輝竜アシュトレト討伐

asyutoreto.png

概要

討伐クエストの「輝竜アシュトレト」に関する攻略情報をまとめたページとなります。

はじめに

4章で解放される討伐クエストは総じて難易度が非常に高いです。
とくにVHやEX攻略は(PvPを除外すると)エンドコンテンツになりますので、十分に育成してから挑みましょう。

なかでもアシュトレトは難易度が高く、とくにVHやEXの安定した攻略はかなり難しいです。
かりに安定した攻略できるとしても、オーブや手持ちキャラなどの前提条件が非常に厳しくなると思われます。
ベレト専用オーブを目指してEX周回をする場合はご注意ください。

敵ステータス

鼻先の目(カウンター/ファイター)

  • ステータス
    難易度状態HP攻撃力防御力速度特性種族
    N(Lv40)通常128149132298147「反撃の牙」
    ダメージを受けたとき、50%の確率で敵単体に攻撃力[1倍]のダメージを与え、[20%]の確率で2ターンの間、めまい状態にする
    爬虫類
    大幻獣
    H(Lv50)同上1993412783217206[1.1倍]/[30%]
    VH(Lv60)同上2773917793917287[1.2倍]/[40%]
    EX(Lv70)同上3552518825070300[1.3倍]/[50%]
  • スキル・奥義
    難易度スキル覚醒スキル奥義
    テイルハザードヴェノムテイルフリーズブレス
    N(Lv40)敵横一列に攻撃力[1倍]のダメージ。さらに[30%]の確率で、フォトンを1つ破壊する後列の敵横一列に攻撃力[1.5倍]のダメージ。さらに[50%]の確率で、2ターンの間毒状態にする敵全体に攻撃力[1.25倍]のダメージ。さらに[20%]の確率で、1ターンの間凍結付与【攻撃を2回受けるたびにスキルLv上昇】
    H(Lv50)[1.2倍]/[40%][1.75倍]/[60%][1.5倍]/[30%]
    VH(Lv60)[1.4倍]/[50%][2倍]/[70%][1.75倍]/[40%]
    EX(Lv70)[1.6倍]/[60%][2.25倍]/[80%][2倍]/[50%]

目(カウンター/ファイター)

  • ステータス
    難易度状態HP攻撃力防御力速度種族
    N(Lv40)通常75126892298221「反撃の牙」
    ダメージを受けたとき、50%の確率で敵単体に攻撃力[1倍]のダメージを与え、[20%]の確率で2ターンの間、めまい状態にする
    爬虫類
    大幻獣
    H(Lv50)同上116859653217309[1.1倍]/[30%]
    VH(Lv60)同上1626113433917430[1.2倍]/[40%]
    EX(Lv70)同上2082514215070450[1.3倍]/[50%]
  • スキル・奥義
    難易度スキル覚醒スキル奥義
    マッスルアップリセットロアスキルライズ
    N(Lv40)2ターンの間、味方単体の攻撃力を[20%]上昇させる敵全体のステータス強化を解除する2ターンの間、味方全体のスキルフォトンを強化する【攻撃を2回受けるたびにスキルLv上昇】
    H(Lv50)[30%]
    VH(Lv60)[40%]
    EX(Lv70)[50%]

輝竜アシュトレト(カウンター/ファイター)

  • ステータス
    難易度状態HP攻撃力防御力速度特性種族
    N(Lv40)通常66286152298280「反撃の牙」
    ダメージを受けたとき、50%の確率で敵単体に攻撃力[1倍]のダメージを与え、[20%]の確率で2ターンの間、めまい状態にする
    爬虫類
    大幻獣
    H(Lv50)同上103118613217392[1.1倍]/[30%]
    VH(Lv60)同上1434811983917545[1.2倍]/[40%]
    EX(Lv70)同上1837512675070570[1.3倍]/[50%]
  • スキル・奥義
    難易度スキル覚醒スキル奥義
    ガードアップスキルリリーブオールブロッカー
    N(Lv40)2ターンの間、味方単体の防御力を[20%]上昇させる2ターンの間、味方単体へのスキルフォトンからのダメージを[20%]軽減する2ターンの間、味方全体への最大HPの5%以下のダメージを無効化する【攻撃を2回受けるたびにスキルLv上昇】
    H(Lv50)[30%][40%]
    VH(Lv60)[40%][60%]
    EX(Lv70)[50%][80%]

本体コア(カウンター/ファイター)

  • ステータス
    難易度状態HP攻撃力防御力速度特性種族
    N(Lv40)通常57447272298250「反撃の牙」
    ダメージを受けたとき、50%の確率で敵単体に攻撃力[1倍]のダメージを与え、[20%]の確率で2ターンの間、めまい状態にする
    爬虫類
    大幻獣
    H(Lv50)同上893610173217351[1.1倍]/[30%]
    VH(Lv60)同上1243514163917488[1.2倍]/[40%]
    EX(Lv70)同上1592514985070510[1.3倍]/[50%]
  • スキル・奥義
    難易度スキル覚醒スキル奥義
    アタックリリーブフォトンゲインスキルゲイン
    N(Lv40)2ターンの間、味方単体へのアタックフォトンからのダメージを[50%]軽減する3ターンの間、味方全体のフォトン容量を+1する味方全体にスキルフォトンを1つ追加する
    H(Lv50)[60%]
    VH(Lv60)[70%]
    EX(Lv70)[80%]

翼の結合部コア(カウンター/ファイター)

  • ステータス
    難易度状態HP攻撃力防御力速度特性種族
    N(Lv40)通常48616522298295「反撃の牙」
    ダメージを受けたとき、50%の確率で敵単体に攻撃力[1倍]のダメージを与え、[20%]の確率で2ターンの間、めまい状態にする
    爬虫類
    大幻獣
    H(Lv50)同上75619133217412[1.1倍]/[30%]
    VH(Lv60)同上1052212713917574[1.2倍]/[40%]
    EX(Lv70)同上1347513445070600[1.3倍]/[50%]
  • スキル・奥義
    難易度スキル覚醒スキル奥義
    シングルヒールターンヒールラインヒール
    N(Lv40)味方単体のHPを[15%]回復させる2ターンの間、味方単体のHPを毎ターン[10%]回復させる味方横一列のHPを[15%]回復させる【攻撃を2回受けるたびにスキルLv上昇】
    H(Lv50)[20%][15%][25%]
    VH(Lv60)[25%][20%][35%]
    EX(Lv70)[30%][25%][45%]

捕獲に関する注意

捕獲は本体のみかつHPが少ない状態でないと行えない

ターゲットが複数ある討伐ボスは、本体以外が全員倒されている状態でないと捕獲できません。
アシュトレトで言えば、鼻先の目・目・本体コア・翼の結合部コアを倒しておく必要があります。
※表記が分かりにくいのですが「本体コア」は本体ではなくパーツで、「輝竜アシュトレト」が本体です。

また捕獲ですが、HPゲージが赤くなったら捕獲可能というわけではなく、
3つ目の素材がドロップ(HP1/4以下)するまで削る必要があります。
なお3つ目の素材が落ちた後であれば回復されても捕獲可能です(ただし他パーツは撃破されている必要があります)。

なお難易度が上がるほどに銀枠の捕獲素材が手に入る確率が上昇しますが、
HやVHでも一定の確率で手に入るため(捕獲素材が目的なら)無理にEXに挑む必要はありません。
とくにアシュトレトEXは難易度が高く手持ちキャラとの相性面が大きいので、ベレトの専用オーブ狙いでなければHやVH周回もひとつの手です。

攻略の基本となる情報

アシュトレト戦は攻略において念頭においておかなければならないことが非常に多くなっています。
最初は理解するのが大変かもしれませんが、戦いながら少しずつ慣れていきましょう。

パーツごとの役割を理解する

おおまかにでもパーツごとの役割を理解しておくと戦いやすくなります。

  • 鼻先の目
    • 攻撃担当。スキルで列、覚醒スキルで後列攻撃&毒、奥義で全体攻撃&凍結(ただし1ターンのみ)。HPが非常に高い
    • サポート担当。鼻先への攻撃力バフ、覚醒スキルでの強化解除(とくに固定ダメ解除)に注意。
  • 輝竜アシュトレト
    • 本体。サポート担当その2。厄介な技は少なめ。
  • 本体コア
    • サポート担当その3。奥義の全体スキル追加に注意。
  • 翼の結合部コア
    • 回復担当。難易度上昇につれ回復量が増加して厄介な存在になる。HPは一番低い

ダメージを通す方法を決める

どのパーツも防御力がノーマルでも2000以上、EXになると5000以上になるため、普通の攻撃ではまともにダメージを通すことができません。
ここまで高防御の敵に対して取れる戦術は、以下のようなものがあります。

  • マスエフェクトの防御無視を利用
    • バースト(モラクス・フルカス・フォラス・アガレス・グラシャラボラス等)、カウンター(ガミジン)
  • 攻撃回数の多い技に固定ダメージを乗せる
  • 技自体が防御無視の攻撃
  • 防御力を0にする技を使う(フルカス奥義等)
  • 防御無視の割合が高いオーブを装備
    • カウンターSSRオーブ「ハニワキング」「チーフブレーダー」(どちらも最大Lvで90%)

手持ちのキャラと育成度合に応じて、どの戦術を軸にとるか決めましょう。
なお現在の状況ではどれも難しいという場合は、無理せずキャラが増えたり育成が進むのを待ちましょう。

反撃対策を用意する

全パーツが特性で「20~50%の確率で1~1.3倍の攻撃力で反撃&めまい付与」の反撃効果を持っています。

オーブでの攻撃であっても反撃されるほか、通常攻撃扱いではないのでガープの奥義で被ダメ減もできません。
さらに複数同時攻撃した際は各パーツそれぞれが反撃判定を行うため、運が悪いと5回連続で反撃を受けてしまいます。

この反撃対策を考えるのもアシュトレト戦では必須になります。主な対策は以下のとおりです。

  • アタッカーにダメージ無効化を付与する
    • 最適なのはケイブキーパーやロノウェ奥義のような一定ターン数の無敵化
    • アムドゥスキアスのスキルやシェルドレイクのような2回無効化でも、(期待値としては)4回までは攻撃できます。
  • スキルが主体のキャラをアタッカーに選ぶ
    • 反撃でめまいを受けるとアタック・奥義が使えなくなるため、スキルでの攻撃が強いキャラが適しています。
    • フォラスをリーダーにする場合、めまいが無効になるのでキャラ選択の自由度は広がります。
  • アタックフォトンを取る際も注意する
    • 覚醒ゲージ増加のためにアタックフォトンを取る際などは、攻撃力の低いパーツをターゲットしておきましょう。

個別に倒すか一気に倒すか

一気に複数パーツの撃破を狙っていくか、それともパーツごとに個別に撃破するかで大きく戦術が分かれます。

ただ複数撃破狙いについては、手持ちに適したキャラ(ダンタリオンやハルファス等)がいるかにとくに左右されがちです。
もっともフォラスがいる場合は覚醒スキルで全体化が使えるため、少しキャラの採用幅が広がります。

なお個別に潰す戦術を取る場合は、倒す順番をよく考えましょう。
一案としては最初にHPが低くかつ回復担当である翼の結合部コアを潰し、次に鼻先の目を攻撃する手順です。
ただ本体コアの奥義(全パーツにスキル追加)もかなり厄介なため、HPが低めのこちらを先に倒すという手も考えられます。

パーティはなるべく前衛少なめ

どのパーツもファイタークラスのため、前衛キャラを優先して狙ってきます。
鼻先の覚醒スキル・奥義以外では後列がダメージを受けることはないため、前衛少なめの編成の方が被ダメを抑えられます。

ただし防御無視のマスエフェクトをファイターにつけるとなると、どうしても前衛が多めになります。
できればバーストスナイパーを攻撃担当に据えたいところですが、ここは手持ちとの相談になります。

ただ前衛3人などであっても、通常攻撃は盾でかばって、
列攻撃だけ(オーブがあれば)ホーリーフェイクやカミハカリのような列・全体無効化で凌ぐといった戦術は可能です。

ステータス強化解除を用意

パーツ5個のうち3個がサポート枠であるため、敵にバフが多数かかりやすいのもアシュトレトの注意点です。
たとえば攻撃力50%アップ&スキル強化が乗った状態で列攻撃を受けると、それだけで前衛半壊の危険があります。

そのためできれば敵のステータス強化を解除する手段を用意しておきましょう(とくに中長期戦の場合)。
具体的には、バーストのRオーブ「イービルアイ」が敵全体の強化を一括解除できます(アシュトレト戦ではおそらく確定で入ります)。
使用までの間隔も1ターンのため、通常キャラでも1ターンおき、フォラスなら毎ターン発動することができます。

状態異常はほとんど入らないが弱体は入る

すべての状態異常を確認したわけではありませんが、感電・めまい・睡眠等々の一般的な状態異常はほぼ入りません。
※束縛(強化無効)が入ることが確認されましたので、カスピエルや(とくに後衛で攻撃を受けにくい)オロバスを補助要員として入れるのは手です。

一方で、フォトン容量低下・フォトン破壊・攻撃力ダウンなどの弱体系はそれなりの確率で入ります(EXで確認)。
とくにフォトン破壊は重要です(容量低下はそもそもパーツが多いのでこの戦闘ではやや重要度が低め)。
鼻先の目の攻撃を潰すことができると被ダメが一気に減るため、余裕があるときは積極的に狙っていきましょう。

モラクスのマスエフェクトが有効

アシュトレトは、モラクスが星5で取得する第3のマスエフェクト「爬虫類へのダメージ40%アップ」の対象です。

上手く利用すると大きくダメージを伸ばせますが、
その反面、前衛としてはHPが低めなモラクスを編成に入れる必要が出るため、リスクも増加します。
必ずこのマスエフェクトを使おうと考えるよりは、攻略案の一つとして検討に入れるという使い方をおすすめします。

攻略案A(防御無視で複数攻撃)

個別にパーツを撃破しようとすると時間がかかって態勢が崩されやすくなるため、一気に複数のパーツを撃破する方法です。
キャラの手持ちに左右されやすい反面、一気に撃破できるので(安定するかは別として)比較的短時間で攻略できます。

ただしHPの高い鼻先の目が最後に残ることになるので、本体捕獲はできません。

※キャラごとの攻略情報がかなり多くなってきたため、詳しい攻略手順部分は折り畳みに格納しました。

ダンタリオンでの攻略

攻撃力大幅アップの奥義と列攻撃スキルを活用し、複数パーツをまとめて撃破する方法です。

+  ダンタリオンでの詳しい攻略

ハルファスでの攻略

モラクスの爬虫類特効マスエフェクトを乗せ、奥義の列攻撃で攻める方法です。

+  ハルファスでの詳しい攻略

ウァプラでの攻略

強力な列攻撃(攻撃毎にスキルレベルが上昇)を何度も行う戦い方です。

+  ウァプラでの詳しい攻略

フォカロルでの攻略

攻撃毎にレベルの上がる強力なスキルをメインに据えた方法です。

+  フォカロルでの詳しい攻略

リリムでの攻略

リリムにアタック強化をかけて、高倍率の列攻撃の奥義で一気に攻める方法です。

+  リリムでの詳しい攻略

攻略案B(固定ダメージ)

連続攻撃に固定ダメージを乗せることでダメージを通す方法です。
アスタロトのスキル、ウァレフォルの覚醒スキル、アンドレアルフスの奥義ではLv×10の固定ダメージを不要できます。
これをアタックまたはスキル強化状態で発動するとLv×15追加となり、最大レベルなら1050の固定ダメージが発生します。

アンドレアルフスでの攻略

自身で固定ダメージを追加できる上に、通常スキルの攻撃回数が4回と多いので一回で4200ダメージが通せます。
鼻先以外のパーツはEXでも4~5回のスキル発動で壊せるので効率的です。

しかも付与期間が3ターンと長い(アタック強化だと4ターン)ため、バフのかけ直しの手間が少ないです。
またフォトン破壊が効く上に、厄介な列攻撃のダメージ軽減(アタック強化だと51%減)もかかるので、アシュトレト戦と相性の良いキャラになっています。

ゼパルでの攻略

覚醒スキルを発動すれば6連続後にスキルが自動追加されるため、最低でも9連続攻撃になります。
手数が多いことの代表格といっていいキャラですので、一気にダメージを通して撃破することができます。
スキル主体ですので、めまいの影響を受けないのもありがたいです。

その反面、耐久力には難があるのでできればアンドレアルフスと組ませてダメージを減らすなり、ダメージ無効化をこまめにかけるなりの対策がほしいところです。

その他の案

+  フラウロスでの攻略 ※クリア未検証

攻略案C(防御無視で単体撃破)

バフをかけた防御無視攻撃で単体大ダメージを与え、1パーツずつ撃破する方法です。
とくに一部のキャラの場合は鼻先の目を一撃で倒す火力が出せるため、その後は非常に安定して撃破ができ、また捕獲にも向いています。

フルカスでの攻略

覚醒スキルによって攻撃力が60%アップすることを利用して、一気に鼻先の目を倒す方法です。

モラクスのマスエフェクトで防御無視と爬虫類特効、オーブで大幻獣特効をつけ、まず覚醒スキルを使います。
星6ならこれにアタック強化&累計20%程度の攻撃バフを別途かけて2ターン目に奥義を撃てば、鼻先の目を一撃で倒すことができます。
アタック強化をフォラスで行うなら攻撃バフ20%が同時にかかるため、それだけでバフは十分になります。
それ以外の場合は、エクスプローラーのオーブでアタック強化、およびレッドウイングでの攻撃力バフが良いでしょう。

バエルでの攻略

バエルの高倍率奥義と滞水でのダメージ2倍を利用して、一気に鼻先の目を倒す方法です。
後衛がアタッカーのため前列を盾一人にでき、さらに2ターン目撃破も可能となっています。

防御無視のマスエフェクトをつけ、オーブで大幻獣特効をつけます。
星6ならこれにアタック強化&累計50%程度の攻撃バフを別途かけ、さらに滞水を付与すれば、鼻先の目を一撃で倒せます。
フォラスがいればバフ要員になるほか、滞水付与のしらぬい(R)またはイービルミスト(N)を2ターン目に使えるため、2ターン目での鼻先撃破も現実的になります。
またイベント入手の青竜号のオーブ(カウンター/SSR)があれば前衛盾につけて滞水役(2ターン目で使用可能)にもできます。

アモンでの攻略

高倍率の火属性奥義と突風によるダメージ2倍を利用して、鼻先の目を倒す方法です。

星6アモンに大幻獣特効オーブを装備、モラクスのマスエフェクトにアタック強化&20%程度の攻撃力バフがあれば
突風状態の鼻先に奥義を撃てば一撃で倒せる計算です(実際の撃破は未検証)。
ただし突風にできるオーブは現状では3ターン目からしか使えないので、2ターン目での撃破を狙うならフォラスが必要です。
またアモンはHPが4000台半ばと非常に低く、EXだと鼻先の列攻撃一回で8割近いHPを削られるため、慎重に守る必要があります。

そのほかの攻略

鼻先の目を一撃で倒す火力が出せない場合は、パーツを順次撃破、もしくは列化・全体化を併用する形になります。
ただし、この場合でも鼻先に次いでHPの高い目(HP2万強)を倒す火力は欲しいところです。
具体的にはクロケル(攻撃力1197/奥義で単体5.25倍)ならば、バフを乗せればこのラインに到達します。

そのほかH~VH程度までであれば、オリアス、もしくはマルコシアス(ガミジンリーダー時)なども選択肢に入ります(どちらもバフは必要)。

攻略案D(配布中心での攻略)

現状、配布キャラ中心でのEX攻略はかなり困難と思われます(運頼みで回数挑めばできるかもしれませんが攻略として安定しません)
そのため、この項はVHまで(もしくはHまで)が対象と考えてください。

モラクスのスキルで攻撃

基本となる方針は防御無視戦術なので他と大きく変わりません。
モラクスに特効オーブを装備させてリーダーにし、スキル強化と攻撃力アップをかけてスキルを連発します。
(覚醒スキルを使っても自身にスキル強化がかかります)

星6なら一発7500程度のダメージが出せるので、2~3回攻撃できれば鼻先の目以外は倒せます。
ただ攻撃回数がたくさん必要なためターン経過しやすく、スキル強化をこまめにしないといけなかったりと手間がかかります。
全体化と組み合わせるとしても防御や回復に手が回らなくなりやすく、難易度が上がるほどに安定しにくくなります。

その他の攻略案・補足

全体化について

フォラスの覚醒スキル、またはバーストのSSRオーブ「アトランティス」を使うと味方の攻撃を全体化できます。
またカウンターのSRオーブ「レッドリザード」やSSRオーブ「ピーター」でも列化ができます(ピーターは自身のみ)
フォラスのみ2ターン継続しますが、オーブはどれも1ターンしか継続しなので攻撃タイミングはよく見極めましょう。

固定ダメージを付与したキャラや、バフをかけた単体大ダメージ攻撃を列化・全体化することで各パーツを同時に攻撃できます。
ただし(倒し切れないと)反撃がそのぶん返ってくるので、ダメージ無効化対策などは用意する必要があります。

ベリアルの点穴利用案

ベリアルリーダー前衛1(できればラッシュ)で残りをスナイパーにして、ベリアルの点穴が100になるまで前衛を守り、
砲台100-90で鼻先の目、80-70で目を落として再度貯めるというものです。
前衛のラッシュが溜まったらパーツを一つ落とし、再度溜まったベリアルの砲台で撃破します。
この際コアを100で落とし、本体に90点穴の砲台をする事で捕獲することもできます。
時間はそこそこかかることとベリアル星6レベル69以上必須ではありますが参考程度に。
※ニコニコ動画で「ベリアル アシュトレト」で検索していただくと実際のクリア動画もあります。

コメントフォーム

コメントフォームをご利用の際には、コメントガイドラインをご確認ください。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 攻略案Cですが、オリアスの奥義はポータルでは単体4.25倍ですね。
    バーストスナイパーを火力とする場合は32話でドロップするSSRオーブのマジェスティが高めまい耐性で後列チャージ追加なので有用でした(クロケル火力担当で確認)。
    また未検証ですが、バエルが攻撃力943ながら奥義で単体6.25倍の雷なので火力として挙げれると思います。チャージの強化追加が自身でできて滞水(Rオーブのしらぬい)がバフとして有効なので捕獲向きでしょうか。 -- {ecYQRopXJCo} 2018-04-18 (水) 22:26:11
    • アガレスリーダーですが、星4.5でクロケル星6と同程度の耐久がありアシュトレトEXの全パーツより遅いので、2巡目最初に奥義を撃つ際に1巡目最後のイービルアイ役として最適でした。 -- {ecYQRopXJCo} 2018-04-18 (水) 22:54:58
    • オリアスの倍率は私の記載ミスでした、申し訳ないです。修正いたしました。
      バエルについては盲点でしたが、計算上は滞水とバフを利用すると鼻先の目を一撃で倒すことができるため安定性が高めの攻略に繋がるかもしれません。情報ありがとうございます。
      明日以降になりますが、関連情報をページ内に記載させていただきます。あわせて目次やページが長大になっていますので若干の修正を予定しています。 -- 管理人?{ROHz.01cEik} 2018-04-19 (木) 01:08:07
  • 長くなってきた目次の短縮及び、攻略案Aの手順折り畳みを行いました。また攻略案Cを改訂し、フルカス・バエルで鼻先の目を一撃で倒す案を中心としました。
    フルカス・バエルはダメージ計算は行いましたが、実際のクリア未検証ですので情報を募集中です。
    私の方でもバエルは来週には5.5にできそうなので、それで行けそうなら一度試してみます。フルカスは所持しているのですが、5.5で止まってしまっている状況です。 -- 管理人?{ROHz.01cEik} 2018-04-23 (月) 22:12:35
    • バエルですが星5.5でレベル上限かつ贈り物をすべてあげれば攻撃力が861まで上がるため、
      フォラスのスキルとレッドウイングのバフとR大幻獣特効オーブだけで(よほど下振れしないかぎりは)鼻先を一撃で倒せることを確認しました。
      またイベントの青竜号オーブがあれば前衛盾が2ターン目の滞水役を兼ねられるので編成の自由度も高くなります。 -- 管理人?{ROHz.01cEik} 2018-05-05 (土) 01:34:48
      • フォラスリーダーでバエル・クロケル・アンドロマリウス・ガープで比較的安定して3T撃破できました。
        強化解除オーブはどうしても欲しいのでバフ持ち多めにしてバエルに強化解除オーブ持たせるのも有効ですね。フォラスのスキルに加え計65%程度の攻バフで特効オーブなしで鼻先撃破確認しました。 -- {4nk0Zz661O6} 2018-05-19 (土) 21:57:14
  • 星6フルカスですが同じダメージが見れるミドガルズオルムで一回だけですが試してみました。
    奥義レベル3(1.78倍×3)、ミステリートーチレベル9、モラクスリーダーで開始
    2ターン目にレッドウィングレベル1、覚醒+、エクスプローラーレベル1からのチャージと奥義発動でダメージは合計で38000程度でした。
    フォラスを持ってないので分かりませんがフルカス覚醒+とフォラススキル+だけでもいけそうな気がします。 -- {W8/JUFJhkh6} 2018-05-05 (土) 09:19:09
    • ありがとうございます。実際に検証していただけて本当に助かりました。
      ダメージ計算もあらためてしてみましたが、フルカス自身の特性もあるので2ターン目に奥義ならたしかにフォラスバフだけでも大丈夫のようです。
      本文の記述に反映させていただきました。 -- 管理人?{ROHz.01cEik} 2018-05-05 (土) 19:09:58
  • 一撃で倒す案ですがフルカス案と同条件で更に突風を使えばアモンでも行けそうです、机上の空論になりますが…
    アモンもモラクスも耐久がかなり低い上に2ターン目から安定して突風を使えるのがフォラスのミステリートーチのみと実用性はイマイチになりますが…
    フルカスもバエルも育ってない場合は選択肢の一つになるかもしれません -- {W8/JUFJhkh6} 2018-05-07 (月) 17:34:06
    • 情報ありがとうございます。アモン未所持なので私も検証はできないのですが計算上はたしかに行けそうです。
      アモンでの攻略案として記事に追加させていただきました。 -- 管理人?{ROHz.01cEik} 2018-05-07 (月) 22:10:16
  • グラシャラボラスの防御無視が入ってないのは流石に[一部削除](コメントガイドラインの「乱暴な言葉遣いや喧嘩腰の態度」に該当)では? -- {XxGocIh0kTY} 2018-05-09 (水) 20:58:12
    • グラシャラボラスの防御無視のマスエフェクトについては、ウァプラ・フォカロル等の戦術において個別に解説はしておりましたが、
      「ダメージを通す方法を決める」の例示にありませんでしたので追加をいたしました。
      もし覚醒スキルの防御無視攻撃についてということであれば、ダメージ量的にアシュトレト戦にはあまり適していないと考えていましたが、もし上手い戦術などありましたらご指摘ください。
      なおコメントガイドラインに抵触する部分がありましたので、コメントを一部削除しております。以後ご注意ください。 -- 管理人?{ROHz.01cEik} 2018-05-10 (木) 00:25:59
  • 正直強さよりもいちいち動作が遅いのが面倒なんだよな。全体攻撃後の反撃時とか特に。バラムみたいに修正入らないかな。 -- {HVNIZ.FwxJo} 2018-05-13 (日) 04:25:50
  • ニコニコの方にも動画をあげましたが星6ベリアルの砲台を利用しての撃破、捕獲というのも選択肢にはなるかなと
    手順としてはベリアルリーダー前衛1(できればラッシュ)で残りをスナイパーにしてベリアルの点穴が100になるまで全体を守り、砲台100-90で鼻先の目、80-70で目を落として再度貯めるというものです。前衛のラッシュが溜まったらパーツを一つ落とし、再度溜まったベリアルの砲台で撃破します。この際コアを100で落とし、本体に90点穴の砲台をする事で捕獲することもできます
    時間はそこそこかかることとベリアル星6レベル70必須(計算してないから少しぐらい低くても平気かも知らない)ではありますが参考程度に -- {c3uqQVDcrQk} 2018-06-05 (火) 02:55:44
    • 全体を守りではなく前衛を守りでした。申し訳ない -- {c3uqQVDcrQk} 2018-06-05 (火) 02:57:13
    • 情報ありがとうございます。ほぼコメント欄そのままですが、必須レベルなどだけ少し調べた上でその他の案に追加させていただきました。
      またニコニコの方にアップされた動画についても、一言補足を加えさせていただきました。(色々と考えましたが実際のURL掲載はなしといたしました)。
      もし問題などありましたら、編集・ご指摘ください。よろしくお願いいたします。 -- 管理人?{ROHz.01cEik} 2018-06-05 (火) 15:47:22
  • 突風アイムで鼻先以外ワンパン確認しました。編成はアイム(特攻オーブ)、リーダーフォラス(リントヴルム)、クロケル(イービルアイ)であとは高耐久前列のと自由枠です。自分は事故から復帰するためのユフィール(レッドウィング)とガープを持ち込みました。
    チャージとクロケルでアイムの覚醒を貯めつつ、2T目にレッドウィングとフォラススキルをアイムにかけ、3T目にイービルアイ、リントヴルム、アイム奥義で鼻先以外がなくなります。残った鼻先も炎上とクロケルの奥義で飛びます。リントヴルムに攻撃判定があるので反撃次第ではフォラスが死んで詰みますが、フォラスより先にイービルアイでバフを消しているので、鼻先含む4連撃以上でなければ耐えるようです。速度はかなり出るので、選択肢の一つになるのではないかなーと思いました。改善の余地はまだありそうなので、叩き台として検討いただけたらと思います。 -- {7NGwd0yuHO.} 2018-06-11 (月) 02:07:35
  • 検証が少ないため確証はないものとして扱ってください。
    ベリアルに固定ダメージを付与、砲台100-70で鼻先と翼の連続撃破を確認しました。
    ミミックなどでベリアルにフォトンを供給しルゥルゥ発動ターンで3回攻撃することを前提とします。鼻先を撃破した場合ターゲットは自動で翼の結合部コアに移りますが通常の80-70では12800ダメージなので微小にダメージが足りませんが、固定700追加で13500ダメージとなるため一撃で倒せるようです。厄介な鼻先と翼を潰して次のターンに目→本体と狙えるようになるため捕獲等も少し容易になるのではないかと。点穴が溜まり切るのを待たずにアンドレアルフス他ラッシュキャラの固定ダメージで削り切る選択肢も有るので点穴周回時のネックとなる討伐時間もある程度は縮められるかもしれません。
    が、反撃での固定ダメージ攻撃等を見逃していた可能性も大いにありますので冒頭に記したように要検証かと思われます。 -- {oTav75WQy.g} 2018-06-13 (水) 23:08:05
    • 追記
      ひとまず10回ほど検証してみましたが固定追加で連続撃破は確定のようです。ただ、当然ですがターゲットの推移はHP残量に左右されるため、奥義レベルが上昇するのを嫌って本体コアを攻撃している場合ではHPが13475を下回って狙いが逸れることは注意するべき点かと。
      これを利用してあらかじめ輝竜部分に4901以上のダメージを与えておけば、固定ダメージ連撃での脅威度が非常に高いオールブロッカーを封じ込められるなどの利点はありますが、点穴+固定ダメージPTで高速周回(と言っても6T程度)を目指す場合には余計な手間となるため、飽くまで使えるかもしれない程度のもので、翌ターンに点穴60と強化固定ダメージのついたラッシュ前衛のアタック(7200+1050ダメージ)とベリアルの固定付き70-60(9800+700ダメージ)で倒すほうが無難です。
      また、輝竜を70-60で処理する場合にゼパルなどベリアルより行動の早いアタッカーを用いれば目眩反撃を受けずに第二撃に移行できるため、100-90での鼻先の反撃で瀕死になっていれば体力調整、目眩をレジストしていた場合には第二撃までアタックフォトンを使えるなどのメリットが想定されます。 -- {oTav75WQy.g} 2018-06-14 (木) 20:25:37
    • 訂正
      × HPが13475を下回って狙いが逸れることは注意するべき点かと
      ○ HPが13475を下回って狙いが逸れる可能性があることは注意するべき点かと -- {oTav75WQy.g} 2018-06-14 (木) 20:29:10
  • アムドゥスキアスとベリアルの2体かつNオーブのみでEX攻略してる動画があって驚いた -- {KkJU4elnQvs} 2018-06-20 (水) 22:13:57 New
お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-06-05 (火) 15:44:42 (19d)