event20181213.png

イベント概要 [編集]

イベント限定アイテムを収集することで、様々なアイテムと交換できます。
また初回開催時は、特定のミッションをクリアすることでシトリー専用衣装「ホーリーブレイバー」を入手できました。

+  イベント限定アイテム

開催期間 [編集]

[復刻] 2019年9月13日(金)15:00 ~ 2019年9月29日(日)14:59
※BEHEMOTH前編の呪いの指輪と猛き迅狼との同時開催

+  過去開催分

※イベント参加には、メインクエストのステージ5-4クリアが必要です。

前編からの引継ぎについて [編集]

本イベントは前後編イベント『BEHEMOTH』の後編にあたり、一部の要素が前編(呪いの指輪と猛き迅狼)から引き継がれます。
引き継ぎされる要素は、イベント効果のレベル(リセット回数含む)、交換用アイテム(カースデブリ)の所持数、ステージクリア状況、イベントミッションの達成状況になります。

また後編追加分のステージをプレイするには、前編のイベントステージ5-3をクリアが条件になります(エクストラステージのクリアは不要)。
なお後編開始後も、前編部分のステージの攻略は可能となっています。

イベント全体の攻略手順 [編集]

イベントの進め方 [編集]

  1. イベントステージ(1~5・EA~EC・EX)を順番に攻略し、初回クリア報酬および全員生存報酬を獲得します。
    • 難易度は最後のEX-3で推奨Lv???(最高難易度時に見られる表記)です(シトリー専用衣装の対象ミッションとなるEA-4はは推奨Lv63)。
    • 戦力が厳しい場合は、育成とイベント効果(後述)を使いましょう。
    • 全員生存報酬(攻略チケット)は無理に狙わなくてもいいですが、初クリア報酬の魔宝石はできるかぎり獲得しましょう。
  2. 自分が安定して回れる最高難易度のステージを周回し、カースデブリを集めます。
    • 基本的に後半のステージほど収集効率は良くなります。
    • 寒冷のフォトンを使って、随時イベント効果を発動させましょう。
  3. ショップ内の「カースデブリ 交換所」でアイテムと交換します。

※イベントステージを全員生存クリアした場合、「攻略チケット・EV」が使えるようになります(通常の攻略チケットの使用は不可)。
 ただし一日の使用回数(00:00リセット)には制限があり、本イベントでは一日5回までとなります。

イベント効果について [編集]

イベントステージのフィールドおよびドロップで集まる「寒冷のフォトン」を使って、イベント内限定の効果を発動することができます。
※効果レベルは前編から引き継がれます。
※1-1クリア後にLvアップ上限が開放されます。

今回のイベント効果 [編集]

  • 攻撃力上昇(最大Lv30/120%UP)
  • 攻撃時凍結付与(最大Lv30/50%UP)
  • 状態異常耐性(最大Lv30/50%UP)

おすすめの効果 [編集]

難易度が上がるにつれて敵のHPが高くなることもあって基本的には攻撃力上昇がまずおすすめですが、
今回のエクストラステージは敵・手持ちによって、凍結付与での行動阻害を狙いたい場面や、状態異常耐性が欲しい場面などが分かれます。
その上で目安としてですが、攻撃力上昇>凍結付与>状態異常耐性という優先度になります。

ただしどの効果も最初の内は1レベルあたりの上昇量が大きいのですが、レベルがある程度上がるにつれて上昇量が小さくなります。
そのため特定のレベルだけを一点集中で上限まで上げるのはおすすめできません。
上昇量が小さくなってきたら、他のまだレベルが低い効果を上げるように切り替えるなどすると良いでしょう。

イベント報酬 [編集]

交換所 [編集]

イベントステージ攻略で集まる「カースデブリ」を各種アイテムと交換できます。
交換はショップ内の「カースデブリ 交換所」から行えます。

なお前編(呪いの指輪と猛き迅狼)時点ですでに追加されていた交換アイテムについては、以下の折り畳み内をご覧ください。

+  イベント前編から継続される交換アイテム

※後編の交換アイテムは、後編ステージ1-1をクリアした時点で交換所に追加されます。

交換対象交換可能交換レート優先度備考/合成系素材の原料
ブラッククロース3個900個オーブ情報は後述 ※ストーリー途中(4-3をクリア)で追加
クリス・マウス(セール)1個1600個オーブ情報は後述 ※ストーリークリアで追加
クリス・マウス2個3200個同上
[合]雷丹ドロップ5個100個マジカルトリュフ×1、[合]力の霊水×1、ゴールドパウダー×1、結晶石×1
[合]真鍮のベル5個100個×魂の護符×1、火口鉄×1、ブロンズハンマー×1
[合]白銀の根5個100個水晶の原石×1、神木の竿×1、ミレニアム銀×1
[合]丈夫な布5個200個-慰霊の願糸×1、[B]キマイラの羽×1
[合]遊戯板の駒5個200個バックラー×1、[合]木彫りの人形×2(ハンターナイフ×1、魔除けの彫像×1、神木の竿×1)
無銘の剣×1、太古の埴輪×1
[合]メトセラの樹蜜5個200個-[合]魔糖キューブ×1、古代蜂の蜜×3、ネクタルの実×2、マジックオイル×1
[B]猛虫の羽根5個200個ステージ2のボスドロップ(銅枠) ※前編分とは別枠
[B]暗黒の脚3個200個ステージ8のボスドロップ(銅枠)
[B]大蛇の尻尾3個300個ステージ16のボスドロップ(銅枠)
[B]獣人の籠手3個300個ステージ6のボスドロップ(銀枠)
[B]稲妻の爪3個400個ステージ22のボスドロップ(銅枠)
[B]灼熱の爪3個400個ステージ20のボスドロップ(銅枠)
[B]零度の爪3個400個ステージ21のボスドロップ(銅枠)
[B]豪魔の大角3個450個ステージ19のボスドロップ(銀枠)/29(銅枠) ※前編分とは別枠
[B]審判の鎖3個450個ステージ23のボスドロップ(銀枠)/36(銅枠)
[合]悪魔のムスク2個500個デーモンの角×1、業の塵×7、悪魔の血×3、業魔の尻尾×1
[B]因果の源2個500個ステージ18のボスドロップ(金枠)/35(銀枠)
※今回の◎の中ではやや優先度低め
[B]聖騎士の福音2個500個ステージ11のボスドロップ(金枠)
[合]ドルイドマント2個500個-妖精の花×6、[合]魔法のフード×1、猛虫の羽根×3、[合]風丹ドロップ×1
[合]無の盾2個500個紅水晶の原石×1、聖騎士の盾×1
[合]マスターハンマー×1(不浄の灰×7、ブロンズハンマー×2、黄金郷の輝石×1、贋金虫の抜け殻×1
[合]極楽テラケーキ1個1000個[合]魔糖キューブ×3、フォレストベリー×2、生命の穀物×6、ゴールドオイル×2
[合]フルーツポタージュ1個1000個ネクタルの実×10、ミュータントメロン×2、フォレストベリー×5、[合]魔糖キューブ×1

※優先度は「☆>◎>○>->△>×」ですが、あくまでも目安です(主に初心者向け)。とくに「-」は各プレイヤーの状況によるところが大きいです。

+  優先度に関する補足

※素材名の頭の[合]は合成して作る素材、[B]はボスドロップ素材であることを示します。

過去開催分 [編集]

+  初回開催時の交換報酬

イベント限定ミッション [編集]

イベント期間中のみ達成できるミッションとなります。
※達成期限:2018/12/26 14:59

※後編のミッションは、後編ステージ1-1をクリアした時点で追加されます。

ミッション内容報酬
【クエスト】ステージ1のトレジャーを全て解放しよう攻略チケット×3枚
【クエスト】ステージ2のトレジャーを全て解放しよう攻略チケット×3枚
【クエスト】ステージ3のトレジャーを全て解放しよう攻略チケット×3枚
【クエスト】ステージ4のトレジャーを全て解放しよう攻略チケット×3枚
【クエスト】ステージ5のトレジャーを全て解放しよう攻略チケット×3枚
↓↓対象の敵と初戦闘時に追加↓↓
【バトル】ブラッククロースに一度に5,000以上のダメージを与えよう記憶の欠片×5個
【バトル】ブラッククロースに一度に10,000以上のダメージを与えよう[合]聖女のリース(ゴールドオイル使用)
【バトル】ブラッククロースを累計10体撃破しよう古い魔導書×5個
【バトル】クリス・マウスに一度に5,000以上のダメージを与えよう古い魔導書×10個
【バトル】クリス・マウスに一度に10,000以上のダメージを与えよう幻の魔導書×5個
【バトル】クリス・マウスを累計5体撃破しよう古い魔導書×5個
↓↓本編クリア後に追加↓↓
【クエスト】EA-4をカウンターだけでクリアしよう攻略チケット・EV×1枚
【クエスト】EB-4をバーストだけでクリアしよう攻略チケット・EV×1枚
【クエスト】EC-4をラッシュだけでクリアしよう攻略チケット・EV×1枚
【クエスト】EA-4をコンプリートしよう初回開催:ホーリーブレイバー(シトリー専用衣装)
復刻1回目:攻略チケット・EV×1枚
【クエスト】EB-4をコンプリートしよう攻略チケット・EV×1枚
【クエスト】EC-4をコンプリートしよう攻略チケット・EV×1枚
【クエスト】EX-3をコンプリートしよう攻略チケット・討伐×1枚

※イベント名部分の記述は省略

ゲーム内詳細からも確認できますが、コンプリートとは全員生存クリアの事です。

イベントステージ [編集]

交換アイテムの入手数 [編集]

強化回数は全レベルの合計-3。例えば13-7-5なら22回。
イベント効果ボーナスは端数切り捨て。HPボーナスは、編成人数に関わらず最大値は同じ。
最深部の数値を記載。

ステージ名ボス撃破イベント効果ボーナスパーティHPボーナス(全員100%時)
1賑都クノスペ・追走10強化回数×120
2賑都クノスペ・錯綜15強化回数×1.530
3黒の地下道・奔走20強化回数×240
4黒の地下道・迷走25強化回数×2.550
5呪われし血戦場30強化回数×360
EA猛攻降魔祭・古き街60強化回数×6120
EB反撃降魔祭・今時森60強化回数×6120
EC爆裂降魔祭・未来洞60強化回数×6120
EX白銀の黒街80強化回数×8160

ドロップ一覧 [編集]

ドロップ情報の提供募集中です。
コメント欄に記載、もしくは各行右の編集ボタン(鉛筆マーク)から修正していただけると大変助かります。

なお前編(呪いの指輪と猛き迅狼)から引き継ぎステージのドロップ一覧については、以下の折り畳み内をご覧ください。

+  イベント前編から継続されるステージのドロップ一覧

ステージ選択画面において表示されるドロップ一覧をまとめたものです。
宝箱から出るものは*、木などのオブジェクトから出るものは*
**はオブジェクトが2つ並んでいる時に極稀にドロップするものになります。

ステージ名ドロップ(敵)ドロップ(フィールド)
通常
1賑都クノスペ・追走ハンターナイフ*、ぷるぷる豆*ブロンズハンマー*、地の穀物*
2賑都クノスペ・錯綜古代蜂の蜜*、バックラー*無名の剣*、レッドスパイス*
3黒の地下道・奔走ゴールドパウダー*、結晶石*無銘の剣*、水晶の原石*
4黒の地下道・迷走太古の埴輪*、プラチナムスター*聖者の護符*、ハンターナイフ*
5呪われし血戦場業の塵×3巨人族の金塊*黄金の羽根*、魔獣の骨*、神木の竿*
EA猛攻降魔祭・古き街覇王のエンブリオ幼不浄の灰×2業の塵×3ゴールドオイル**黄金郷の輝石*、古代蜂の蜜*、水晶の原石*、レッドスパイス*
EB反撃降魔祭・今時森冥王のエンブリオ幼豪魔の尻尾デーモンの尻尾ミュータントメロン**ミレニアム銀*、雲海樹の落枝*、フォレストベリー*、神木の竿*
EC爆裂降魔祭・未来洞魔王のエンブリオ幼大魔神の瞳ゴーレムシンボル氷塊の護符**巨人族の金塊*、悪魔の血*、黄金郷の輝石*、魔除けの彫像*
EX白銀の黒街アオカビスパイス**巨人族の金塊*、日照り乞いの願糸*ブロンズハンマー*、生命の穀物*

その他のドロップ [編集]

※ドロップ一覧表にないもの(およびレアエネミー以外から)のドロップ

EX:カースデブリ×157(ベヒモス)
EX:カースデブリ×24(アモン、ハーゲンティ、マルコシアス)

初クリア・全員生存報酬 [編集]

ステージ名初クリア報酬全員生存報酬
魔宝石その他攻略チケット
1賑都クノスペ・追走100個寒冷のフォトン×20個4枚
2賑都クノスペ・錯綜100個カースデブリ×50個4枚
3黒の地下道・奔走100個カースデブリ×100個6枚
4黒の地下道・迷走100個カースデブリ×150個6枚
5呪われし血戦場100個カースデブリ×200個6枚
EA猛攻降魔祭・古き街100個カースデブリ×200個8枚
EB反撃降魔祭・今時森100個カースデブリ×200個8枚
EC爆裂降魔祭・未来洞100個カースデブリ×200個8枚
EX白銀の黒街100個クリス・マウス(オーブ)10枚

イベント入手のオーブ [編集]

※ドロップステージの表記における「MQ」はメインクエスト、「EV」はイベントのステージを表しています。

クリス・マウス(SSR/ラッシュ/2ターン)

  • 特性(Lv1/Lv11):装備者の植物系モンスターへのダメージが[32%/42%]上昇する
  • 技(Lv1/Lv11):敵単体に攻撃力[0.9倍/1倍]の4連続ダメージ。さらに80%の確率で、覚醒ゲージを-2する
  • ドロップ
    ステージステージ名ドロップ対象敵
    ドロップ報告なし。ドロップしない場合の入手数は交換所+EXクリア報酬の4つ。
  • 進化素材
    オーブドロップオーブドロップオーブドロップ
    ★2進化ヘルハウンド★2以上MQ-1ラッシュ★2以上-ラッシュ★2以上-
    バースト★1以上
    ★3進化氷のジバル★2以上MQ-23ガーディアン★2以上MQ-11ラッシュ★3以上-
    ラッシュ★2以上-バースト★2以上-
  • 備考
    • ラッシュでは初となる植物特効オーブ。SSRのため特効率も最大42%と高く、ブネやデカラビアのMEと組み合わせればさらに植物へのダメージを伸ばせる。
      大樹ユグドラシル・水樹ガオケレナなど、植物敵の討伐クエスト攻略ではとくに活躍が見込まれる。
      技は4回攻撃と覚醒減少を同時にできるが、かわりにCT2。個別の役割が必要なときは、CT1のR赤月の残党兵長(4回攻撃)・Rカラミティエッグ(覚醒減少)が良い。
      ※4回攻撃だが、R赤月の残党兵長などと異なり、最初の2回で敵を倒した場合も別の敵をターゲットしなおすことはない。
    • 進化にイベント産オーブを必要としない。取得さえしておけばイベント終了後も★3進化可能。

ブラッククロース(SR/バースト/2ターン)

  • 特性(Lv1/Lv9):装備者の全ての状態異常への耐性が[15%/23%]上昇する
  • 技(Lv1/Lv9):敵単体に攻撃力[2.5倍/2.9倍]のダメージ。さらに70%の確率で2ターンの間、敵を凍結状態にする
  • ドロップ
    ステージステージ名ドロップ対象敵
    ドロップ報告なし。ドロップしない場合の入手数は交換所の3つ。
  • 進化素材
    オーブドロップオーブドロップオーブドロップ
    ★2進化ピロリン★1以上前編EA~ECバースト★2以上-カウンター★1以上-
    ★3進化マッドランパート★2以上MQ-5ティターン★2以上MQ-13バースト★3以上-
    カウンター★1以上-
  • 備考
    • 汎用の状態異常耐性を持つオーブ。現時点で同様の特性はアガリアレプトイベント入手だったシアンカラットのみ。
      耐性自体は最大23%と低いものの、今回のイベント効果のような耐性やサレオスの異常耐性ME(25%)と組み合わせることで、複数の状態異常にまとめて対応しやすくなる。
      またバーストとしては初の凍結攻撃ができるオーブとなり、その点でも貴重と言える。
    • ★3にはイベント前編のオーブ・ピロリンが1つ必要。足りない場合は前編のEA〜ECステージのレアエネミーを狙おう。

難関ステージ攻略メモ [編集]

※今回は(E1~E3ではなく)EA~EC(およびEX)形式ですので、EAをクリアしていなくてもEB・EC・EXステージに挑戦することが可能です。

EA-4 [編集]

  • 概要
    • 推奨Lv63。低倍率の連続攻撃を使うボスと毒や強化解除をしてくる取り巻き2匹の組み合わせ。
  • 攻撃する際のポイント
    • 敵の種族はすべて獣のため、レラジェの特性・ME、パイモンME(星5以降)の特効の対象となる
    • パイモン・レラジェを軸としたパーティが組めるなら、ボスを速攻で撃破するなども可
    • 速攻を考えないなら、強化解除および後衛へのダメージが大きい取り巻きを順番に撃破してからボスを狙うのが正攻法か
    • 敵が一列に並んでいるため、(凍結レベルを上げた状態で)スキル一つで列・全体攻撃できるキャラを使うと凍結で行動を阻害しつつ攻撃できる
  • 防御・回復する際のポイント
    • 前編の轟迅狼ベヒモス同様、ボスが低倍率(0.6~0.7倍)の攻撃が中心のためダメージブロックは有効
      • ただしブニ・ザガンだと、取り巻きのスキルをかばう際に強化解除されてしまう
      • スキルを優先して取る、スキルを2個積む、取り巻きを感電させるなど強化解除されてしまうのを避けるための工夫も必要となる
    • かばうを伴わないダメージブロック(ボティス奥義・SRヘルヘブン・Rソーンモンスター)、無敵(ロノウェ奥義・SRケイブキーパー)で強化解除を避ける手もあり
      • ただし後衛への取り巻き奥義はかなり痛いため、かばう不使用の場合は対策(回復・バリア等)があった方が良い
    • CT1で防御力大幅アップできるシャーベットマンも使えるが、強化解除以外に防御力ダウンも使われるので注意すること
    • 取り巻きの毒に対してはバルバトスのMEで無効にできる
      • ただ付与率は50%のため、イベント効果の状態異常耐性を十分に上げればそちらでも対応可
    • ねずみ対策として、状態異常の治療・予防手段があるとなお安全
      • ただし、ねずみになっても無敵等の強化は維持される
      • 耐性で対処するなら、ねずみか汎用異常耐性オーブをイベント効果と組み合わせる。
        ラッシュは討伐入手のSSR死を育む者(20~30%)、カウンターは過去イベのSRシアンカラット(15~23%)、バーストは本イベのブラッククロース(15~23%)
  • その他
    • 編成は比較的様々に考えられる
      • ワントップでボスの攻撃を防御力・無敵・ダメージブロック等で耐えつつ、後衛への取り巻きの攻撃はタゲ分散
      • ツートップで前衛のダメージを分散。また、かばう持ちが二人以上いるなら(強化解除を見越して)2枚盾でかばうを切らさないなど
      • 後衛へのクラス補正(1.5倍)を避けるために全員前衛なども場合によってはあり
    • 敵の特性による状態異常付与は(味方のMEのものと同様に)○%の確率で100%の付与率の技が発動するものの模様。
      そのためイベント効果の状態異常耐性を50%にしても完全には防げない(50%の確率で特性が発動すると、50%の確率で異常になる。つまり実質25%で異常になる)

有効な妨害手段

詳細な検証は折り畳みの「耐性一覧表」にまとめています(情報の提供・反映もそちらへ)。
特に有用と思われるもののみ表外に抜粋して紹介。

  • クリス・マウス:
  • ダッシャー:
  • 備考:
+  耐性一覧表
+  参考:初回開催時点の情報

EB-4 [編集]

  • 概要
    • 推奨Lv63。アタッカーと蘇生担当のボス(黒)、かばう役の取り巻き(赤)、フォトン破壊の取り巻き(緑)。
  • 攻撃する際のポイント
    • 敵の種族はすべて獣のため、レラジェの特性・ME、パイモンME(星5以降)の特効の対象となる
    • ヴィクセン(赤)がかばうを使ってくるため、列攻撃主体で攻めるか、強力な単体攻撃で撃破していくかが主な二択
    • メインアタッカーであるボスを先に潰したい場合、強化解除して高火力を一気に叩き込むなどもあり
  • 防御・回復する際のポイント
    • 敵の攻撃が列化する場合があるため、被ダメージを一人分に抑えられるワントップが非常に有効
    • めまいとそこから派生する攻撃(めまい時の混乱・ダメージ増加等)があるため、耐性があるとより安全
      • カウンターにめまい耐性オーブはないため、盾役を採用するならイベント効果を利用する。もしくは耐久のあるラッシュ・バーストキャラを採用。
        耐性オーブは、ラッシュSSRソレント/轟迅狼ベヒモス(80~90%)、Rティターン(40~48%)、バーストSSRマジェスティ(80~90%)※MQ32、SR災厄の魔櫃(60~68%)
      • ただしワントップにフォトンを積まなければ混乱の影響はないため、ボス奥義さえ回復・防御等で対処できるなら耐性なしでも可
  • その他
    • バルバトス・ガープ・マルコシアスの3人編成で、後ろからマルコシアスが覚醒スキルを連発するなどでもクリア可能。
      ガープの耐久力に不安がある場合は、シャーベットマン等で防御力を補佐したり、イベント効果でめまいを予防したり、状態異常治療手段があると良い

有効な妨害手段

詳細な検証は折り畳みの「耐性一覧表」にまとめています(情報の提供・反映もそちらへ)。
特に有用と思われるもののみ表外に抜粋して紹介。

  • シャープ(黒):
  • ヴィクセン(赤):
  • プランサー(緑):
  • 備考:
+  耐性一覧表
+  参考:初回開催時点の情報

EC-4 [編集]

  • 概要
    • 推奨Lv63。凍結攻撃を使ってくるボスと、奥義で(1ターンだが)全体睡眠を使ってくる取り巻き2匹。
  • 攻撃する際のポイント
    • 取り巻きの種族は獣のため、レラジェの特性・ME、パイモンME(星5以降)の特効の対象となる
    • ボスの種族は古代生物のため、ベレトME(星5以降)で特効となる
    • ボスは3000以上のダメージを受けると反撃してくるため、連撃系アタッカーで攻撃するのが良い
      • ただそれほど痛い反撃ではないため、回復手段が豊富なら反撃覚悟で攻撃も可
    • ボスを速攻できそうな手持ちがあればボスを優先し、そうでなければ睡眠で邪魔してくる取り巻きを片付けつつ長期戦が良さそうか
  • 防御・回復する際のポイント
    • もっとも怖いのは奥義による列凍結のため、これを一人で受けられるワントップは安定
    • ガープのME(星5以降)で古代生物からのダメージを軽減できるため、ボススキルが全体に飛んでくるこの戦闘ではかなり有効
    • ボスのスキルは使用ごとに列・全体化凍結になるが、付与率は50%のためイベント効果を最大にすれば凍結は無効にできる(奥義は100%のため別)
      • イベント効果レベルが足りない場合も、凍結耐性オーブ等と併用して50%を達成するとスキルで凍結がなくなるため安定しやすくなる
        ラッシュのR獣人ドクター、カウンターのRオーク哨戒部隊長・RエリンギーグなどのRオーブも40~48%の耐性を持つため十分に有用となる
    • MEだとフェニックスが凍結無効、アンドラスが汎用異常耐性50%、サレオス・セーレが25%を持つ。
    • 取り巻き奥義の睡眠も厄介だが、こちらは1ターン(使われたターンのみ)継続のため、ターン切り替え時には回復する。
      • 睡眠は付与率100%のため、イベント効果だけでは防ぎにくい。オーブと併用するか、クロケルMEか、1ターンなのである程度は受けることを許容するなど。
  • その他
    • 情報募集中

有効な妨害手段

詳細な検証は折り畳みの「耐性一覧表」にまとめています(情報の提供・反映もそちらへ)。
特に有用と思われるもののみ表外に抜粋して紹介。

  • ブラッククロース:
  • ブリッツェン:
  • 備考:
+  耐性一覧表
+  参考:初回開催時点の情報

EX-1 [編集]

ここからはEX表記となりさらに飛躍的に難易度が上がるため、完全なチャレンジコンテンツと考えた方が良いでしょう。

  • 概要
    • 推奨Lv70。基本的には前編のEA-3ボスの強化版。
      HPが3倍近く、攻撃力が2倍以上、防御は変わらず、ステータスが味方キャラでいうと最速クラスになっている。
    • 攻略のポイントとしては共通する部分も多いため、前編の攻略メモもあわせて参照のこと。
      以下、とくにEX-1での注意点などについて記載。
  • 攻撃する際のポイント
    • 防御力は前編時点とほぼ変わらないため、イベント効果の乗った連撃等なら問題なくダメージを通すことができる
    • パイモンリーダーによる獣特効ありラッシュパーティなら1ターン目から高火力が出せるため、凍結も上手く入れば速攻撃破も可能
      ※イベント効果の攻撃力上昇はある程度上げておく必要あり
  • 防御・回復する際のポイント
    • かばう無視や列攻撃対策としてもワントップが有効なのは同じだが、2倍以上に上がった攻撃力への対策が必要となる
    • ダメージブロックを使う場合、奥義を受けるとブニ・ザガン相手に上振れして2240程度のダメージになる計算
      • これは両者ともに星6Lv70でもスキルを使うだけでは受けきれない
      • ザガンならリーダーにしてHPを増やせばダメージブロック圏内に収まる(そのほかのキャラのHP上昇・ダメ軽減MEなどでも可)
      • ブニの場合はMEやオーブでのHP上昇・ダメージ軽減など幾つか方法は考えられるが、もっとも手軽なのはスキル強化でブロック率を1.5倍(30%)に伸ばして受ける
    • 強化解除の切れ目が致命的になるため、敵の覚醒スキルのタイミングにはよく注意し、事故らないようになるべく早めに倒すようにする。
      スキルフォトンが出ないなどの状況に備えて、他キャラクターにミミック・ヘルヘブン・ケイブキーパー等を持たせるのも手
    • ブニ・ザガンがいない場合は、無敵・その他ダメージブロック手段・攻撃力低下などで受けることは不可能ではないが、その状況に持っていく・維持するのがかなり難しい
      • 防御は完全に捨てて、イベント効果の凍結含めて運は絡むものの攻撃一辺倒で倒し切る方がよいかもしれない
  • その他
    • 異常耐性は全体的に高めだが、完全耐性ではないので復刻時点でならフルーレティやアクィエル+グシオンでの封殺も可能と思われる。
      参考:推定耐性80%に対してリーダーフルーレティのスキル+が120%で成功率40%、アクィエルMEを踏んだフルーレティスキル+で1T目180%のためおそらくめまい確定。

有効な妨害手段

詳細な検証は折り畳みの「耐性一覧表」にまとめています(情報の提供・反映もそちらへ)。
特に有用と思われるもののみ表外に抜粋して紹介。

  • 轟迅狼ベヒモス:フォトン容量低下、凍結
  • 備考:めまい耐性はかなり高め。
+  耐性一覧表
+  参考:初回開催時点の情報

EX-2 [編集]

  • 概要
    • EA-4のクリス・マウスとEC-4のブラッククロースの強化版の組み合わせ。
      どちらも上記の該当攻略メモも参照のこと。以下、とくにEX-2での注意点などについて記載。
  • 攻撃する際のポイント
    • クリス・マウスを最後に残してしまうと、高いステータスからの連続攻撃を繰り返されてしまう
      • ダメージブロック系の盾がいる場合はそれでも良いが、そうでなければクリス・マウスを先に撃破するのが良いと思われる
    • 列攻撃はブラッククロース2体それぞれから反撃が飛んでくる
      • もし列攻撃を使いたい場合は、攻撃役に無敵を張るなどしておく
    • HPがかなり高いためイベント効果の攻撃力上昇は欲しいが、そのぶん反撃を誘発しやすくなるのでできれば低倍率攻撃を使う
  • 防御・回復する際のポイント
    • ブラッククロースの列凍結が怖いため、凍結100%(もしくはそれに近い状態)への対策がない場合はワントップがやはり有効
    • ワントップ役は、もしいるならばクリス・マウスの連続攻撃への対策としてやはりブニ・ザガンが適している
    • ただしEX-1と違い、攻撃力上昇が手軽には行われず追加ダメージもなく、またフォトンが取り巻きにも分散するので他の盾でも対応はできる
    • 病気・呪い・ねずみ・凍結と複数の異常攻撃があるが、唯一後衛まで飛んできてかつ行動不能にするスキル凍結がやはり危険なため、耐性等は凍結優先
      • 凍結確率がEC-4から上がって65%になっているため、イベント効果を最大レベルに上げてもそれだけでは無効化にはならないので注意
    • 次点で(ダメージブロック盾ではない)ワントップが病気になるのが危険なため、シルバートームやケイブキーパーなどを他キャラに持たせるのも良い
    • クリス・マウスのフォトン強化からのアタックがかなり痛いため、余裕があればイービルアイ等の強化解除役がいてもよいかもしれない
  • その他
    • 情報募集中

有効な妨害手段

詳細な検証は折り畳みの「耐性一覧表」にまとめています(情報の提供・反映もそちらへ)。
特に有用と思われるもののみ表外に抜粋して紹介。

  • クリス・マウス:
  • ブラッククロース:
  • 備考:
+  耐性一覧表
+  参考:初回開催時点の情報

EX-3 [編集]

  • 概要
    • 推奨Lv???(70over)。11月後半~12月に実装されたキャラクター4人の編成。
  • 攻撃する際のポイント
    • 高難易度ということもあり、誰から倒すかは手持ちによるところもかなり大きいはず。
    • ひとつの考え方として、ターン経過で攻撃力の上がってしまうベヒモスか、もしくはワントップを崩してくるハーゲンティから狙う。
    • イベント効果の攻撃力上昇と凍結付与のレベルは十分に上げておく。
      なお状態異常はハーゲンティの覚醒スキルの毒対策ぐらいしかないので、リセット回数が残っていれば振り直すのもあり。
    • 凍結・めまいが全員に入る(ただ凍結はアモン・ベヒモス以外は入りにくいかもしれない)。マルコシアスの覚醒スキルで列にめまい・凍結をばら撒くなども有効。
  • 防御・回復する際のポイント
    • 非常に強力な攻撃が連発されるため、安定して受けられる方法を探すのが重要。
    • 高倍率攻撃は少ないため、ここでもブニ・ザガン等のダメージブロックは有効。
      ただしターン経過で攻撃力の上がるベヒモスなどもいるので、ダメージブロックできるラインをある程度把握し、基準を越えられる前に倒すこと。
      • MEやオーブ特性でのHP増加・ダメージ軽減も併用する。スキル強化があれば継続ターンを延長しつつ、無効化ラインを1.5倍にできる。
    • とくに危険な攻撃がアモン・ベヒモスなどアタックフォトンに集中しているため、アタックバリアも有効。
      • 軽減率が高いのはガープ奥義またはグレモリー奥義が該当。ただしアモン奥義により覚醒減少で邪魔されるため、チャージ強化を使って少ない手順で発動したり(ガープ)、
        場合によってはよりHPの低い前衛を置いて最初にそちらを囮にする(ヴィータ体AIはHPの低い敵を狙う傾向)なども。
      • マルコシアスの覚醒スキルや、ベヒモススキルなどは軽減できず一気に削られるので注意する。
    • 強化解除手段はないため、無敵・ダメージブロック・アタックバリア等をある程度安定して張りつづけられる状況にいったんなれば、比較的安定させやすい
      • 所持していればケイブキーパーを2個持ち込んで交互に使うなども有効(代用としてダメージブロックのRソーンモンスターやSRヘルヘブンなども)
    • ワントップかツートップ程度を組む場合、後衛に攻撃してくるハーゲンティが意外と厄介になる(とくにかばえない奥義)
      列・全体回復が手軽にできない場合は、SRホーリーフェイクやSRウォールバスター等の列バリアも対策になる
  • その他
    • イベント効果による攻撃力上昇があるため、強力な連続攻撃(代表的なものはニバススキル)を全体化するなどは有効
    • 地形が有効なため、突風にしてアスモデウス奥義、滞水にしてバエル奥義などを全体化とともに使ってのクリア報告もあり
    • 氷結の地形効果によって、全員の攻撃力を25%ダウンできるためとくに連撃を受けやすくなる

有効な妨害手段

詳細な検証は折り畳みの「耐性一覧表」にまとめています(情報の提供・反映もそちらへ)。
特に有用と思われるもののみ表外に抜粋して紹介。

  • ベヒモス:
  • アモン:
  • ハーゲンティ:
  • マルコシアス:
  • 備考:ハーゲンティとマルコシアスの凍結耐性は高め。イベント効果による凍結はあまり期待できない
+  耐性一覧表
+  参考:初回開催時点の情報

コメントフォーム [編集]

クリア編成報告用フォーム [編集]

クリア編成報告(パーティ全員のキャラ・オーブ情報を含むコメント)の際にご利用ください。

+  クリア編成報告用フォームを開く

攻略情報フォーム [編集]

攻略やドロップ等の情報提供、ページ編集の報告・連絡・相談の際にご利用ください。
各攻略メモ内の「耐性一覧表」編集が難しい場合は、(表で未検証の)耐性に関する情報提供もこちらのフォームから行えます。
※上記と直接関連しない話題については、後述の「その他のコメント用フォーム」へお願いいたします。

+  攻略情報フォームを開く

その他のコメント用フォーム [編集]

各種の意見交換・雑談(本イベントの話題から逸脱しない範囲)の際にご利用ください。
※2019/7/25より

+  その他のコメント用フォームを開く

※クリア編成報告フォームは、通常コメントの上部に移動となりました。(2019/2/6~)


*1 一度に必ず2個出る
*2 フィールド素材だがボスドロップ

添付ファイル: fileevent20181213.png 52件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-17 (火) 21:47:57 (2d)