このページについて [編集]

現時点で個別の攻略記事がないステージについて、簡単な攻略ポイントを記載するためのページとなります。
また攻略の情報量やご要望によっては、ここから個別記事に移行する可能性もあります。

3章の特徴 [編集]

ギミックと呼べるようなスキル、特性を持つボスが増えてきます。
ステータスを見ただけではかなり難しそうに感じるものもありますが、比較的どのステージも「フォトン容量低下」「フォトン破壊」が通りやすくなっています。
相手に行動させず、かつ取られたくないフォトンを先に奪うことで上手く立ち回れる場面が多くなります。

また、ステージ17、23、24を除いて他は全てボスの種族が悪魔となっています
そのため、マルコシアスの特性により大ダメージを与えることができます。
マルコシアスはフォトン容量低下と破壊も両方備えており、3章では縦横無尽の活躍を見せます。
特に何かこだわりがなければ、マルコシアスの育成に注力することをおすすめします。

ステージ17ボス「ギガントアーマー」 [編集]

難易度は高くない

敵全員が単体攻撃しか持たず、また前列しか狙ってこないため、盾ワントップ体制を取れば後列に脅威はありません。
かばうを切らさなければ前列のアタッカーでも安全に採用できます。
どんなパーティでも問題なくクリアできると思われます。

ボスの注意点

ボスについては以下の点に注意してください。

  • 覚醒スキルの性能が厄介。
    ボスに覚醒スキルを撃たれると、反撃+フォトンを二つ破壊される状態になります。
    かばっても関係なく、攻撃したキャラが対象になるため、アタッカーがダメージを受ける上にその後の行動ができなくなります。
    覚醒スキルは撃たせないように注意しましょう。
  • 覚醒ゲージは短め。
    ボスとしては覚醒ゲージが短めのため、比較的奥義を撃たれやすいです。
    体力が低くなるほど威力が上がり、最終的には8倍まで伸びるので、終盤に奥義を受ける場合は盾役にバリアを貼るなどして対応したいです。
    ガープを採用する場合は奥義でアタック軽減をかけておくと良いです。
  • 防御力が高い。
    元々防御力が高めな上、特性で瀕死状態になると更に大幅に上昇します。
    20%を切る手前まで削ってから一気に奥義などで倒すか、防御無視を利用したいです。
    配布メンバーではモラクスのスキルが防御無視攻撃になっている他、モラクスをリーダーにすれば他のバーストファイターの全ての攻撃を防御無視にすることができます。

ステージ18ボス「破滅の告知者」 [編集]

ボス奥義への対処

ボスの奥義はまともに受ければまず生存不可能な超高倍率であり、しかも全体に2連続攻撃となっています。
1回バリアを貼っただけでは突破されてしまうため、無敵化か2回以上のバリアを貼るしかありません。
ただし、ボスは一度奥義を撃つと反動でそのまま倒れるため、やり過ごすことができれば残りは取り巻きだけになります。

ボスの奥義をやり過ごす

ボスの奥義をやり過ごし、自爆させてしまう方法です。
全員生存クリアを諦めるなら、奥義前にバリアをはがされる心配のない後列のキャラに、
ラッシュ用召喚Rオーブ「シェルドレイク」、カウンター用召喚SRオーブ「ケイブキーパー」を使用するか、
アムドゥスキアスのスキルをかけるだけでOKです。
以下、全員生存を目指す場合の手順をいくつか紹介します。

  • グレモリー奥義のアタック軽減を利用する。
    グレモリーの覚醒スキルでアタック強化をかけてから、奥義を使用しアタック軽減を全体に貼ります。
    するとアタックフォトンからのダメージが120%カットされるため、ダメージが0になります。
  • サブナックの奥義を利用する。
    ボスの奥義の前にサブナックの奥義を発動し、全体に2回バリアを貼ります。
    前衛がサブナックのみであればほぼ確実に後衛は無傷になります。
    取り巻きの攻撃などでサブナックのバリアが足りなくなってしまう場合は蘇生オーブを利用しましょう。
  • ユフィールまたはフェニックスにバリアまたは無敵をかける。
    あらかじめゲージを貯めておき、ボス自爆後に全体蘇生ができる奥義を発動すればOKです。
    ユフィールの方が後列で他の攻撃をもらいにくいので簡単です。
    ※取り巻きを一体は残しておいてください。
    全体蘇生奥義所持者はもう一人居ますが、加入まで進行できているならボスを倒す方が早いです。
  • 蘇生オーブを持たせたキャラにバリアまたは無敵をかける。
    蘇生オーブが複数あれば後列キャラに持たせ、蘇生持ちにバリアをかけます。
    ボス自爆後に一人ずつ蘇生していきます。
    奥義より時間がかかりますが採用キャラの縛りは緩いです。
  • フォラスの全体化を利用する。
    フォラスの覚醒スキルをかけたロノウェの奥義やアムドゥスキアスのスキルを発動します。
    バリアの場合盾役は剥がれてしまうため蘇生します。
    ※特にロノウェを利用する場合必要ゲージ量が多いためやや難易度が高いです。

ボスに奥義を撃たせない

奥義をやり過ごす方法は召喚状況に左右される面が多いため、有効な手段がなければ奥義を撃たせないようにするしかありません。
ゲージ数こそ多いものの、取り巻きのスキルでチャージをどんどん追加されてしまうため、対策が必要です。
以下配布メンバーを中心とした立ち回りを紹介します。

  • スキルとチャージを渡さない
    取り巻きがいる間は場に出たスキルフォトンを積極的に奪います。
    感電が通るので、スキルを取られた取り巻きを狙ってシャックスのスキルで攻撃しましょう。
    次にチャージフォトンを奪い、ブネとマルコシアスに振っておきます。
  • ブネの覚醒スキルでボスの覚醒ゲージを減少させる
    ブネの覚醒スキルは高確率で相手のゲージをマイナス2することができます。
    ブネをリーダーに置いている時はマスエフェクトの効果で減少量が3になります。
    覚醒状態でスキル、アタック、スキルと積めば上手くすれば一気にゲージを6減らすことができます。
    こまめに発動し、ボスにゲージを貯めさせないようにしましょう。
    なお、Rオーブ「カラミティエッグ」でも高確率でゲージをマイナス2できます。
    リーダーのブネが使用した場合はこれもマイナス3に強化されます。
  • マルコシアスで一気に決着をつける
    ボスは瀕死になるとゲージが増加するようになるため、一気に削りきって倒します。
    奥義を数回撃って半分程度まで削ったら、シャックスで感電させ、配布オーブ「禁断の書」を使用しましょう。
    特効が2種重なり大ダメージが出ます。

ステージ19ボス「マグママン」 [編集]

序盤は守るより攻める

取り巻きもボスも列攻撃を連発してきます。
更に取り巻きはトルーパー、ボスはスナイパーとなっていて狙ってくる列が異なるため、
配置を一方に固めてやりすごす方法が通用しません。
列攻撃はかばうことができないため、序盤はあまり守ることを意識するより、取り巻きを集中攻撃して早めに倒しきってしまう方が良いでしょう。
マルコシアスであれば取り巻きの通常アタックをくらう程度ならすぐには倒されません。
(もっと耐久の低いスナイパーを採用している場合は状況に応じてかばうの使用も検討してください)

ボスの倒し方はこれまで通り

マグママンも種族が悪魔であり、やはりマルコシアスをメインアタッカーにするのが定番となります。
他にもスナイパー相手に補正が大きくかかるトルーパーのアタッカーを起用しても良いですし、防御力が低いためゼパルのような連撃タイプも通用します。
ボスのゲージが短いため覚醒減少などは無理に狙わず、こちらの体力がつきる前に倒しきる方向で編成を組みましょう。
ボスのスキルによる列攻撃には吸収効果がついており、攻撃対象が多いほど多く回復されてしまいます。
そのため、どちらかといえば後列を多目に配置する方が面倒が少なくなります。

ステージ20ボス「火のザウラク」 [編集]

ステージ21ボス「水のクルサ」 [編集]

ステージ22ボス「雷のアザー」 [編集]

盾ワントップ編成が非常に有効

敵構成が全員がファイターになっているため、盾ワントップ編成がおすすめです。
特にボスは列対象攻撃を持っていますが、前列を狙うため、盾一人にしてしまえば被害が少なくなります。
スナイパーキャラを他に所持していなくても、バルバトス、マルコシアス、ガープだけでクリア可能です。
ザウラクとクルサを倒せた育成度なら充分勝算があるでしょう。

ボスの奥義は全体対象の防御無視攻撃で強力ですが、覚醒ゲージが長めです。
防御に回すフォトンは最低限にし、チャージフォトンを積極的に奪ってマルコシアスに振りましょう。
ブエルクロケルといった覚醒支援キャラやバッファーなどを所持していれば採用し、
マルコシアスで早期にボスを撃破してしまえばクリアも同然です。

有効な状態異常

これまで同様、フォトン容量低下が入るため、マルコシアスのスキルを撃ち込んでおきます。
また、取り巻きにはめまいが入ります。
マルコシアスの覚醒スキルで全員にダメージを与えつつ、取り巻きの動きを封じることができます。
マルコシアス(と盾役)さえ充分育っていればクリアできるステージと言っても過言ではないでしょう。

ステージ23ボス「智の番人バラム」 [編集]

ステージ24ボス「アバドン」 [編集]

新規ページ作成・移行について

各ボスの攻略情報について、個別の攻略記事への移行・作成を行いたい場合は編集者連絡板の「申請・提案フォーム」に書き込みをお願いします。
同時に攻略記事を書いている方が他にいらっしゃったという事態を避けるのが主な目的です。

コメントフォーム [編集]

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 編集お疲れ様です。こういうのが欲しかった -- {sG3V4HNMJrs} 2018-07-19 (木) 20:37:28
  • ステージ18、全員生存の案としてサブナックの奥義が上がっていないのが気になります(召喚していれば言われなくても槍玉にあげるかと思いますが)。複数人の組み合わせ考えるよりもよほど楽かなと -- {wyJxEjMV.o6} 2018-08-08 (水) 18:28:40
    • 作成者です。サブナック未召喚でスペックだけでは使用感が分からなかったので載せていませんでした。今の候補より簡単そうであれば是非追加をお願いしたいです。(簡単かなと思ったもの順に並べてます) -- {E0DbtUUNgEw} 2018-08-08 (水) 18:45:57
      • いや、すみません別キャラとの勘違いです……奥義単純に二回バリアですね。見落としだと思います。後程追加しておきます。 -- {E0DbtUUNgEw} 2018-08-08 (水) 18:55:56
  • 個別記事へのリンクを、直リンクからアンカーに直しました -- {22a91wY4XMQ} 2018-10-01 (月) 18:30:56
お名前:
※コメントフォームをご利用の際には、コメントガイドラインをご確認ください。またコメントでは空白行は反映されません。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-17 (水) 17:00:26 (35d)