Orochi.png

敵ステータス [編集]

氷龍帝オロチ(バースト/ファイター/覚醒ゲージ6) [編集]

  • ステータス
    難易度状態HP攻撃力防御力速度特性種族
    N(Lv50)通常20378912257214「氷の龍鱗」
    受けるダメージを[20%]軽減。毎ターン終了時、HPが[2%]回復する。突風の地形状態になると形態が変化する

    大幻獣
    突風地形毎ターン終了時、HPが[2%]回復し、突風の地形状態でなければ形態が変化する。火によって受けるダメージが[100%]上昇する
    H(Lv60)通常529521347420299[40%]/[3%]
    突風地形[3%]/[200%]
    VH(Lv70)通常1526621697500370[60%]/[4%]
    突風地形[4%]/[300%]
    EX(Lv70)通常3085602174585450[無敵(100%軽減)]/[5%]
    突風地形[5%]/[400%]
  • スキル・覚醒スキル・奥義
    難易度状態スキル覚醒スキル奥義
    永久凍土凍てつく咆哮天覆氷界
    N(Lv50)通常敵全体に攻撃力[0.8倍]のダメージ。2ターンの間、素早さを[50%]低下させる敵ランダム単体に掛かっている強化を解除しさらに2ターンの間、敵を([100%]の確率で)凍結状態にする。既に凍結なら即死させる敵全体に掛かっている強化を解除し、攻撃力[1.5倍]のダメージ。2ターンの間、0.5倍継続ダメージの氷結地形にする
    突風地形[0.5倍]/[20%][50%]敵全体に攻撃力[1.2倍]のダメージ。2ターンの間、氷結の地形効果で0.5倍の継続ダメージを与え、攻撃力を低下させる
    H(Lv60)通常[0.8倍][100%][1.7倍]
    突風地形[0.5倍][50%][1.3倍]
    VH(Lv70)通常[0.9倍][100%][2倍]
    突風地形[0.5倍][50%][1.4倍]
    EX(Lv70)通常[0.9倍][100%][2.5倍]
    突風地形[0.5倍][50%][1.5倍]

攻略の基本となる情報 [編集]

地形を突風にしよう [編集]

オロチは地形を突風にしないと被ダメージを軽減する特性を持ちます。
軽減割合は難易度によって変わりますが、EXでは無敵(100%軽減)になるため突風にすることが必須となります。
さらに突風状態にできると、ほかにも様々な弱体化が敵に発生します。

  • ダメージ軽減の解除
  • 火によって受けるダメージ上昇
  • スキルのダメージ倍率が低下(EXだと0.9倍→0.5倍)
  • 素早さ低下の効果量が減少(全難易度で50%低下→20%低下)
  • 覚醒スキルの凍結確率が低下(全難易度で100%→50%)
  • 奥義のダメージ倍率が低下(EXだと2.5倍→1.5倍)
  • 奥義の強化解除効果が消滅

以上のように多数のメリットがあるため、(難易度にかかわらず)地形を突風にしつつ戦うのが基本となります。
真珠姫ルゥルゥ討伐の殻開けギミック(ターン切り替え時にしか開かない)と異なり、オロチの特性・能力はターン途中でも突風になった時点で変化します。

突風のおすすめ手段 [編集]

地形を突風にできる手段としては下記のものがあります。

+  突風の手段一覧

もっとも手軽なのは、討伐入手のSSR嵐炎龍フラカン、または召喚入手のRミステリートーチが3ターン目から使えます。
どちらもバーストオーブのため、もしフォラスがいれば(オーブ短縮特性により)2ターン目から突風を付与できます。
フラカンはステータス弱体耐性を持っており、スキルによる素早さ低下を確率で防止できる一方、
ミステリートーチは大幻獣特効を持っているため、アタッカーに持たせてダメージを伸ばすこともできます。

なおジズがいる場合であっても、スキルフォトンが取れない場合の事故等に備えて
他キャラクターにもフラカンやミステリートーチを持たせるとより安定しやすくなります。

火ダメージの攻撃を使おう [編集]

オロチのHPは非常に高い(EXで30万以上)のため、突風にした際に発生する特性の「火によって受けるダメージ上昇」が重要になります。
難易度とともにこのダメージ補正量もかわり、Nでは+100%ですが、EXでは+400%まで上昇します。
さらに突風地形自体の火ダメージに対する補正(+100%)もあるため、EXであれば最終的に与ダメージが6倍(通常100%+特性400%+突風100%)になります。

火ダメージで攻撃できる手段としては下記のものがあります。

+  火ダメージの手段一覧

なかでもおすすめなのは、高い攻撃力と高倍率奥義を併せ持つアスモデウスによる攻略です。
バフを駆使すれば一撃でEXを倒すことも可能ですし(詳しくは攻略案の方で記述)、一撃にこだわらなくても奥義2~3回で倒しやすいです。
ただし、(不死者の例に漏れず)アスモデウス自身の育成難度が高いという問題もあるため、
オーブ取得にこだわらないならばVH以下で周回したり、他の火攻撃キャラクターを採用する選択肢もあるでしょう。

その他の火ダメージ手段について [編集]

アスモデウス以外では、クラス補正が乗るスナイパーかつ後衛から比較的安全に攻撃できるアイムもおすすめです。
高めの攻撃力とスキルLv4なら2倍攻撃を連発できるため、速攻は難しいもののオロチ戦との相性は良いと言えます。

アモンもゲージ4の手軽さと高倍率奥義で悪くないですが、耐久力が低い(前衛で攻撃を受けやすい&全体攻撃はかばえない)点では危険です。
もしアモンをメインに使うなら防御・回復手段などをしっかりと用意しましょう。
またアモン奥義は単体炎上で単体突風を上書きしてしまうため、突風維持を狙うならSSR嵐炎龍フラカン(列突風)利用がいいでしょう。(参考:地形の上書きについて

そのほかではアミー・フラウロスもそれなりのダメージが出せるはずですが、トルーパーのためオロチにはクラス補正が乗らないのは注意です。
アミーはゲージが5と重めのため、奥義を繰り返し撃つことを考えるならユフィール覚醒スキルなどの補助手段があった方が良いかもしれません。
フェニックスは(防御無視特性があるとはいえ)攻撃力とスキル倍率の問題、またアモン同様に炎上の上書きがある点は注意が必要です。サブアタッカーとしての運用がいいかもしれません。

煉獄の炎による長期戦もあり [編集]

アスモデウスが育成できていない場合や、そのほかの適当な火アタッカーがいない場合には、長期戦で挑むこともできます。
さすがにオーブのための周回などは大変ですが、進化素材を獲得するためならば十分有用です。

長期戦で挑む場合、メインのダメージソースは状態異常の煉獄の炎になります。
煉獄の炎はボスに対しては最大HPの4%のダメージを与え、さらにターン経過に応じて2%ずつ効果量が伸び、最大で12%になります。
オロチの自然回復を途中からダメージが上回り、かつ一度入れば永続のため、防御・回復に徹していればクリアが可能です。

現時点(2018年10月)では、煉獄の炎はアスモデウスのスキル、もしくは討伐オーブのSSRアビスハンターでのみ付与できます。
永続という都合上、かりにアスモデウスの育成が不十分でも、スキルでの付与に成功すればあとは倒れても大丈夫です。
もしくはSSRアビスハンター取得を先に目指すのももちろん良いでしょう。

長期戦の場合のポイント [編集]

長期戦で構える場合でも、突風による弱体はやはり重要です。
その上で、あとは防御・回復に固めた編成がおすすめです。
とくに敵スキルで全体攻撃が頻繁に飛んでくるため、被ダメージ回数によって奥義レベルの上がるマルバスは好相性です。

また覚醒スキルの凍結対策を重視するなら、凍結耐性オーブ(SSRアビスハンターのほか、突風状態ならEXでも50%なのでRオーブの40~48%耐性でもほぼ防げる)や、
アンドラスのME(汎用の状態異常耐性50%)、フェニックスのME(凍結無効)などがあります。
一方、奥義の氷結地形でじわじわとダメージを削られるのが困る場合、ウァラクME(地形無効)、飛行特性持ちキャラクターの採用などもいいでしょう。

その他のポイント [編集]

有効な状態異常・弱体 [編集]

全難易度において、攻撃力低下・防御力低下・素早さ低下がすべて入ることが確認されています(アスモデウスの奥義+で確認)。
とくに攻撃力低下は、長期戦をする場合でも安定しやすくなるので、手持ちに使えるキャラやオーブがあれば検討の価値があります。

またEXでも病気が入ることが確認されているため、長期戦時に少しでも相手の回復を減らし、決着を早めることができます。
ただしEXだと少なくとも40%以上の耐性があるため確実に入るわけではなく、煉獄の炎と違ってかけ直しの手間はかかります。

覚醒ゲージを効率的に溜めるには [編集]

火ダメージに大きな補正がかかるといっても、一撃で倒すラインに到達させるのは難しい場合もあります。
奥義を複数回撃つ必要も出てくるため、効率的に覚醒ゲージを溜める手段もあると良いです。
以下に幾つかの例を挙げておきます。

  • ユフィールの覚醒スキル(対象キャラの覚醒ゲージを最大にする)
  • オーブのR帯電獣(CT3で覚醒ゲージ+4)
  • プロメテウスのライブ(アスモデウスなどが火スキルでもゲージ+1できる)

攻略案の紹介 [編集]

実際の攻略案の紹介です。なお手持ちキャラクターやオーブ、育成度合や難易度、さらに場に出るフォトンの種類によって状況が変わるため、
同じ方法での攻略を保証するものではないのでご了承ください。

アスモデウスでの速攻案 [編集]

バフと高倍率奥義を利用して、2~3ターンでの速攻を行う攻略案です。オーブ取得のためのEX周回にも適しています。

+  詳細

コメントフォーム [編集]

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • アスモデウスによる速攻案、他の組み合わせだと、フォラスの代わりにサキュバスにアタック強化オーブ持たせてレッドウィング×3に覚醒スキル使えば再現できるのでは。
    おそらく3ターンかかるしフォトン運次第では敵に先に奥義を打たれてしまいますが。 -- {mxpoXtbzmpA} 2018-10-16 (火) 18:39:55
    • 味方に相性最悪を編成しないようにした上で。 -- {mxpoXtbzmpA} 2018-10-16 (火) 18:50:31
  • アビスハンターLv1オーブで12回ほど討伐してるけど、今のところ一度も煉獄の炎付与に失敗してない…もしかして補正あるのかな… -- {Zgo14nhUPFQ} 2018-10-17 (水) 16:58:39
    • と思いましたがよく見たら多分ウァラクのME効果ですね… -- {kjw6rwBaTQQ} 2018-10-17 (水) 22:33:06
  • アスモデウスによる攻略案が報告なしで削除されていたため復旧を行いました。
    また本操作を行ったユーザーは他でもページ自体の削除や記述の大幅な削除を行っていたことが確認できたため、アクセス禁止措置に移行しました(詳細は違反報告板に記載しております)。 -- 管理人?{ROHz.01cEik} 2018-10-23 (火) 16:35:41
  • アスモデウスでのワンパン攻略で60回周回したパーティーです。リーダーアスモデウス(ドゥーム)バエル(フラカン)バスターキャラ(水獣ソーサラー)ダンタリオン(メイジーマーマン)ナベリウス(エクスプローラー)
    1ターン目でダンタリオンにエクスプローラーでアタック強化をして奥義を使う、2ターン目でアスモデウスのゲージを溜めつつエクスプローラーでアタック強化をしておく、3ターン目でフラカンで突風を付与してアスモデウスの奥義を使う、コレで33万ほど火力が出るので下振れしてもワンパン出来ます。 -- {JVJVQ4VywYA} 2018-10-24 (水) 00:59:02
  • フォラス・ジズ・アスモデウス・サブナック・ユフィールで周回していますが、ユフィールがいればアスモデウスの奥義を連打できるので攻撃バフ盛らなくても問題なさそうですね。今の所安定して3,4T周回できてます。 -- {BgPqD4x258.} 2018-10-25 (木) 18:39:57
  • 突風を上書きした時、通常状態に戻るのはターン終了後になるみたいですね。既知の仕様かもしれませんが一応 -- {a5s/Of.1p2c} 2018-10-26 (金) 14:32:39
    • 特性に「毎ターン終了時」って書いてありますしね -- {88pEfo/T4lM} 2018-10-29 (月) 21:47:45
      • それHP回復の部分にだけかかってると思ってました…。ありがとうございます -- {a5s/Of.1p2c} 2018-10-30 (火) 17:53:52
  • アスモデウス、フォラス(突風オーブ)、アスモより早いバースト×3(レッドウィング)が一番楽だな -- {jtz6BRJL8x6} 2018-11-07 (水) 20:45:13
  • 頻繁に起こることではないですが、通常時のスキルと突風時のスキルは別の技という扱いなので、素早さ低下が重複します。通常時のスキルを食らった後に突風にしてからもう一度スキルを食らうと、合計で素早さが70%低下するので相手との調整をしている場合は注意しましょう -- {lI5iMH5V.Cw} 2018-11-10 (土) 17:00:31
  • ユフィール・ジズ・アスモ(リーダー)・クロケル・アンドロマリウス
    のPTで周回。比較的安定度高め。
    ただ、アスモの生存率をあげるため幼女2人をかばうMEの配置に…
    周回の度に罪悪感が…
    早くフォラスパパほしい… -- {v8pXR24lDHI} 2018-11-12 (月) 12:44:55
お名前:
※コメントフォームをご利用の際には、コメントガイドラインをご確認ください。またコメントでは空白行は反映されません。

添付ファイル: fileOrochi.png 14件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-24 (水) 04:21:20 (28d)