accipiter.png

敵ステータス [編集]

アッキピテル(カウンター/スナイパー/覚醒ゲージ6) [編集]

+  アッキピテル各形態

狂気/穢れ/熱/闇を帯びた餌(カウンター/ファイター/覚醒ゲージ5or4or3) [編集]

※覚醒ゲージはHで4、VHで3

+  餌(取り巻き)4種

攻略の基本となる情報 [編集]

手持ちメギドに合わせた戦術を考える [編集]

ボスのアッキピテルは、条件を満たすと4種類いる餌(取り巻き)のうち一匹を捕食し、その餌に応じた形態にシフトします。
さらに餌がいないと最終形態にシフトするため、主に5種類もの行動パターンを持ちます(最初のシフト前も含めるなら6種類)。

ただし、5種類すべての行動パターンに対応できる編成を組む必要はありません。
捕食される前に餌を倒してしまえばその形態にはならないため、
「苦手の形態の餌はこちらで倒す」と同時に「得意な形態の餌は食べさせる」という戦い方が基本となります。

つまり(他のステージ以上に)自身の手持ちメギドに応じて戦術が大きく変わるステージになっています。

各形態の特徴と戦い方 [編集]

暴怒形態 [編集]

  • 狂気を帯びた餌を捕食でシフト

通常スキルで、味方の両方を怒闘トランスにしてきます。また、シフト時にボスがバーサークします。
敵側の怒闘・バーサークともに解除手段はないため、
一度この形態にシフトすると、以降はどんどんボスの攻撃力が上昇します。

終盤でのボスの火力を抑えるためにも、少なくとも序中盤にシフトさせることは避けたい形態です。
また味方トランスがスキルで解除されるため、協奏などの他トランス編成でもできれば避けたい形態となります。

一方でメリットとしては、ボスがバーサークの自傷により毎ターン最大HPの10%のダメージを受け、
さらに怒闘のボルテージ数に応じてもダメージが増えます。
攻撃もスキル・奥義ともに単体攻撃のため、(強化解除を受けないかぎりは)ワントップ無敵などで受けることができます。

とはいえ、最終形態でもボスはスキルで自傷ダメージを受けます。
戦術的によほど有利が取れるのでないかぎりは、無理してこの形態にシフトさせる必要はないでしょう。

瘴疫形態 [編集]

  • 穢れを帯びた餌を捕食でシフト

スキルで3種の状態異常(毒・ゾンビ・暗闇)を全体に付与してきます。
またキャラに状態異常が付与された数に応じて、奥義のダメージ倍率が上昇します。

異常付与スキルには強化解除もあるため、状態変化耐性で簡単に対処とはいきません。
ただし、異常付与の判定「後」に強化解除のため、ユフィールサキュバスB等でこまめに予防することは可能です。
この場合、列は揃えておいた方が良いでしょう。
またサレオスのスキルやヒュトギンの覚醒スキル、CT1のRシルバートーム、EXファロオースを使って、こまめに異常治療を行うのも正攻法でしょう。

+  状態異常治癒の手段一覧

3種のうちでもっとも注意が必要なのがゾンビ化です。
回復(自然回復も含む)がすべてダメージに反転してしまう上に、素早さが0になるため行動順も狂ってきます。
異常治療とHP回復の順番には十分に注意しましょう。

炎獄形態 [編集]

  • 熱を帯びた餌 を捕食でシフト

シンプルに高い火力で殴ってくる形態です。
なお攻撃が火ダメージになっていますが、突風を使う敵はいないので地形コンボを受ける危険はありません。
むしろ海魔の加護地形でダメージを大幅に軽減できるというメリットになっています。

火力こそ高いものの、スキルは単体1回攻撃なので回数バリア等で対処しやすいです。
奥義の方は全体2連撃のためやや厄介ですが、列を揃えてSRホーリーフェイク等のバリアで1回分は防ぐ、
あるいはすぐに列・全体回復できるように備えておく、などで受けることもできます。

ただし、VHではステータス自体の攻撃力がN・Hに比べて大きく上がり、
さらにスキル・奥義倍率が上昇するので火力が跳ね上がっているので注意が必要です。
奥義の2連撃のうち1回分を受けるだけでもパーティが半壊する危険もあります。

VHではリヴァイアサンの海魔の加護地形、サブナック奥義の全体2回バリア、無敵や2回以上のバリアを列化・全体化する、
グレモリー奥義の全体アタック軽減、覚醒減少でそもそも奥義を撃たせない…などの対策が必要になるでしょう。
これらはもちろんN・Hでも有効です。

+  覚醒ゲージ減少の手段一覧

侵蝕形態 [編集]

  • 闇を帯びた餌を捕食でシフト

スキル・奥義ともにこちらを浸食地形にしてきます。
浸食地形では、こちらが行動するたびにボスの攻撃力の半分のダメージを受けてしまいます。
奥義ではペイン追加があるため、ペインフォトンでダメージを受けつつ、さらに浸食ダメージも入ります。

対策としてもっとも分かりやすいのは、リヴァイアサンの海魔の加護による地形上書き、またはウァラクのMEによる地形無効です。
そのほか、飛行特性メギドが編成に入る場合、この形態のときはなるべくフォトンを集めるようにしておくと、
他メギドへの浸食ダメージを減らすことができます。

また直接的な攻撃手段が少ない形態でもあるため、上記以外でも耐久重視の編成なら対応しやすいです。
とくに回復量の多い範囲回復(例:マルバスヴィネ)は適しています。
またオーブを使った行動はダメージを受けないことも含め、列・全体回復オーブも候補に入るでしょう。

一方、協奏などフォトン追加で手数を増やすタイプの編成は苦手とする形態です。
海魔の加護を併用できる場合は良いですが、それ以外はこの形態はできれば避けた方が良いでしょう。

飢暴形態(最終形態) [編集]

  • 餌がいない状態で捕食を行おうとするとシフト

高めの倍率の単体攻撃スキルと、7.2倍全体攻撃奥義を持ちます。
技構成としては炎獄形態に近いですが、奥義が1回攻撃のため対処しやすくなっています。
列を揃えておいて、タイミングを合わせてSRホーリーフェイクを使うなどでも簡単に防ぐことができます。

また被ダメージが1000%上昇する(=通常の11倍のダメージを受ける)特性を持つ上に、
スキル使用ごとに最大HPの10%の自傷ダメージを受けるため、HP72万であっても実質的な耐久力は低いです。

種族は悪魔のため、マルコシアスの特性・MEの対象となり、簡単に大ダメージが与えられます。
飛行でもあるので、ムルムルの特性・ME、フォカロルRの飛行特効バレットを使うのも効果的です。
ただし、自傷でダメージを受けることから、アタッカーなしで耐久だけして最後に削るという戦術でも攻略可能です。

序盤は捕食させたくない餌にダメージを与える [編集]

捕食はHPが一番多い餌から行われるため、序盤はまず捕食させたくない餌にダメージを与えましょう。
餌のHPはすべて共通のため、1ダメージでも削っておけばその餌の捕食は後回しにされます。
あとは他形態になっているあいだにその餌を倒してしまえば、苦手な形態との戦闘を回避できます。

なお戦術によっては全て(または大半の)餌を食べさせることもありますが、
この場合でも、ダメージを与えておくことでどういった順番でシフトさせるかの調整に利用できます。

餌へのダメージの与え方 [編集]

4種類のうち穢れを帯びた餌はアタック大幅軽減狂気を帯びた餌はスキル大幅軽減の特性を持ちます。
ダメージを与えたり撃破を狙う際には、該当の餌がどちらの特性持ちかに注意する必要があります。
「搦め手担当はスキルで倒す」「火力担当はアタックで倒す」とすると覚えやすいでしょうか。
ただしVHでも100%軽減ではないため、HPを1でも削れば捕食順の調整は可能です。

また最低1ダメージは入ることから、付随する点穴や固定ダメージは通常どおりに乗ります。
Hボムもダメージ減衰しないため、餌の撃破に利用できます。
これらは劣化フォトンの影響を受けない(または受けにくい)という点でも本ステージと相性が良いです。

その他のポイント [編集]

どの餌を倒すべきか [編集]

前提として、戦術・編成によってどの餌を倒すか、何匹の餌を倒すかは大きく変わってきます。
その上で、参考までにクリア報告等から見える傾向としての情報を掲載しておきます。

  • 狂気を帯びた餌
    バーサークによるボスの攻撃力上昇が非常に厄介なことから、捕食させないように倒してしまうケースが多い。
  • 穢れを帯びた餌
    ある程度の状態異常対策が取れるなら捕食させてしまって良い。
    餌もスキルで強化解除を持つため、捕食にせよ倒すにせよ、事故防止のために早めに場からは消しておきたい。
  • 熱を帯びた餌
    炎獄形態は、火力は高いものの、海魔の加護はもちろん、覚醒減少やサブナック・グレモリー奥義等対策手段は意外と多い。
    手持ちで対策が取れるなら捕食されても問題ない。
  • 闇を帯びた餌
    侵蝕形態は、耐久重視の編成であれば対応はしやすい。協奏などの場合を除けば捕食させても良い。

※あくまでも記事作成時点での目安であり、ほかにもすべての餌を食べさせる戦術、
あるいは逆に覚醒減少させつつ一匹も餌を食べさせない戦術などでのクリア報告もあります。

編成のポイント [編集]

このステージは基本的には、耐久を重視した編成向けです。
最終形態も自傷ダメージで削ってもいいことから、アタッカーが必要となるのは捕食させたくない餌の撃破のみです。
もし餌をすべて食べさせるような戦術なら、完全な耐久編成でも攻略できます。

ボスは最初以外の全形態で強化解除の覚醒スキルを持つものの、使用頻度はそれほど高くありません。
あとは穢れを帯びた餌と、そこから派生する瘴疫形態さえ気をつければ、
回数バリア、無敵、ダメージ軽減などの防御手段を維持しつつ戦うことができます。

リヴァイアサンについて [編集]

リヴァイアサンは、このステージの最適解と言えるほどに相性が良いです。

瘴疫形態の各種異常は専用オーブ(EXファロオース)で治療、炎獄形態の火ダメージは海魔の加護で大幅軽減、
同じく侵蝕形態の浸食地形も海魔の加護で上書きできます。
攻撃力の高い暴怒形態や最終形態に対しても、奥義の全体蘇生で立て直しを図ることができます。

無論、リヴァイアサンを育てなければ攻略できないステージというわけでは決してありません。
ステージ68で加入ということで、本ステージに到達した段階では育成が追いついていない場合も多いでしょう。

ただ、とくに高難易度攻略などで詰まったら、配布のリヴァイアサンを育てるのは正攻法の一つではあります。
進化途中でもステータスの伸びが良いため、☆4.5前後でも大活躍してくれるはずです*1

有効な妨害手段 [編集]

評価一覧表 [編集]

※2019年9月21日より設置(あわせて情報募集中です)。

後述の検証データ(耐性一覧表)をもとに、各妨害手段の入りやすさについて評価した表です。
※すべての妨害を記載すると細かくなりすぎるため、表内の項目は主要なものに限定しています。

+  評価目安(表の見方)
アッキピテル
異常めまい感電呪い束縛覚醒↓睡眠凍結暗闇混乱即死F奪F壊F容↓能力↓列移動
N×☆?×××××?×××××
H×☆?××××
VH××☆?×××××
  • 備考:
狂気/穢れ/熱/闇を帯びた餌
異常めまい感電呪い束縛覚醒↓睡眠凍結暗闇混乱即死F奪F壊F容↓能力↓列移動
N×××☆?×
H××◎?
VH×◎?
  • 備考:耐性に関しても4体とも共通と仮定していったん単一表を採用。耐性の差など確認された場合は表を分離。

耐性一覧表 [編集]

※2019年9月21日より設置(あわせて情報募集中です)。

  • 耐性一覧表の編集に関して
    • 無効:無効表記が確認された命中率(上限)。より高い命中率でも無効が確認されたら更新。
    • 有効:成功/失敗が確認された命中率(下限)。より低い命中率でも成功/失敗が確認されたら更新。
    • ※例外として、耐性が最低でも1%あることが確認できた場合は、暫定的に無効1%とする。
    • マスエフェクト・特性・イベント効果などによるものはおそらく100%だと考えられます。
    • 参考:状態異常・強化・弱体
+  耐性一覧表(N)
+  耐性一覧表(H)
+  耐性一覧表(VH)
+  反復試行のデータ

コメントフォーム [編集]

クリア編成報告用フォーム [編集]

クリア編成報告(パーティ全員のキャラ・オーブ情報を含むコメント)の際にご利用ください。

+  クリア編成報告用フォームを開く

通常コメントフォーム [編集]

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • フォラスにクラウンブラブナ(全体状態異常耐性)を持たせたら捕食前の瘴疫餌スキルがすごく対処しやすかった
    瘴疫形態になっちゃうと全体強化解除だしオーブも1ターン間隔でしか使えないから別の手段も用意しなきゃいけないけど… -- {gyGszg.xnYA} 2020-04-05 (日) 03:37:34
  • 炎獄形態が宿形態と呼ばれてて笑いつつ少し不憫にも思った -- {9Ch7PYNM6bw} 2020-04-08 (水) 23:46:38
    • どこのサガフロ2のラスボスだよ -- {UDvUNBO8D5U} 2020-04-12 (日) 13:21:37
  • Rヴィネが活躍できて嬉しかった -- {oJbA75bZr56} 2020-04-21 (火) 02:51:04
  • おかーさん育ってなくて協奏で何とか金冠取れた。もう来なくていいと安堵する反面物寂しさを感じる。もしかして、これが恋…? -- {FNY90Zpx0xY} 2020-04-21 (火) 09:39:44
  • 運ゲーだったけどオリエンスリーダーのバレットパでクリア。最終形態まで耐えたらオリエンスが一撃で決めてくれた。でもニスロクリーダーにして奥義で暴怒の撃破急げばよかったかな -- {iPwEnmQ5NHY} 2020-04-21 (火) 09:48:31
  • 覚醒スキルを何度も撃たれて頭を抱えていた所、耐性で覚醒減少が入ると知り、ナベリウスにカラミティエッグを持たせた所あっさり撃破。
    リヴァイアサン起用だと列統一が不可能なので、地味に覚醒させないことが攻略上想定されているのかもしれない。 -- {j52dx2QGtHI} 2020-04-28 (火) 18:47:57
  • アムドゥスキアス単騎編成やってみたけど
    N3回でクリア
    VH12回負けて諦めたって感じ。
    緑餌及びそのシフトにスキルを取られたら終了という様子。
    あとVHでは緑シフトボス以外にも、緑餌もスキルでゾンビ化を打ってくる(このWikiの記載漏れ?)。
    2ターン毒ゾンビもらうと、アムちゃんバリアがダメージに反転するので殆ど攻略不可能になる。アムドゥスキアス単騎が現実味があるのはNとHだけじゃないかと思います。 -- {MdYuWvAHkn6} 2020-05-17 (日) 12:00:34
    • 一応VH12回のうち
      飢暴まで行けた(がスキル1湧きでバリア不足で死んだ)のが1回
      餌食べきらせてラス手前の暴怒形態で落ちたのが2回
      緑シフト中に毒ゾンビで死んだのが2回
      緑シフトすら入れられずに毒ゾンビで死んだのが7回です。
      ですので、Nだと餌のゾンビが無いので結構死なないです。
      逆にNを突破するだけなら緑餌スキルお祈りゲーなので、結構な人数のモンモンにどうしようもないときの攻略法として呈示できる印象です。 -- {MdYuWvAHkn6} 2020-05-17 (日) 12:12:28
    • VH緑餌のスキル効果にゾンビを追加 -- {iPBzdYgpz9s} 2020-05-17 (日) 17:53:22
  • おかーさん育ってなくて攻撃2回受ける手段がない編成だからかバーサークと炎獄来たらほぼ詰みで残り2形態で耐えながら点穴で餌2体倒すやり方でなんとかVH切り抜けれた。ほんとに編成によって攻略方法変わるんだなぁ… -- {kgNeMRBFY9E} 2020-05-21 (木) 17:07:07
  • おかーさんが育ってないから餌より遅くて、例の初期メンでクリア編成のバルバトスの代打にできた
    異常治癒後に回復のファロオースは有能 -- {RmCd1iz/6/c} 2020-06-24 (水) 21:19:17
  • アスモ中心のB+ガープでVH一晩中粘ってたが毎回誰か落ち絶望してたがクリア編成真似てベリアル入れたらあっさり勝てたよサンキュー。星3アッキピテル完成したが余りの二個は一体… -- {veIA9g45aUw} 2020-07-05 (日) 09:26:07
投稿にはガイドライン(詳細)への同意が必要です。
問題のある投稿への返信・反応は避け、禁止事項に触れるものはこちらの対応をお願いします。
お名前:
このコメントは、他の人が読んで嫌な気持ちにならないように気をつけています

*1 実際、このステージ実装時は4.5までの進化制限がかかっていましたが、クリア報告には多数のリヴァイアサン入り編成がありました
*1  50%
*2  チェイン数に応じて効果量変化

添付ファイル: fileaccipiter.png 17件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-24 (日) 16:00:41 (52d)