.6-5000)×1.2=24192ダメージとなります。

ハイドロボム錬ダメージ目安表 [編集]

錬ボムを利用して与えられるおおよそのダメージを表でまとめました。
何倍までボムを錬成すれば敵を倒しきれるのかの目安としてください。
ウェパルBの奥義+(重ボム6倍)のみを使用し錬成し続ける想定の上で、*1

  • 錬成補正:[解除数=倍率÷6(小数点切り上げ)]+[錬成数=解除数×2]
  • 同時爆破補正:1.2(錬ボム+爆破用速ボム=2個)
  • ダメージ補正:1(補正技不使用)

という最低条件で計算しています。
実際には複数の重ボムを使用して錬成補正を上げたり、同時爆破をしたりすることが多いため、ほぼ間違いなく表よりは高いダメージが出るはずです。

錬ボムの付与者がLv70の場合のダメージ

防0防500防1000防1500防3000
6倍1080010200960090007200
12倍2664026040254402484023040
18倍4752046920463204572043920
24倍7344072840722407164069840
30倍104400103800103200102600100800
36倍140400139800139200138600136800
42倍181440180840180240179640177840
48倍227520226920226320225720223920
50倍258000257400256800256200254400
+  参考:錬ボム付与者Lv50~Lv65の場合

ハイドロボムの注意点 [編集]

  • 位置補正、種族特効、防御無視、アタック強化・スキル強化の影響を受けない
  • 暗闇によってハイドロボムを付与する技が外れても、ボムの付与判定は行われる
  • ハイドロボム状態の解除に関して
    • 付与したキャラが倒れてもHボムは解除されない
    • Hボム状態の敵が倒れると、弾けることなく消失
    • Hボムを解除する効果を持つ能力(味方側には未実装)により消失

アーマー [編集]

HPとは別の耐久値を与える特殊状態です。
アーマー状態でダメージを受けると、HPではなくアーマーの耐久値が減少します。
耐久値が0になるとアーマーは解除され、余剰分はそのままHPへのダメージになります。
アーマー状態で回復を受けても、HPが回復するだけで耐久値は回復できません。
アーマー状態でさらにアーマーが付与されると、耐久値は上書きされます。
コルソンのぬいぐるみ巨大化と重複した時にダメージを受けると、アーマーの耐久値が先に減少します。

  • アーマーを無視するダメージの例
    毒・煉獄の炎・反動ダメージ・地形ダメージ・ペインフォトン
    無敵状態でもダメージが通るものはアーマーを無視すると考えてよさそうです。(響撃ダメージを除く)

特定のユニット専用(現時点) [編集]

ライブ [編集]

現状、プロメテウスアスラフィル専用の特殊状態となっています。
プロメテウスのページのライブ状態についてに詳しい説明がありますので、そちらをご覧ください。

エレキ [編集]

現状、グリマルキン専用の特殊状態となっています。
グリマルキンのページのエレキ状態についてに詳しい説明がありますので、そちらをご覧ください。

励起 [編集]

現状、アガリアレプト(ラッシュ)専用の特殊状態となっています。

封印 [編集]

現状、アガリアレプト(ラッシュ)エリゴス(バースト)専用の特殊状態となっています。
奥義が発動不可になる特殊状態です。
封印状態で奥義を発動しようとすると、奥義ではなくアタックが行われます。
この時、奥義を発動しないので覚醒ゲージは変化しません。
状態異常ではないため耐性、予防、治療はできません。
強化状態でもないためフォトン強化・マスエフェクトによる効果ターン延長もありません。

その他 [編集]

回数チェイン [編集]

その他の戦闘中の要素で解説しているチェインに関連する要素ですので、そちらをご覧ください。

コメントフォーム [編集]

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • そういえば「てんあな」と「てんけつ」、どっちの読みなんだろうか -- {MNvRkbf1GVE} 2019-06-07 (金) 08:16:03
    • てんけつ。疑問はまずググる癖をつけたほうがいい…… -- {gV0yYu2uOWM} 2019-06-07 (金) 10:19:29
    • 音読みと訓読みが混じるのは特殊なケース(日本語は特殊なケース多いけど) -- {/mMfmwq9w3o} 2019-06-07 (金) 12:40:50
    • 僕はケツ派、友達はアナ派。どっちもいい響きだと思います -- {4ol4R1v/nwU} 2019-06-25 (火) 17:28:18
  • 編集者連絡板にて画像提供のお申し出をいただきました。ありがとうございます。これを受けて点穴ダメージ相関図として、ページ内に反映させていただきました。 -- 管理人?{ROHz.01cEik} 2019-06-12 (水) 21:16:02
    • 「一心」追加を受けて、点穴値120に対応した相関図に差し替えました -- {fKc.COlJB4k} 2019-11-04 (月) 11:16:41
  • Hボムが現状なんらかの方法で解除ができないのと個数によるダメージ増加とがある分、個数制限等の縛りがあるだろうな。付与された対象がフォトンによる行動をした瞬間に爆破するHボムとかHボム同士を合体させて1個の特重Hボム作成するスキルとかなんらかのバラエティがあれば個数制限に関する不満がほんの少しでもやわらぎそうだが難しいよな。 -- {D06RvTiRWr2} 2019-06-23 (日) 00:12:59
  • ヘルプに「Hボム錬」の説明が載ってますね。錬成可能Hボム総数が30個、最大倍率50倍、強化済ボムを錬成すると、錬も強化状態に。 そしてすぐ↑に預言者が…… -- {3lLH4KKvsJA} 2019-07-29 (月) 21:33:14
    • Hボム強化が錬成後に引き継がれるのは楽ですね、ヒュトギンの奥義タイミングにあまりこだわらなくて済むようになるので。総数30・最大倍率50倍も実用上問題になるような縛りでもなさそう、50倍まで30個もいらないし50倍あれば連鎖補正無しでもアシュトレトEXが落ちるはずです -- {BgPqD4x258.} 2019-07-29 (月) 21:57:17
    • ボム錬のダメージは防御を引く前の付与者レベル×ボム倍率に、さらに1+0.1×(ボムの合成数+合成回数)が掛かるようです -- {ZkxlfzlCVbo} 2019-07-30 (火) 21:04:12
      • つまり最大で倍率50倍のボムに更に4倍の補正が乗って200倍ボム、加えて同時爆破補正2.5倍にヒュトギン奥義の1.5倍が乗るわけですね。アシュトレトが何回吹き飛ぶんでしょうか -- {BgPqD4x258.} 2019-07-31 (水) 21:02:55
  • ボム錬についての記述を追加しました -- {ZkxlfzlCVbo} 2019-07-31 (水) 17:37:29
    • なんとすでに計算式まで。ありがとうございます。 -- {ROHz.01cEik} 2019-07-31 (水) 20:49:45
    • 別の場所で錬ボムの計算式が間違っていたことが判明したので修正しました -- {ZkxlfzlCVbo} 2019-08-02 (金) 06:52:57
  • Hボムの特性的に必要ないのかもしれないけど、ファイタータイプ増えて欲しい -- {6kEt5pRCKyM} 2019-08-01 (木) 02:56:54
  • らんま1/2の「爆砕点穴(ばくさいてんけつ)」で点穴って言葉知ったなぁ。よっててんけつ派! -- {3h3tGH9igO.} 2019-09-08 (日) 01:31:22
  • 点穴の項目、系譜「一心」と点穴レベル120時のダメージ計算式を編集しました。 -- NO NAME?{06MwaWaqsaU} 2019-10-30 (水) 15:18:49
  • 劣化フォトンでもHボムの威力自体は下がってないみたいでした。(詳細表示で確認) -- {ev.X1IkHZc.} 2019-11-05 (火) 23:17:45
  • アーマーの説明を追加。味方の使用者は1人ですがアーマーがある敵が2体出ているので説明もこちらに移動しました -- {K11kLUt5Ja6} 2019-11-10 (日) 23:35:28 New
投稿にはガイドライン(詳細)への同意が必要です。
問題のある投稿への返信・反応は避け、禁止事項に触れるものはこちらの対応をお願いします。
お名前:
このコメントは、他の人が読んで嫌な気持ちにならないように気をつけています

*1 錬ボムそのものが持つ倍率については計算を単純化させるため省いています

添付ファイル: filetenketsugraph02.png 114件 [詳細] filetenketsugraph.png 1467件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-11 (月) 03:13:41 (1d)