abyssguard.png

概要 [編集]

討伐クエストの「アビスガード」に関する攻略情報をまとめたページとなります。

敵ステータス [編集]

アビスガード(ラッシュ/ファイター/ゲージ9) [編集]

  • ステータス
    難易度状態HP攻撃力防御力速度特性種族
    N(Lv35)通常17675804226221「ダークリヴァイヴ」
    戦闘不能時、一度だけ最大HPの50%、かつ攻撃力が1.5倍の状態で蘇生する

    死者
    大幻獣
    復活時88371206
    H(Lv45)通常274951126317309
    復活時137471689
    VH(Lv55)通常420871567441430
    復活時210432350
    EX(Lv65)通常455001656499450
    復活時227502484
  • スキル・覚醒スキル・奥義
    難易度スキル覚醒スキル奥義
    イルネスタロン悪疫のブレスブラックホール
    N(Lv35)敵単体に攻撃力[1.25倍]のダメージ。さらに必中で、2ターンの間、病気状態にする敵全体に攻撃力[1倍]のダメージ。敵が病気状態の場合は[3倍]のダメージ。さらに全体の覚醒ゲージを-2する敵単体に攻撃力[2倍]のダメージ。さらに3ターンの間、単体の攻撃力を0にする
    H(Lv45)[1.3倍][1.1倍]/[3.25倍][2.25倍]
    VH(Lv55)[1.35倍][1.2倍]/[3.5倍][2.5倍]
    EX(Lv65)[1.4倍][1.3倍]/[3.75倍][2.75倍]

攻略の基本となる情報 [編集]

ほとんどの攻撃は単体攻撃 [編集]

アビスガードは覚醒スキルでの全体攻撃を除けば、通常攻撃・スキル・奥義のいずれも単体攻撃です。
パーティに盾役を入れてこまめにかばっておけば、他のキャラがダメージを受けることはほとんどありません。

病気対策があると安心 [編集]

スキル攻撃を受けると(耐性がないかぎりは)必ず「病気」の状態異常にかかります。

病気状態では回復を受け付けなくなる(マスエフェクトの自然回復も不可)ため、盾役にダメージが蓄積しがちです。
また覚醒スキルを発動された際に病気状態だとダメージが跳ね上がるため、治療方法を用意しておくのが安全です。

もっとも状態異常治癒の手段がなくとも、ダメージ無効化戦術等をとることで撃破できますので必須というわけではありません。

覚醒スキルはさほど怖くない [編集]

全体攻撃の覚醒スキルを使われると盾役以外もダメージを受けてしまいますが、攻撃倍率はEXでも1.3倍とそれほど高くありません。
くわえて相手はファイターのため後衛にはクラス補正が入らないので、後衛の被ダメ量は限られます。

ただし病気状態にされているとダメージが跳ね上がる効果があるため、病気状態で受けてしまわないようにだけは注意しましょう。

復活後は一気に削る [編集]

アビスガードは一度倒しても、最大HPの50%かつ攻撃力が1.5倍に上昇した状態で復活します。
攻撃力が大きく上がっているため、(ダメージ無効化などがない場合は)盾役でもかなりのダメージを受けます。

なるべく復活前に覚醒ゲージを溜めておき、復活後は奥義・覚醒スキル等を使って一気に削るか、
強化解除手段を用意しておくのがオススメです。

状態異常や弱体を活用 [編集]

アビスガードには感電が一定確率で入ります(全難易度耐性40%。シャックスのスキル+で付与率40%、リーダー時は50%となる計算)。
厄介な病気を防ぐことができるので、病気治療手段がない場合にはシャックス等のスキルで狙ってみるのも手です。

またブネの覚醒スキルやRオーブ「カラミティエッグ」での、覚醒減少もかなりの確率で通ります。
またフォトン容量低下やフォトン破壊も入ります。
奥義や覚醒スキルを使わせる頻度を減らせるので、上手く組み合わせるとより安定します。

攻略案の紹介 [編集]

ダメージ無効化を活用する攻略案 [編集]

ダメージ無効化を盾役にかけて戦う方法です。

+  詳細

病気を治療しつつ戦う攻略案 [編集]

ダメージ無効化手段が用意できない場合は、病気を適宜治療して回復を行いつつ戦いましょう。

+  詳細

ダメージを分散する攻略案 [編集]

ダメージ無効化も病気治療の手段も用意できない場合の戦い方です。
攻略の安定性としては前述のものより低くなりますが、これでも初期配布パーティでEXまでクリア可能です(確認済み)。

+  詳細

有効な妨害手段 [編集]

評価一覧表 [編集]

※2019年9月21日より設置(あわせて情報募集中です)。

後述の検証データ(耐性一覧表)をもとに、各妨害手段の入りやすさについて評価した表です。
※すべての妨害を記載すると細かくなりすぎるため、表内の項目は主要なものに限定しています。

+  評価目安(表の見方)
アビスガード
異常めまい感電呪い束縛覚醒↓睡眠凍結暗闇混乱即死F奪F壊F容↓能力↓列移動完殺
N×××××××××
H×××××××××
VH×××××××××
EX×××××××××
  • 備考:感電耐性は40%

耐性一覧表 [編集]

※2019年9月21日より設置(あわせて情報募集中です)。

  • 耐性一覧表の編集に関して
    • 無効:無効表記が確認された命中率(上限)。より高い命中率でも無効が確認されたら更新。
    • 有効:成功/失敗が確認された命中率(下限)。より低い命中率でも成功/失敗が確認されたら更新。
    • ※例外として、耐性が最低でも1%あることが確認できた場合は、暫定的に無効1%とする。
    • マスエフェクト・特性・イベント効果などによるものはおそらく100%だと考えられます。
    • 参考:状態異常・強化・弱体
+  耐性一覧表(N)
+  耐性一覧表(H)
+  耐性一覧表(VH)
+  耐性一覧表(EX)
+  反復試行のデータ

コメントフォーム [編集]

クリア編成報告用フォーム [編集]

クリア編成報告(パーティ全員のキャラ・オーブ情報を含むコメント)の際にご利用ください。

+  クリア編成報告用フォームを開く

通常コメントフォーム [編集]

本ページの内容に関する情報交換・意見交換にご利用ください。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 二重バリアをフォトン一個で貼れる奴がいると難易度ガタ落ちする -- {ETOrD2.QJd6} 2019-03-06 (水) 13:13:22
  • ゼパル微塵切りの代わりにウヴァルのラウンドスレイヤーでEXサクサク行けて楽しい -- {1oRVnt8tyL2} 2019-03-15 (金) 20:45:53
  • 完殺がバッチリ入るおかげで唯一の強み(?)だった復活すら無力されるくっそ哀れなゲンゲン -- {IuMPTFtr6l2} 2019-04-30 (火) 23:14:39
  • 新しい戦略や編成を試すのに最適。 -- {IuMPTFtr6l2} 2019-05-03 (金) 12:58:42
  • オロバスで束縛入れた後に倒すと、復活時攻撃力強化されませんでした。VHで確認 -- {4f7fyZB/sRw} 2019-06-07 (金) 15:28:36
    • 訂正:EXで確認 -- {4f7fyZB/sRw} 2019-06-07 (金) 15:38:00
  • もう素材使わないと思って爪と触覚売っちゃったよ… -- {VPN235SnOOY} 2019-06-26 (水) 23:19:26
  • 牙が足りないモンモンはVHに行くといいよいいよ! -- {Qde1Lm5sLIs} 2019-07-07 (日) 15:22:50
  • 牙より爪が足りなくてやばい -- {axl2s64ftfA} 2019-07-08 (月) 20:43:39
    • 爪はノーマル 触覚はハード 牙はVH
      アビスガードを絶滅させよう -- {xNL2g4uE/gs} 2019-07-08 (月) 20:44:58
      • そう思ってN回すと骨しか落ちなかったのは運が悪いのでしょうかね……まだHの方が牙落ちるという。 -- {axl2s64ftfA} 2019-07-08 (月) 20:45:57
  • 単発攻撃だから回数バリアすら破り難く、ケイブキーパー2枚ワントップに実質完封され、病気状態は低HP強化能力の維持に貢献してしまい、特性の自動蘇生ですら完殺が有効とことごとく特徴を対策される
    奥義の攻撃減少は覚醒ゲージ的に魔導の書1枚でいい -- {4QZP.tmzqGk} 2019-11-09 (土) 19:54:47
  • 捕獲で素材3つ落ちて周回数激減だなとかおもったけど、結局牙がたりなくてVH周回してる。
    爪は複数落ちるようになってすごい楽になった -- {OMHWOt/EWFc} 2019-11-23 (土) 17:22:25
投稿にはガイドライン(詳細)への同意が必要です。
問題のある投稿への返信・反応は避け、禁止事項に触れるものはこちらの対応をお願いします。
お名前:
このコメントは、他の人が読んで嫌な気持ちにならないように気をつけています

*1  星5時

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-17 (日) 12:41:45 (23d)