yggdrasil.png

概要 [編集]

討伐クエストの「大樹ユグドラシル」に関する攻略情報をまとめたページとなります。

はじめに [編集]

4章で解放される討伐クエストは総じて難易度が非常に高いです。
とくにVHやEX攻略は(PvPを除外すると)エンドコンテンツになりますので、十分に育成してから挑みましょう。

敵ステータス [編集]

大樹ユグドラシル(バースト/スナイパー/覚醒ゲージ10) [編集]

  • ステータス
    難易度状態HP攻撃力防御力速度特性種族
    N(Lv40)通常1943793235474受けるダメージを25%軽減し、毎ターン終了時、覚醒ゲージが+1される植物
    大幻獣
    H(Lv50)通常302391304495103
    VH(Lv60)通常420861815603143
    EX(Lv70)通常539001920780150
  • スキル・覚醒スキル・奥義
    難易度スキル覚醒スキル奥義
    聖樹の恵み母なる大樹の慈愛世界樹の怒り
    N(Lv40)味方単体を蘇生、またはHPを[20%]回復させ、さらに覚醒ゲージを+1する味方全体を蘇生させる敵全体にHPの100%の割合ダメージ
    H(Lv50)[30%]
    VH(Lv60)[40%]
    EX(Lv70)[50%]

苗木A~D(バースト/ファイター/覚醒ゲージ6) [編集]

  • ステータス
    難易度状態HP攻撃力防御力速度特性種族
    N(Lv40)通常1767969141368受けるダメージを25%軽減し、毎ターン終了時、覚醒ゲージが+1される植物
    H(Lv50)通常27491356198516
    VH(Lv60)通常38261888241717
    EX(Lv70)通常49001997312750
  • スキル・覚醒スキル・奥義
    難易度スキル覚醒スキル奥義
    シードダンス精霊のワルツ木霊のタンゴ
    N(Lv40)2ターンの間、味方全体の攻撃力を[50%]上昇させる敵全体のステータス強化を解除する敵単体に現在HPの[15%]の割合ダメージ【攻撃を一回受けるたびにスキルLv上昇し、攻撃対象拡大+ダメージ割合増加】
    H(Lv50)[60%][25%]
    VH(Lv60)[70%][35%]
    EX(Lv70)[80%][45%]

捕獲に関する注意 [編集]

捕獲は本体のみかつHPが少ない状態でないと行えない [編集]

討伐ボスは、ボス(本体)以外の雑魚が全員倒されている状態でないと捕獲できません。
ユグドラシルで言えば、ターン切替の時点で雑魚4体すべてが倒されていることが捕獲条件になります。

またボスの捕獲ですが、HPゲージが赤くなったら捕獲可能というわけではなく、
3つ目の素材がドロップ(HP1/4以下)するまで削る必要があります。
なお3つ目の素材が落ちた後であれば回復されても捕獲可能です(ただし雑魚は撃破されている必要があります)。

なお難易度が上がるほどに銀枠の捕獲素材が手に入る確率が上昇しますが、
HやVHでも一定の確率で手に入るため(捕獲素材が目的なら)無理にEXに挑む必要はありません。
とくにユグドラシル戦は雑魚蘇生が頻繁に行われるため、捕獲がかなり面倒になっています(捕獲のコツは後述)。
捕獲素材狙いなら、HやVHで数をこなすか、同じ素材を落とす水樹ガオケレナを狙った方が楽かもしれません。

攻略の基本となる情報 [編集]

敵の行動を把握する [編集]

ボスと雑魚それぞれの行動の特徴を把握しておくと、戦いやすくなります。

  • 大樹ユグドラシル
    • スキルフォトンを優先して取得する
    • スキルで雑魚の蘇生・回復を行うが、蘇生対象がいないと自身の回復行動を行う場合がある
    • 特性によって毎ターン覚醒ゲージが+1される
    • 奥義によって100%割合ダメージ(これはダメージ軽減バリアでは減少できない)
  • 苗木
    • スキルで味方全体に大幅な攻撃力バフ
    • 特性によって毎ターン覚醒ゲージが+1される(蘇生・被回復時にも+1)
    • 奥義は被ダメ回数に応じてレベルが上がるが一定割合ダメージなので死亡することはない

とくに意識すべきはユグドラシルがスキルフォトンを優先取得することです。
最優先が苗木蘇生、次点で苗木回復、それから自己回復という傾向にあります(あくまで傾向で絶対ではありません)。
※ただし、場に出ているフォトンで奥義が撃てる状態の場合、チャージやアタックを優先取得することもあります。

またユグドラシル自身に回復を行われると、せっかく減らしたHPが一気に戻ってしまいます。
そのため苗木への攻撃を並行して行い、常に本体からの蘇生・回復を誘発しつづけておく必要があります。

なお苗木は蘇生後は(覚醒ゲージは維持されているものの)奥義の強化レベルはリセットされます。
そのためダメージを適度に与え続けるより、しっかりと撃破した方が長期的には楽になります。

ユグドラシルの奥義対策を用意する [編集]

ユグドラシルの奥義は(難易度に関わらず)味方全体へのHP100%割合ダメージとなっています。
まともに奥義を受ければその時点で全滅が確定するため、以下のような対処が必要となります。

  • 奥義を撃たせない
    • 覚醒減少ができるキャラ・オーブを使って、奥義を撃たせないようにする戦術です。
      初期キャラのブネが覚醒減少が使えることもあり、後者の方法が使えない場合は必然的にこちらになります。
  • 全体バリアで防ぐ
    • マルファスやサブナックの奥義、もしくはカミハカリ(SSR)・ホーリーフェイク(SR)等を使ってバリアを張って凌ぐ方法です。
      覚醒減少の手間が不要になるため、かなり戦いやすくなります。ただし奥義前にバリアを剥がされないように注意しましょう。

なおダメージ軽減系の技によって、割合ダメージを減らすのはできません(アンドロマリウス・グレモリーの奥義で確認)。

アタックフォトンに注目する [編集]

じつはユグドラシル戦では、アタックフォトンを取られなければ味方が倒されることはありません。

苗木はスキルで大幅に攻撃力が上がるものの、覚醒スキルでは強化解除、奥義では割合ダメージだけです。
またボス自身も、スキル・覚醒スキルともに回復や蘇生しか行いません。
つまり、基本的にはアタックフォトンによる通常攻撃を受けないかぎりは味方は倒れません。
※ボスの奥義、またはHP1の状態で苗木の奥義(割合ダメージは1ダメージ最低保証)を受ける場合を除く

そのため、場にアタックフォトンが出た場合にはなるべく優先して取得することを心がけましょう。
ただしアタックのみに固執すると蘇生に撃破が追いつかない場合もあるので、状況に応じて取得フォトンは変更しましょう。

ブネのマスエフェクトが有効 [編集]

ブネの第3のマスエフェクト(星5で取得)は、自身を含むパーティ全員に植物特効(40%)を付与するものです。
ボス・雑魚ともに植物であること、またブネの覚醒減少効果が+1されることも含めユグドラシル戦に最適です。

なお対象がラッシュトルーパーに限定されるものの、デカラビアのマスエフェクトの一部にも同様の特効があります。

編成とターゲット [編集]

「敵の行動を把握する」の項でも触れたとおり、ユグドラシル戦では本体と雑魚の両方に攻撃をする必要があります。

ゲームシステム的に前列・後列両方をターゲットすることはできないため、
雑魚に攻撃する攻撃ターンと本体に攻撃をするターンを切り替えつつ行動していきましょう。

ただし、ターゲットが指定がない場合は味方トルーパーは後列を狙い、そのほかは前列を狙います。
トルーパーを含む編成であればこれを利用して、雑魚と本体への攻撃を同ターンで行うことも可能です。
そもそも後列へのダメージ補正が大きい(1.5倍)トルーパーは、本体へのダメージソースとして大きな活躍が見込めます。

また雑魚撃破は一体ずつだと本体に次々と蘇生されてしまうため、
なるべく列以上の強力な攻撃をもつキャラクターを(雑魚散らし用の)アタッカーとして採用しましょう。

捕獲のコツ [編集]

ユグドラシル本体は素早さが非常に遅く(EXでも150)、ほぼ確実に最遅行動となります。
そのため本体3巡目にスキルフォトンを使われると、苗木が蘇生した状態でターン終了を迎えてしまい、捕獲が実行できません。
この問題に対しては、以下のような対策があります。

  • フォトン容量低下
    • マルコシアスのスキルに代表されるフォトン容量低下を、ユグドラシル本体に入れる方法です。
      フォトンが2個しか積めなくなるため、味方が3巡目で奥義等で苗木を薙ぎ払えば本体のみでターン切替を迎えられます。
  • アタック・スキルフォトン追加
    • 味方の誰かにフォトンを3個積み、そのキャラの1巡目以降に(オーブ等で)アタックまたはスキルフォトンを追加する方法です。
      追加されたフォトンは実質的に4巡目になるため、ユグドラシルの3巡目以降に攻撃可能です。
      (フォトン2個追加オーブを使う場合は、開始時に2個積んでおくだけでも可)

フォトン追加はラッシュのいたちブラスター(N)、アサルトボックス(SR)、ミミック(SR)が定番です。
ただし、味方が一回動いたあとにフォトンを載せる必要があるため、行動順には注意しましょう。
また蘇生後の苗木を倒すには火力不足の場合、地形ダメージ(ターン最後に発生)を併用するのもおすすめです。

なおフォトン破壊は上手く入らないことが多く(100%耐性ありかは不明)、この戦闘には不向きです。
それよりは容量低下が入ったのを確認して、次ターン3巡目で雑魚を掃討する方が確実です。

攻略案の紹介 [編集]

ブネリーダーで配布キャラ中心の攻略案 [編集]

ブネのマスエフェクトを利用して戦う戦術です。
配布キャラ中心であってもEXまでクリアが可能ですが(確認済み)、育成およびキャラ専用オーブが重要になります。

+  詳細

ハルファスでの攻略案 [編集]

主にバエル専用オーブ取得を目指してEXを周回する際に、なるべく楽にクリアするための攻略案です。

+  詳細

編集時の注意点

コメントフォーム [編集]

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 細胞落とさなくて泣きそう。ブラックハーブ落とした時なんて号泣顔になる。EXなら出るのかね…… -- {Q9hyFiJMwn.} 2018-09-03 (月) 12:50:10
  • ガオケレナだとEXを倒せるって場合もあるから試してみては?
    私はそっちのが安定しました。 -- {PkdXtsdAKiY} 2018-09-03 (月) 16:11:44
    • なるほど、そういう手が!とルンルンでガオケレナEX突撃したら本体感電と雑魚散らしが両立出来なくて滞水&雷全体攻撃でブネ以外が落ちました(´・ω・`)ブネとガープは☆6なんで、バエル育成立ち止まって、専用オーブ取りに行こうと思います。 -- {MOPQFrJSI7c} 2018-09-05 (水) 10:58:50
  • 点穴パーティで回っています。ベリアルがリーダーでサブアタッカーがプルフラスとバフォメット、回復と盾がヴィネとガープです。オーブはカラミティエッグと帯電獣、ミミック系が必要かなと。苗木後回しでユグドラシルのみ叩く立ち回りです。ベリアルの点穴が90程度貯まるまでプルフラスである程度削って、あとは固定砲台で打つのみ。
    8割程度クリアできてます。 -- {.BnHXGOx1Dc} 2018-09-09 (日) 10:50:27
  • アスモデウスをリーダーにして残りを左からバエル、ジズ、フォラス、ユフィールにして3〜5ターンキル編成を作ってEXを周回してます。たまにフォトンが事故った時にアスモデウスが殴られまくって落ちますが概ね安定して回れます。
    やり方は初ターンでフォラスのスキルとフォラスに待たせたレッドウイングのバフをアスモデウスに掛け、ユフィールを覚醒させる(可能なら覚醒スキルをアスモデウスに掛けておく)、次ターンにアスモデウスにアタックを回してユフィールの覚醒とバエルに待たせたレッドウイングを更に乗せ、ジズの突風をユグドラシル本体に。雑魚に上手いこと殴られて体力が調整されていれば全体化した奥義で一気に雑魚を殲滅しつつ本体も捕獲ラインに乗せられるし、そうでなくても次のターンで再びユフィール覚醒を回してからの奥義で本体は沈むのでまず負けないです。 -- {0PpwWmm5.XA} 2018-09-12 (水) 00:52:15
  • フォラスの覚醒スキルでアタッカーを全体化させる方向でも楽に倒せますねユグドラシル -- {zkBiVcAT2xs} 2018-09-27 (木) 03:26:41
  • 倒すより捕獲が大変…… -- {cVAtAuBtMJ2} 2018-09-27 (木) 19:44:27
    • 書かれていますが、可能なら水樹ガオケレナのほうが捕獲の精神的負担は少ないです。 -- {22a91wY4XMQ} 2018-09-27 (木) 19:48:56
      • 凍結系のオーブやメギドが無いものでむしろガオケレナ挑むのが厳しい状況でして……(笑) -- {Uh5Oo3pt5xA} 2018-09-28 (金) 00:59:30
    • 捕獲素材集めならガオケレナH辺りをブネのMEかけたラッシュパで普通に殴ってゴリ押すのが比較的ストレス小さいかもしれないです。ちなみにユグドラシルにも通じる方法ですが、ガオケレナは凍結を使う以外にも固定ダメージ付与してHIT数の多い攻撃で殴るのもアリです -- {BgPqD4x258.} 2018-09-28 (金) 01:15:48
    • 個人的には討伐も捕獲もガオケレナのほうが楽ですね。とにかく回復されるのがストレスてしょうがない……ダンタリオンいればアタック強化奥義からの列攻撃でEXでも快適 -- {FZlVGhOuM32} 2018-09-27 (木) 23:09:48
    • ひー……VHやっとこさ頑張って削って捕獲したら欠片1個はしんどい…… -- {57DfWI3C88Q} 2018-09-29 (土) 15:39:26
  • EXのスキル蘇生って50%じゃなくて100%では…?まぁ全体化したニバスのスキルで一撃なのであまり関係ありませんでしたが… -- {hqFvzr6SDOU} 2018-10-07 (日) 05:53:21
    • 50%は蘇生時のHPではなく生存している対象に使用した場合のHP回復量ですね -- {BgPqD4x258.} 2018-10-07 (日) 06:06:22
  • 正直、アシュトレトよりこっちの方が時間とストレスがかかってる。あっちは方式さえ構築できれば事故率も少ないが、こっちはどうしてもターン数がかかるから不測の事態が起きやすい感じ -- {mkKSaS6Qrjs} 2018-10-09 (火) 02:51:14
  • H捕獲がだいぶ安定してきたので参考に残しておきます。
    リーダーモラクス(レッドウィング)、ハルファス(大幻獣特効なら何でも)、アンドラス(マジックラット)、ブネ(ミミック)、マルバス(ホーリーフェイク)
    ハルファスにスキルフォトン、ブネに覚醒フォトンを優先的に回し、ブネは覚醒スキルでユグドラシルのチャージを下げつつ、タイミングを見計らってミミックとマジックラットをハルファスへ使用。
    マルバスはいざという時の奥義回復とホーリーフェイク要員、モラクスは削り係として時々行動。
    コツさえ掴めれば星6がいなくても捕獲はだいぶ楽になると思います。
    たまにオーバーキルで本体が死にますが、仮に倒してしまっても完全討伐報酬がもらえると思えば気が楽になるかと。 -- {WmXBJuszLQE} 2018-10-10 (水) 08:15:43
  • 僕が安定してEX捕獲してたパーティと戦法書くわ。長文になるし手持ちによっては参考にならないかもだけど、よかったら。 -- {QLz6IOkfdYw} 2018-10-18 (木) 00:30:33 New!
    • まずパーティは左からナベリウス(エクスプローラー)・ゼパル(ザウラク)・ブネ(マジックラット)・ウァレフォル(インサニティ)・グレモリー(ホーリーフェイク)。
      初っ端ナベリウスで強化したグレモリーの奥義を打つ(1ターン目に打てれば理想的)。これを切らさなければまず負けはなくなる。
      次にブネのオーブで強化したウァレフォルの覚醒スキルで固定ダメをつければブネのマスエフェと合わせてゼパル(Lv70)が通常スキルでも苗木をワンパンできるようになるのでひたすら薙ぎ払う。タゲつけなければ復活した直後の苗木も叩けるので本体しかいない状態を作りやすい。オーブはザウラクがおすすめ。(固定ダメがついていれば)オーブの攻撃でも1体倒せるし、追加のフォトンを使って覚醒スキルも打てる。覚醒状態であればスキル→アタック→オーブ(アタックとオーブは逆でもOK)、ゲージが1本ならアタック→オーブ→スキル(こっちもアタックとオーブは逆でもいい)と積む。固定ダメは本体のダメ軽減の対象にはならないので本体に対してもかなり有効。
      ちなみに本体の奥義は妨害せず普通に打たせてホーリーフェイクで受ける。苗木は素早く、本体は最遅なので奥義の発動する順に合わせてオーブ使えば苗木に割り込まれることはまずない(2順目に奥義を打たれるならこちらも2順目にオーブ発動。本体しかいないならあまり気にしなくてよい)。 -- {QLz6IOkfdYw} 2018-10-18 (木) 00:30:48 New!
    • これをグレモリーの奥義切らさないよう続ければ割と楽に捕獲できる。
      気をつけるポイントは苗木の覚醒スキルで強化を剥がされないようにすること。特にグレモリーの奥義が剥がされると即死亡につながるので気をつける(できればいつでも張り直せるようにしておく)。苗木は覚醒状態であれば奥義を優先的に打つので覚醒状態の苗木がいる場合はアタックフォトンを取らずに置いておき相手に取らせるようにするのが大事。
      グレモリーいないよって人は(試してはないけど)多分ガープでも代用は可能。かばう必要がある分グレモリーのが楽だけど。
      あとはちょっとしたテクニックとしてウァレフォルにインサニティを使わせることでウァレフォルより足の遅いブネのオーブを待ってからスキルを発動することができるというのがある。 -- {QLz6IOkfdYw} 2018-10-18 (木) 00:31:01 New!
お名前:
※コメントフォームをご利用の際には、コメントガイドラインをご確認ください。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-03 (水) 04:14:26 (15d)