【注意】
SandBox(下書き)状態のものであり、推測・仮説も多いので間違いが多分に含まれる可能性があります。
正確な情報を伝達するためのページではなく、随時データを追加・更新しつつ継続的に検証を行うためのページとしてご理解ください。

概要

各種の状態異常の付与について検証を行うためのページです。
弱体についても同様の処理が行われている可能性はありますが、現時点では状態異常を主な対象としています。

状態異常に関する行動の分類

状態異常が発生する行動

  • キャラクターの技(スキル・覚醒スキル・奥義)
  • オーブの技(発動効果)
  • 状態異常のマスエフェクトが乗った状態での攻撃
  • オーブの装備特性(現時点ではSRのルケのみのはず)
  • キャラクターの特性(現時点では反撃に付随するもののみ)
  • 地形効果(帯電の地形による一定確率での感電など)

状態異常の確率をアップさせる要素

  • マスエフェクトの状態異常命中率アップ
  • オーブの装備特性による状態異常命中率アップ
    (現時点では状態異常命中率アップオーブはなし。ただし弱体命中率アップなら死蝶アラストールが存在する)

状態異常の確率をダウンさせる要素(耐性)

※状態異常の「回復」については、ここでは取り扱いません。

  • オーブの装備特性による耐性
  • マスエフェクトによる耐性(アンドラス・セーレ・サレオス)
  • マスエフェクトによる無効化
  • キャラクターの技による予防(現時点ではユフィールのスキルのみ)
  • 敵キャラクター固有の耐性(推測)

ほぼ確実に判明していること

味方キャラクターの耐性について

味方キャラクターの耐性については、オーブやマスエフェクトなどの影響を一切受けていない場合は、
すべての状態異常・弱体に対して耐性が0として計算されると考えられます。

確率表記のない技は付与率100%扱い

キャラクターの技のうち、確率表記がないものは確率100%の異常付与率として扱われます。
これは耐性が0(たとえばメギドクエスト・PvPでのオーブ・マスエフェクトの影響なしの状態の敵メギド)の相手には
確定で異常を付与できることを示します。

ただし、敵自体が固有の耐性を持っている場合(メイン・イベント・討伐の多くはこれに該当します)、
その耐性の影響を受けるため、確率表記のない技でも失敗する(RESISTされる)ことがあります。

スキルによる異常付与とオーブでの耐性の関係

スキルによる状態異常付与の確率は、オーブの装備特性による耐性で減算されると思われます。
つまり50%の確率で毒状態にするスキルの場合、50%以上の毒耐性を持つオーブを装備すれば状態異常にならなくなるはずです。

実際、65%の確率で毒状態にするスキルを持つベインチェイサー(EX)を、
80%の毒耐性を持つイベントSSRオーブ「魔女の厄災」を装備したバースト5人で周回してみましたが、
累計で数百回の判定(一回のスキル×5回判定)を受けても一度も毒になりませんでした。

かりにオーブの耐性が乗算だとすると、0.65×(1-0.8)=0.13となり、13%程度の確率で毒になるはずのため、
これだけの回数を受けても一度も毒にならないのは考えにくいです。
よって、(少なくとも敵の)スキルによる状態異常確率に対して、オーブの耐性で減算されると考えられます。

スキル強化では状態異常確率はアップしない

スキル強化は、単純にダメージ補正1.5倍がつくだけでなく、スキルの一部の効能を1.5倍にします。
これが状態異常の付与確率にも影響するかどうかですが、結論から言えば影響しない可能性が高いです。

まずシャックスのスキル+(感電確率80%)で、ステージ2のソルジャーバグVHを100回攻撃したデータを示します。
なお非リーダー時でマスエフェクトは受けておらず、オーブ装備もない状態です。

スキル+
成功65
失敗35
合計100

100回時点では成功率は65%となりました。
本来は80%の確率表記のあるスキルのため、ソルジャーバグVHには一定の感電耐性があると思われます(これの詳細は後述)。

次に他の条件はそのままで、アンドロマリウスのスキル+によってスキル強化をかけた状態で100回試行したデータです。

スキル+(強化時)
成功64
失敗36
合計100

100回成功時点で成功率は64%となりました。
明らかに付与確率が1.5倍にはなっていないほか、付与確率の微上昇(たとえば15%アップなど)もおそらくないと思われます。

検証が足りていないもの

敵の耐性について

敵キャラクターは、状態異常ごとに固有の耐性を持っていると思われます。
ただし、異常付与の確率と耐性の関係はまだはっきりはしていません。

たとえば前述のシャックスでの検証の場合、かりに(数値の上振れ・下振れがほぼなかったと仮定して)恒常的な成功率を65%前後とします。
この場合でも、以下2通りの可能性が考えられます。

  • 感電耐性が15%あり、それがスキルの付与率80%から減算されて、付与率が65%になっている
  • 感電耐性が20%あり、それとスキルの付与率80%と乗算(0.8*(1-0.2))で、付与率が64%になっている

以上の2通りが考えられます。

マスエフェクトでの状態異常命中率アップについて

マスエフェクトでの状態異常命中率アップがどのように左右するのかは、まだ検証回数が少なくはっきりしません。
ただ一応、現時点で試行したデータを掲載しておきます。

前述のソルジャーバグVHに対して、シャックスをリーダーにして100回攻撃したデータです。
マスエフェクトによって、自身に「状態異常命中率が10%上昇する」が乗っています。

スキル+(リーダー時)
成功71
失敗29
合計100

100回成功時点で成功率は71%となっています。
異常付与率はおそらく上昇していると考えて良さそうですが、どう10%上昇しているのかは検証回数も少なくまだ不明です。

可能性としては、(あくまで主なものだけですが)以下のような上昇パターンが考えられます。

  • 基本となる80%に対して10%が加算され(90%)、そこから敵の耐性との兼ね合いで実際の確率が決まる
  • 基本となる80%に対して10%が乗算され(88%)、そこから敵の耐性との兼ね合いで実際の確率が決まる
  • 基本の80%で敵の耐性との兼ね合いで確率がまず算出され、そこに10%が加算される
  • 基本の80%で敵の耐性との兼ね合いで確率がまず算出され、そこに10%が乗算される

マスエフェクトでの状態異常付与について

また一部のキャラクターは、攻撃に状態異常を付与するマスエフェクトを持っています。
具体的にはシャックスがリーダーの場合、他4人は(カウンターならば)「10%の確率で、敵を感電状態にする」がつきます。
このマスエフェクトの状態異常については、スキルとは挙動が大きく異なります。

以下、シャックスをリーダーにして、他4人のカウンターキャラで通常アタックを100回試行したデータです。
相手は他と同じく、ステージ2のソルジャーバグVHで行っています。

マスエフェクトの10%感電付きアタック
成功7
失敗93
合計100

表では成功率しか分かりませんが、この検証でとくに重要だった点として
「一度もRESIST表示が起こらなかった」(たんに通常ダメージ表示が出るのみ)ということがあります。
※シャックスのスキル+で攻撃した場合、感電が付与できなかったときには例外なくRESTISTが表示されました。

このことから、そもそもほとんどの攻撃では異常付与の成功判定自体が発生していなかった可能性が高いです。
つまり、マスエフェクトの異常付与における「10%の確率で」という表記は、
(スキル等の「異常付与率」とは異なり)そもそも状態異常を付与させるかどうかの「判定発生率」であると推測されます。

ただし、この判定成功後の挙動については未検証です。
(完全無効耐性持ちでないかぎりは)相手の耐性を無視して確定付与するのか、
それとも100%の異常付与率のスキルとして相手の耐性とのあいだで計算が行われるのかは確認ができていません。
※一度でもRESIST表示が出ていれば後者と断定できましたが、一度も表示が出なかったため。

追記

サレオスをリーダーにしてマスエフェクトの50%異常耐性をつけ、さらにマジェスティのオーブで80%めまい耐性をつけた状態で
15%のめまい付与攻撃を50回ほど受けましたが、一度もめまいにもならずレジスト表示も出ませんでした。
めまい付与攻撃自体が一度も発生しなかったとするとその確率は0.03%であり、実際には発生したが(レジスト表示なしで)無効化されたと思われます。
よって、「マスエフェクトの状態異常付与攻撃に対しても、耐性を100%以上にすれば無効化できる」と言うことができそうです。

あとは100%未満の場合に耐性計算を行っているのか、それとも100%未満だと確定で入ってしまうのかですが、
こちらについてはマスエフェクトなしでマジェスティのオーブ装備のみ(80%耐性のみ)で攻撃をたとえば200回ほど受ければ、
めまい付与攻撃が期待値で30回ほどは発生することになります。
実際にこれを試して30回前後めまいが発生するならば確定付与、2割前後(6回前後)なら耐性計算ありと判明できそうです。
ただし時間が足りずそこまでの検証はできておりません。

オーブの技での状態異常付与について

オーブによる発動について検証したデータです。
カウンターのRオーブ「エリンギーグ」を使用して、ステージ2のソルジャーバグVHに100回試行したデータです。
なおエリンギーグの説明文には確率表記がないため、100%(耐性のない敵には確定付与)と考えられます。

エリンギーグ
成功77
失敗23
合計100

シャックスのスキル+での検証から、耐性が減算仮定だと15%前後、乗算仮定だと20%前後になると思われます。
そのためエリンギーグだと、減算なら85%、乗算なら80%が推定値になります。
これに対して実際の成功率は77%だったため、やや乗算の方が可能性が高い結果になっています。
※ただし、スキルとオーブで同様の計算が適用されるとすれば、ですが

ステージ31での挙動について

※5/24のver1.5のアップデートにおける動作の不具合修正オーブに霊魂ムースが含まれるため、下記の記述内容とはまた挙動が現在は異なっている可能性があります。

詳しくはステージ31ボス「アスモデウス」攻略のページに記載していますが、
このアスモデウスにはグシオンのスキル+(睡眠60%)が入らないことが確認されています。
検証内の表では30回程度ですが、実際には表外あわせて80回程度試していますが、一度も入りませんでした。

一方で霊魂ムース(睡眠70%)を使用した場合には、睡眠が入ります。
霊魂ムースでの成功率自体は検証回数がかなり少ないのでアテにはなりませんが、極端に低いものではなさそうです。
(後日、時間があればもう少しムースまたは他の睡眠系オーブでも回数を増やして検証します)

このため耐性が60%で減算されてムースだけが入った可能性がありましたが、
それにしてはややムースの確率が高いこと、また本ページでの検証から(バグの可能性を除くと)以下のようなことが考えられます。

  • 異常付与率と耐性の計算に関して、スキルの場合は減算で、オーブは乗算の扱いになる
  • スキルとオーブに対して、それぞれ別の耐性が設定されている
  • スキル・オーブともに減算だが、たまたま以前の検証時点で大きく上振れした(後日もう少し回数を増やします)。

現時点のまとめ

現時点での情報のまとめです。なお、これらも間違っている可能性は十分にありますのでご注意ください。
○はほぼ確定した情報、△はそれなりに可能性が高いもの、?ははっきりしないものを示します

  • ○:味方キャラクターの基本耐性はすべての状態異常に対して0
  • ○:確率表記のないスキルは付与率100%扱い ※ただし相手の耐性によっては失敗することもある
  • ○:敵のスキルでの状態異常に対して、オーブの耐性は減算で適用される
  • ○:スキル強化では状態異常の付与率はアップしない ※アタック強化は未検証
  • △:マスエフェクトの状態異常における確率表記は、(スキル等の確率表記と異なり)「判定発生率」である
    • ?:判定発生後の異常付与が(無効化を除けば)耐性無視で確定なのか、確率表記なしのスキルと同じ扱いで耐性の影響を受けるのかは不明
  • ○:状態異常命中率アップのマスエフェクトは機能している
    • ?:アップ分が成功率にどう影響しているかの詳細は不明
  • ?:敵の耐性については不明点が多い
    • ?:スキルとオーブで耐性に関して、数値上の設定または計算式が異なる可能性がある

その他の未検証項目

  • アタック強化でもスキル強化と同様に状態異常付与率に影響がないのかどうか
  • マスエフェクトの異常付与とスキルでの異常付与が重なった場合の挙動(シトリーの感電マスエフェクトがある状態でシャックスがスキルなど)
  • 状態異常命中率アップのマスエフェクトがオーブにも影響するのか
  • 状態異常命中率アップのオーブの効果は加算なのか乗算なのか

コメントフォーム

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 情報があまりきっちり整理できていない部分も多いのですが、いったん情報共有のためにページを公開いたしました。
    ただページ冒頭にも記載のとおり、間違いが多分に含まれる可能性もあります。情報の正確性を保証するものではありませんのでご注意ください。
    いずれ時間が取れればもう少し踏み込んだり回数を増やして検証したいと思いますが、
    当面は5章追加に伴うアップデート関連の対応等に回ると思いますので、当ページの対応優先度は低めとなります。何卒ご了承ください。 -- 管理人?{ROHz.01cEik} 2018-05-23 (水) 00:23:00
  • お疲れ様です。アスモデウス戦について自分でも調べてみましたが、やっぱりリリムやグシオンのスキルでは50回ほどやっても1回も睡眠が通らず、霊魂ムースは60回中20回睡眠が通りました。エリミネーターも試行回数は記録していないのですが睡眠が通ったことは確認しています。
    ただ、この件で気がかりな件として、お知らせの「5/24のアップデート内容」のかなり下のほうに、「一部オーブにて、攻撃対象の選択や効果が正しくなかった問題を修正しました」とあるのですが、その中に霊魂ムースが含まれています。
    検証はまだしていないのですが、霊魂ムースの睡眠確率にやはり不具合があったのか、それが修正されていたとしても名前のあがっていないエリミネーターのほうはどうなっているのかなど、気になる点は多いですね・・・ -- {AqNSBBo9HYE} 2018-05-26 (土) 21:30:22
    • 丁寧に検証までありがとうございます。キャラのリリムが通らずオーブのエリミネーターが通るのであれば、グシオンもしくは霊魂ムース固有のバグではなく、オーブとスキルでやはり計算が違うのかもと感じつつ、
      しかしご指摘のように霊魂ムースの不具合修正もあってよく分からないですね…。耐性関連は今後も折を見て調べていきたいところです。 -- 管理人?{ROHz.01cEik} 2018-05-27 (日) 00:09:58
  • マフエフェクトの状態異常付与ですが
    10%で感電させる、の場合は
    感電確率100%の攻撃が10%で発生する
    といった可能性があります
    以前どこかで見たセーレ相手の検証結果では、マスエフェクトのみ減算ではなく乗算では?とあったのですが、上記であればそれを説明できます
    帯電や、ガープの反撃ももしかしたら同様かもしれません -- {IyvovSDGpNA} 2018-05-31 (木) 08:52:22
    • 情報ありがとうございます。やはりマスエフェクトは通常の付与計算とは別と見て良さそうですね。
      反撃での付与も耐性高めの敵にもわりと通る気がするので、地形含めて今後の検証の参考にさせていただきます。 -- 管理人?{ROHz.01cEik} 2018-05-31 (木) 12:32:08
  • マスエフェクトでの状態異常付与について追記を行いました。 -- 管理人?{ROHz.01cEik} 2018-06-06 (水) 20:02:51
お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-06-06 (水) 20:02:32 (17d)