Vepar.png

敵ステータス [編集]

ウェパル(バースト/トルーパー/覚醒ゲージ6) [編集]

  • ステータス
    難易度状態HP攻撃力防御力速度特性種族
    N(Lv60)通常276771309665684「セイレーンの涙」
    [8,000以上]のダメージを1回で受けると攻撃力3倍の3連続ダメージで反撃し、与えたダメージの100%を吸収する
    飛行
    海洋生物
    大幻獣
    H(Lv70)通常321391602693751[7,000以上]
    VH(Lv70)通常368641930720822[5,000以上]
  • スキル・覚醒スキル・奥義
    難易度スキル覚醒スキル奥義
    フラッドウェイブウンディーネの激情オーシャンティア
    N(Lv60)ランダムな敵単体に攻撃力1倍のダメージ。さらに7ターン後、[3倍]で弾けるハイドロボム重を付与する敵全体に攻撃力1.3倍のダメージ。さらに3ターン後、0.5倍で弾けるハイドロボム速を付与する敵全体に2ターン後、0.5倍で弾けるハイドロボム速を付与。ランダムな敵単体に7ターン後、[5.5倍]で弾けるハイドロボム重を付与
    H(Lv70)[4.5倍][6倍]
    VH(Lv70)[6倍]

アンダインA~B(ラッシュ/スナイパー/覚醒ゲージ4) [編集]

  • ステータス
    難易度状態HP攻撃力防御力速度特性種族
    N(Lv56)通常4748879743353「水霊」
    受けるダメージを[50%]軽減する。さらに毎ターン終了時、覚醒ゲージを[+1]する
    海洋生物
    H(Lv65)通常65181110891424[65%]/[+2]
    VH(Lv70)通常699712151090470[80%]/[+2]
  • スキル・覚醒スキル・奥義
    難易度スキル覚醒スキル奥義
    トランスドロップアクアブレイクアクアプレッシャー
    N(Lv56)味方前列にスキルフォトンを1つ追加する。さらに持っているフォトンをスキルに変化させる敵全体に攻撃力1.3倍のダメージ。さらに[70%]の確率で、敵に積まれているフォトンを1つ破壊する敵全体に掛かっている強化を解除し、さらに70%の確率で、2ターン後、0.5倍で弾けるハイドロボム速を付与する
    H(Lv65)[85%]
    VH(Lv70)[100%]

攻略の基本となる情報 [編集]

ボスと取り巻きのどちらから倒すか [編集]

取り巻きのHPは一見すると低く見えるものの、特性によってダメージ軽減を持ちます。
この軽減量も難易度に応じて上昇していきますが、かりにNであってもダメージ50%軽減とかなり大きい数字になっています。

先に取り巻きを倒してからボスと相対しようとすると戦闘が長引きやすく、そのあいだに後述のHボム重で大ダメージを受けて戦線が崩れやすいです。
そのため、基本的にはボスから倒す方が安定する場合が多いと思われます。

ただし固定ダメージや点穴を使う場合は、高難易度でも取り巻きを先に倒すこともできます。
とくに無敵や蘇生手段もあわせて用意できる場合には有効な戦術となりえるので、手持ちに応じてどちらを先に狙うかを考えましょう。

ハイドロボム重への対策を考える [編集]

この戦闘では、ボスが付与してくるハイドロボム重(Hボム重)にどう対処するかが重要です。
「速」の方は倍率が低いこともあって、それほどダメージの脅威はありません。
あとは取り巻きの覚醒スキルの全体攻撃がやや痛いものの、それを除けば重ボム以外では通常アタックぐらいしか敵には攻撃手段がありません。

ただしHボムは現時点では解除手段がないこともあり、一度「重」を付与されてしまうと大ダメージが確定します(ボスを倒してもHボムは消えません)。
よって、Hボム重を付与させないか、もしくは付与されることを前提とするか、どちらかを軸に対策を考えることになります。
(参考:ハイドロボムの仕様やダメージ計算の詳細

感電でスキルを封じる [編集]

ボスはスキルと奥義の二種類でHボム重を付与してきますが、ゲージが6とそれなりに長いため奥義までには時間がかかります。
とくにH以上になると取り巻きの毎ターン覚醒が+2になるため(Nでも+1)、覚醒状態になった取り巻きが優先して奥義・覚醒スキルを使ってきます。
そのためボスが(もちろんフォトン運にもよりますが)奥義を使ってくるのはかなりターンが経過してからです。

よって、感電を入れてボスのスキルさえ封じることができれば、Hボム重を撃たせずに(もしくは撃たれても1回程度で)倒すことも可能になります。
ただし難易度によって敵の素早さや感電耐性が変わる点には注意が必要です。

  • 難易度N
    • 体感ですが感電耐性は低めに設定されているようです。とくにシャックスをリーダーにした場合(ME含めて感電確率90%)、かなりの高確率で成功します。
      また素の素早さではLv70シャックスでもボスを上回れないものの、R火殻竜を装備すれば先手を取れるため、スキルを使われる前に感電させられます。
  • 難易度H
    • Nに比べると感電耐性がかなり上がる印象がありますが、それでも耐性60%未満であることは確認できています(SSRグラディエーターの60%で失敗表記)。
      シャックスに常に多めにスキルを積むことを意識すれば、感電を維持して戦える場面も多いです。
      ただしシャックスにLv最大のR火殻竜を装備しても素早さがボスと同一の751となり、どちらが先手を取れるかはランダムになってしまいます。
  • 難易度VH
    • 感電耐性がさらに上がり、60%以上70%未満*1となります。かりに60%としても、リーダーシャックスで30%しか入らず、かなり運要素が強くなります。
      また敵の先手を取るのが難しくなり、戦闘開始時に初手から感電などは難しくなります。VHでは別の戦い方を主にした方が良いでしょう。

無敵・蘇生を使う [編集]

Hボム重を付与されることを前提とした場合、無敵や蘇生を使うことを考えた方が良いでしょう。
スキルの方のHボム重は、Hの4.5倍ぐらいまでならキャラによっては耐えられますが、
VHでは奥義と同倍率の6倍となり、同時爆破補正も加わってしまうとまともに耐えるのが難しいです。

ボスのスキルはランダムターゲットなものの、幸いかばうの対象にはなるため、盾役にある程度Hボムを集中させることができます。
また同手段でのHボムは重複付与されないため、その意味でもかばうは有効です。
タイミング良く盾役をSRケイブキーパー等で無敵にできれば、ノーダメージで爆発をやり過ごせます。

ただし実際には、かばう前に他キャラにボム重を付与されたり、強化解除でかばう・無敵を剥がされたりなど、
安定させるには難しい要素がこの戦闘には多くあります。

そのためとくにVH攻略の場合は蘇生手段も持ち込み、運悪く倒されたキャラは蘇生する前提の方がいいでしょう。
また蘇生役にHボム重を付与される可能性も常につきまとうため、できれば蘇生手段は複数のキャラに持たせることをおすすめします。

ボスへのダメージの与え方 [編集]

ボスは一撃で一定以上のダメージを受けると強力な3連続反撃攻撃を行ってきます(難易度Nで8000以上・Hで7000以上・VHで5000以上)。
喰らえばほぼ即死かつHPを回復されてしまうのでゴリ押しはあまり現実的ではありません。
そのためどのようにダメージを与えるかを事前に考えておく必要があります。

以下に幾つかの例を示しますが、実際にはこれら複数の手段を組み合わせての攻略もおすすめです(例:固定ダメージで削って点穴でとどめを刺すなど)。

中程度のダメージを繰り返す [編集]

反撃ラインを超えない程度のダメージを与えられる中火力の奥義・覚醒スキルを繰り返し使う方法です。
奥義を複数回使う関係上、できれば覚醒ゲージ数が少なく連発しやすい奥義が向いています。

ただし難易度が上がるにつれて最大HPが増加する一方で、反撃ラインが低下していきます。
そのためVHだと、たとえば4000程度のダメージでボスを倒そうとすると10回近い攻撃が必要になり、かなりの手間がかかります。
どちらかといえばN~H程度までに向いた攻略と言えるでしょう。

固定ダメージを使う [編集]

レベル依存の固定追加ダメージと連撃を組み合わせて使う方法です。
敵の特性は一回のヒットでのダメージにしか反応しないため、多段ヒット系の攻撃による総ダメージでは反撃は発動しません。

そこでアスタロト・アンドレアルフス・ウァレフォル・ウヴァル等の固定ダメージ持ちと、
連続攻撃が得意なキャラクターを組み合わせて使って攻撃します。
なお連続攻撃が得意なキャラについては、ステージ49の地龍アテルラナ攻略もあわせて参考としてください。

またこの固定ダメージ持ちの戦術を取れる場合、敵のダメージ軽減特性を受けないため、取り巻きを先に倒すこともできます。

点穴を使う [編集]

ボスのHPはVHでも36864のため、Lv65程度の点穴Lv100攻撃×2で撃破できます。
またベリアルを使う場合、Lv70&点穴Lv100からの固定砲台2発で残り664まで削れるため、適当な攻撃が他にあれば倒せます。

ただし、どちらの場合も一回目の攻撃に対しては反撃が発生してしまいます。
そのため、この一回目を担当するキャラには、無敵をかけておく必要があります。
ただし取り巻きが奥義で強化解除を行うため、攻撃前に素早さの高いキャラからかけるか、取り巻きの行動後に遅いキャラでかけてターンを跨ぐなど工夫が必要です。
アムドゥスキアスやRシェルドレイク等の2回バリアを使って3発目は耐える方法も取れなくはないですが、(3発目のHP吸収が発生するため)さらに攻撃回数が必要となる点で不向きでしょう。

なおLv70で点穴Lv60あれば7200ダメージが出せるため、取り巻きを先に倒すこともできます。

一撃で倒せるだけの大ダメージを使う [編集]

一撃で倒せるだけの大ダメージを与えることで、反撃を受けずに撃破することも可能です。
とくにバエルは海洋生物にダメージが2倍になる特性を持つため、育成できれていれば一確可能です。

ただし、ボスは飛行特性(地形無効)を持つため、滞水を利用してさらにダメージを2倍に伸ばすことはできません。
よって一撃で倒すにはある程度のバフをかけることが必要となります(強化解除には注意)。

これはアタック強化、種族特効が25~35%前後、攻撃力上昇が50~65%程度が併用できればVHでも一確に到達できる計算になります。
具体的には、SSR水樹ガオケレナLv5(種族特効31%)装備なら攻撃アップ62%、ガオケレナLv11(37%)なら攻撃58%、RミステリートーチLv11(24%)なら攻撃67%が必要です。
※いずれも最大限に下振れしても一確するのに必要なラインでの計算。またバエルのLvは70かつ奥義Lv3にしておくこと。

その他のポイント [編集]

地形ダメージについて [編集]

固定ダメージ・点穴のほか、地形ダメージについても取り巻きのダメージ軽減特性の対象外となります。
取り巻きに効率よくダメージを与えたい場合の選択肢の一つになります。

有効な状態異常・弱体 [編集]

難易度によって耐性が変化するものの、前述の感電以外にも入る状態異常は多いため、手持ちにあわせて試しても良いでしょう。

+  状態異常・弱体に関して寄せられた情報

攻略案の紹介 [編集]

実際の攻略案の紹介です。なお手持ちキャラクターやオーブ、育成度合や難易度、さらに場に出るフォトンの種類によって状況が変わるため、
同じ方法での攻略を保証するものではないのでご了承ください。

初期配布での攻略 [編集]

1章までの配布キャラおよびEXオーブなしでのノーマル攻略例です。

+  詳細

コメントフォーム [編集]

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 個人的にこれの高難度が、後列の嫌がらせが酷くて、何ヶ月かメギドをしていて、もっともストレスに感じたのですが、運ゲーにならずに勝てる方法ってあるのですか……? -- {KTROoYwNhqM} 2018-10-23 (火) 19:22:31
    • 手持ちに寄りますけど固定ダメ連撃パーティならめちゃくちゃ楽にクリアできましたよ。取り巻きHP7000切ってるのでフラウロスの覚醒スキル二回(固定700×5×2)で一掃できました。パイモンリーダー、ゼパル、アンドレアルフス、フラウロス全員星6……というガチガチ編成だったので参考になるかは分からないですが……。 -- {bK0.kRKIHGk} 2018-10-23 (火) 19:39:07
    • 後列を素早く倒してハイドロ重が弾ける前に勝負を決めるなら、連撃型+固定ダメージの組み合わせや点穴の活用かな。
      特に後列を片付ける点で言えば、Lv65~70の点穴60~70で確殺ラインに届くから、バフォメットなどの点穴を高速で溜められるタイプなら奥義撃たれる前に片付けるのは不可能じゃない。
      ボス本体については強化解除してくる後列さえ居なければ、上で出てる攻略法がやりやすくなると思うから、手持ちで向いた編成を探りやすくなる筈。 -- {HM.r0C4WcLE} 2018-10-23 (火) 19:47:54
    • 盾はVHなら基本的に後攻できるから後列の奥義食らってからかばうの張り直しが出来る関係上フォトン振りに気を付ければかばうで重の付与を盾に集めるのは割りと楽
      ケイブキーパーやロノウェ奥義で起爆をしのぐなり後からメイジマーマンで蘇生させるなりで耐久も割りと安定して成立する
      後は単にスキル強化ニバスや固定ダメ付与ゼパルとかで速攻も可
      この場合高速で奥義撃たれそうならそっちターゲットに切り替えればいいだけなので割りとなんとかなる -- {keMpw7WFpxA} 2018-10-23 (火) 20:01:56
    • 私のVH突破は最終的にバエルワンパン戦法でしたが、重ボムは複数蘇生役で爆発した後で対処できるようにしてできるだけ盾役に引き受けさせ、2ターン目にはボスを落とすことで対応しました。ボスの攻撃力と重ボムあっての運ゲーなのでボスを処理して重ボムが消えればほぼ勝てるという思想ですね。 -- {BgPqD4x258.} 2018-10-23 (火) 21:21:36
    • 皆さまアドバイスありがとうございます。安定した方法もあるのですね。わたしは意地で連戦して、運ゲーを制した無様な勝ち方でしたので、挙げていただいた戦法を試せるメンバーが育ったら、いつかまた再戦してみたく思います。重ねて、ありがとうございました。 -- {KTROoYwNhqM} 2018-10-23 (火) 22:50:03
      • 書き損ねましたが木主です。 -- {KTROoYwNhqM} 2018-10-23 (火) 22:50:41
  • ここで聞いていいのか分かりませんが、オーブのアンダインはボスか取り巻きのどちらからドロップしますか?リタマラしたいので・・・ -- {buma.On3wI.} 2018-10-24 (水) 14:49:38
    • 自己完結しました -- {buma.On3wI.} 2018-10-25 (木) 09:24:18
  • 一応VHまでウェパルに煉獄が入るのを報告しときますね(耐久戦で勝ってしまった -- {rsLJ6dsygf2} 2018-10-25 (木) 09:15:50
  • 取り巻きにVHでめまいが入るとありますが確率表記なしのグールでも無効でした -- {DkoV1q3uq1Q} 2018-10-25 (木) 12:35:33
  • Nウェパルにガープの反撃でめまいが入ることを確認しました -- {86eqlEQ5.xE} 2018-10-26 (金) 10:12:51
  • VHにてボス、とりまきともに毒が入りました。ボスに対する成功率はデカラビアのスキル+(80%)で8回中4回成功、オーブによる確率表記なしの毒は2回中1回成功、非束縛時のジニマル覚醒スキル(50%)で失敗表記だったことからおそらく30%前後の耐性だと思われます。毒単独での攻略は現実的ではありませんが煉獄の炎と合わせると最大20%のスリップダメージになるのでスリップダメージのみをダメージ源として耐久しての金冠も可能でした。(デカラビア、ブニ、ジズ、アスモデウス 、ベレト、ソルシエール2つ) -- {a8RuuqD8UW2} 2018-10-28 (日) 09:16:02
  • VHにてアンドロマリウスの覚醒スキルでの凍結が入りました -- {QF6CKl4MJ8A} 2018-10-29 (月) 11:24:39
    • すいません、間違えました 難易度Hでした -- {QF6CKl4MJ8A} 2018-10-29 (月) 11:26:57
    • 凍結したのはボスです 度々すみません -- {QF6CKl4MJ8A} 2018-10-29 (月) 11:27:47
  • VH後衛にオリアス奥義での凍結は『無効』でした。ボスには打っていないのでわからないです。 -- {h2uNdLcw/qg} 2018-10-29 (月) 23:48:24
  • Nにてマルコシアス、ウヴァルのフォトン容量低下が入ったことを報告します。
    失敗無効がなかったのでNなら高確率で容量低下は入るかもしれません。 -- {V7y29a/d0WI} 2018-11-14 (水) 15:45:48
  • 書き忘れていました。Nウェパルにです(容量低下 -- {V7y29a/d0WI} 2018-11-14 (水) 18:20:42
お名前:
※コメントフォームをご利用の際には、コメントガイドラインをご確認ください。またコメントでは空白行は反映されません。

*1 SSRグラディエーターを使うと無効表記になるが、シャックスリーダーで使うと失敗表記になるため。

添付ファイル: fileVepar.png 9件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-30 (火) 11:03:10 (22d)