juggernaut.png

敵ステータス [編集]

ジャガーノート(バースト/スナイパー/覚醒ゲージ10) [編集]

  • ステータス
    難易度状態HP攻撃力防御力速度特性種族
    N通常219581020180410「戦魔の御位」
    火と雷ダメージを[50%軽減]。自身に付与されたHボムが2つ以上で被ダメージが200%上昇。攻撃を受けると[攻撃力1.5倍の反撃]
    物体
    悪魔
    大幻獣
    H通常421371507288574[80%軽減]/[攻撃力1.5倍の反撃]
    VH通常621471736337631[100%軽減]/[強化解除、攻撃力2倍の反撃]
    EX通常950002091390690[100%軽減]/[強化解除、攻撃力4倍の反撃]
  • スキル・覚醒スキル・奥義
    難易度スキル覚醒スキル奥義
    アハトゥングユーバーファルアオスブルフ
    N前列の味方単体の覚醒ゲージを[+1]する。さらに[40%]の確率でスキルフォトンを1つ追加する敵全体に攻撃力1.3倍の火ダメージ。2ターンの間、炎上の地形効果で1倍の継続ダメージを与える前列の味方単体のHPを100%回復させ、覚醒状態にする
    H[+2]/[50%]
    VH[+2]/[60%]
    EX[+2]/[70%]

炎器シュペーア(バースト/トルーパー/覚醒ゲージ7) [編集]

  • ステータス
    難易度状態HP攻撃力防御力速度特性種族
    N通常649090162371「鋭く尖った赤鉄」
    付与されているHボム1つにつき被ダメージが150%上昇(最大450%)。戦闘不能時、後列の奥義効果が【槍】なら、効果を初期に戻す
    物体
    H通常114171332100520
    VH通常140471535117571
    EX通常224641665135625
  • スキル・覚醒スキル・奥義
    難易度スキル覚醒スキル奥義
    緋の燃威紅蓮の燃威業炎の構え【槍】
    N敵単体に攻撃力0.7倍の火ダメージ。さらに70%の確率で、敵を煉獄の炎状態にする(永続)敵全体に攻撃力1倍の火ダメージ。さらに50%の確率で、敵を煉獄の炎状態にする(永続)後列の奥義変化。覚醒状態。アタック1つ追加。後列にチェイン
    【後列優先で敵単体に7倍のダメージ。敵が煉獄の炎状態なら即死】
    H
    VH
    EX

炎器デーゲン(バースト/ファイター/覚醒ゲージ7) [編集]

  • ステータス
    難易度状態HP攻撃力防御力速度特性種族
    N通常6490102062327「薄く鋭利な赤鉄」
    付与されているHボム1つにつき被ダメージが150%上昇(最大450%)。戦闘不能時、後列の奥義効果が【剣】なら、効果を初期に戻す
    物体
    H通常114171507100457
    VH通常140471736117503
    EX通常224641881135550
  • スキル・覚醒スキル・奥義
    難易度スキル覚醒スキル奥義
    緋の太刀風紅蓮の太刀風業炎の構え【剣】
    N敵単体に攻撃力0.7倍のダメージ。2ターンの間、突風の地形効果で0.25倍の継続ダメージを与え、火に弱くする敵全体に攻撃力1倍のダメージ。3ターンの間、突風の地形効果で0.25倍の継続ダメージを与え、火に弱くする後列の奥義変化。覚醒状態。アタック1つ追加。後列にチェイン
    【敵全体に攻撃力3倍の火ダメージ。2ターンの間、攻撃力が100%低下】
    H
    VH
    EX

炎器アクスト(バースト/ファイター/覚醒ゲージ7) [編集]

  • ステータス
    難易度状態HP攻撃力防御力速度特性種族
    N通常6490117751282「重く無骨な赤鉄」
    付与されているHボム1つにつき被ダメージが150%上昇(最大450%)。戦闘不能時、後列の奥義効果が【斧】なら、効果を初期に戻す
    物体
    H通常11417173883395
    VH通常14047200397434
    EX通常224642171113475
  • スキル・覚醒スキル・奥義
    難易度スキル覚醒スキル奥義
    緋の戦塵紅蓮の戦塵業炎の構え【斧】
    N敵単体に攻撃力0.7倍のダメージ。さらに2ターンの間、敵の素早さを100%低下させる敵全体に攻撃力0.7倍のダメージ。さらに2ターンの間、80%の確率で、敵の素早さを100%低下させる後列の奥義変化。覚醒状態。アタック1つ追加。後列にチェイン
    【敵全体に攻撃力3倍のダメージ。敵に掛かっている強化を解除する】
    H
    VH
    EX

炎器シルト(バースト/ファイター/覚醒ゲージ7) [編集]

  • ステータス
    難易度状態HP攻撃力防御力速度特性種族
    N通常6490667197267「硬く分厚い赤鉄」
    付与されているHボム1つにつき被ダメージが150%上昇(最大450%)。戦闘不能時、後列の奥義効果が【盾】なら、効果を初期に戻す
    物体
    H通常11417985316374
    VH通常140471134369411
    EX通常224641230428450
  • スキル・覚醒スキル・奥義
    難易度スキル覚醒スキル奥義
    緋の護り紅蓮の護り業炎の構え【盾】
    N2ターンの間、味方後列の防御力を50%上昇させる2ターンの間、味方後列の防御力を100%上昇させる後列の奥義変化。覚醒状態。アタック1つ追加。後列にチェイン
    【敵全体に防御力10倍のダメージ。自身への攻撃3回無効】
    H
    VH
    EX

攻略の基本となる情報 [編集]

武器に応じた奥義をボスが発動 [編集]

ジャガーノートの取り巻き4体は、それぞれ槍・剣・斧・盾の形状をしており、ボスの武器にもなっています。
取り巻きが奥義を発動すると、ボスが覚醒状態になってアタックが追加され、各武器に応じた奥義で攻撃してきます。
(覚醒スキルの発動が割り込む場合はあり)

取り巻きはいずれもゲージ7と長めで本来は奥義発動まで時間がかかるのですが、
ボスが非常に高い優先度でスキルフォトンを取り、このスキルによって前列単体のゲージを+2(Nのみ+1)してきます。
よって、2~3ターン目などかなり早い段階で強力な奥義が飛んで来ます。

また高難易度になると(盾以外の)各種武器の通常スキル・アタックも痛いものとなり、
くわえて(ボスのスキルによって)スキル追加が多数起こるため、手数自体もかなりものになります。

これらの攻撃を凌がなければならないかわりに、敵はHボムという明確な弱点を持ちます。
そこを突いていかに効率よくダメージを与えるかがポイントになります。

Hボムを付けるとダメージ増加 [編集]

この戦闘ではボスは2個以上、取り巻きは1~3個のハイドロボム(Hボム)が付与されると受けるダメージが増加する特性を持ちます。
ハイドロボム自体の解説はこちら
またボスは難易度が上がるにつれて反撃が強力となり、EXになると一回の反撃でほぼ即死・瀕死に追い込まれます。

これらを踏まえての攻略として、大きく以下の二通りがあります。

  • Hボム自体の爆破ダメージで撃破する
  • Hボム付与時のダメージ増加を生かして、強力な一撃で撃破する

いずれの場合も、Hボムを付与することが攻略の鍵となる点では共通しています。

+  ハイドロボムの手段一覧

Hボムの爆破による攻略 [編集]

Hボム付与時にダメージが増加する特性は、ボム自体の爆破ダメージにも乗ります。
これを利用して、威力の高いHボム重を複数爆発させる攻略法です。
※手持ちや育成状況によってこちらの攻略が難しい場合は、後者のダメージ増加のみを利用する方法がおすすめです。

基本的には、ジャガーノートに重を3個付け、取り巻きに速をつけて爆破補正を稼ぎつつ誘爆させる形になります。

ジャガーノートへのボム付与 [編集]

  • ウェパルBのスキル(重/3倍/90%/後列優先)※確率はMEで+10%
  • ウェパルBの奥義(重/6倍/100%/後列優先)
  • シトリーRの覚醒スキル(重/4.5倍/100%/後列優先)

上記はいずれも攻撃を伴わないため、反撃を受けずにジャガーノートにボムを付与できます。
※フラウロスBも重を付与できますが、反撃を受けるため不向き。倒されること前提で狙うことは可能だが付与確率80%のため安定はしない。

ただし、ウェパルBの奥義に関してはゲージ4と若干発動に手間がかかるため、
できれば専用オーブである氷龍帝オロチ(自身を覚醒状態&アタック追加)を3ターン目に用いると良いでしょう。
オーブの特性であるHボムのダメージ上昇も有利に働きます。

取り巻きへのボム付与 [編集]

取り巻きへのボム付与に関しては幾つかのパターンが考えられますが、以下の点を意識すると良いでしょう。

  • ボスの重を誘爆させるために、中央寄りの2体(剣・斧)のいずれかには必ず速を付与する
  • 爆破補正率を上げるために、できれば列でボムを付与できる技・オーブがおすすめ
  • オートターゲット時の挙動を意識する

最後のオートターゲット時の挙動について補足しておきます。
オートターゲットでは、重ボム役の二人(ウェパルB・シトリーR)はトルーパーで後列優先のため、ボスを優先して狙います。
この際、速ボム役としてファイター・スナイパーを用いれば、こちらは前列優先のため、同ターンに取り巻きへの付与も狙えます。

速ボム役としては、80%ですが列付与できるヒュトギン、スキル・奥義ともに確定付与のヴィネRが挙げられます。フラウロスBを使う場合、1ターン目に前列を指定してスキルを使い、2~3ターン目にボスへの重付与を行う流れが良いでしょう。

速ボムではありませんが、フォラスにSSR終告賽クライスを持たせると3ターン目に使用でき、同時爆破補正の上昇に一役買います。

EXでのボス一確に必要なボム量目安(参考) [編集]

※計算上の誤りがある場合は修正・ご指摘お願いします。

いずれもLv70のウェパルBのスキル・奥義、シトリーRの覚醒スキルによるボム重3個をジャガーノートに付与し、
なおかつ盾のスキルによる防御力上昇(50%)とウェパルB奥義による防御力低下(奥義Lv3で24%)の両方が適用されている場合(防御力444)、ボム爆破による単純ダメージ(敵の特性込みで)は42579となります。
ボスのHP95000を削る場合、同時爆破補正が2.231以上必要なので、これだけだと13個の同時爆破が必要です。

一方、氷龍帝オロチLv5装備の場合、必要な爆破補正値は2.041となり、11個の同時爆破で済みます。
星2Lv8まで育成できていれば2.004となり、両隣のボム速2個分のダメージも含めれば10個の爆破で済みます。
※星3Lv11の場合は1.968で、必要個数は10個と変わりません
11個の場合、取り巻き4体に2種ずつボムが付いていれば、それで足りる計算です。

またヒュトギンは奥義で、Hボムのダメージを30%(+で40%)伸ばすことができます。
ただし、すでに付与されているボムにしかこの効果は乗らないため、奥義を使うタイミングには注意してください。

Hボム錬の試算 [編集]

  • アイムR・ウェパルB・シトリーRは全員Lv70
  • 上記と同じく敵防御力444を想定
  • 氷龍帝オロチはLv5(14%)

以上の条件で、7.6倍のボム錬(ウェパルBスキル+シトリーR覚醒スキル)にウェパルB奥義・同時爆破補正1.7で一撃です。
ただし同時爆破補正1.6(ボスに2個、取り巻きに各1個)でも94000程度与えられるため、オロチのLvを上げたり、シトリーRの攻撃などを加えれば倒しきれます。
ボム錬で注意したいのは、錬成時にボムが減る点です。爆破するターンに錬成だけで終わらせるとボスの特性のダメージ上昇が働かないので、アイムRの行動後に誰かがボムを付与するようにしましょう。

Hボムのダメージ増加のみを利用する攻略 [編集]

ジャガーノートは物体・悪魔・大幻獣と多数の種族を持ち、なおかつ後列のスナイパーです。
そのため種族特効を生かしやすく、またトルーパーのクラス補正1.5倍も有効です。

これらを利用して、さらにHボム付与時のダメージ増加特性も合わせれば、反撃を受けずに一撃で倒すこともできます。
とくに種族に悪魔が含まれるため、配布かつ育成率が高いと思われるマルコシアスでも攻略しやすいのもメリットです。

攻略案におけるダメージ計算について [編集]

以下、EXでも通じる幾つかの攻略案を紹介しますが、いずれもジャガーノートにHボムが2個以上(速・重は問わない)が前提となります。
また盾のスキルで簡単に防御力が50%上昇することから、いずれも防御力1.5倍時点で試算しています。

マルコシアスによる攻略 [編集]

悪魔へのダメージ2倍特性を持つ、マルコシアスの奥義による攻略です。

+  マルコシアス奥義でのEXボス一確条件

後述のグラシャラボラス、ビフロンスに比べると取り巻きの掃討が苦手ですが、列・全体化等と併用すればある程度は対応できます。
ただしボスさえ倒してしまえば戦況は安定させやすくなるため、いきなり全敵の同時撃破は無理に狙わず、
まずはボスを倒してから落ち着いて残りを片付けるのが良いでしょう。

グラシャラボラスによる攻略 [編集]

物体へのダメージ2倍特性を持つ、グラシャラボラスの奥義による攻略です。
取り巻きも種族が物体であるため、奥義の全体攻撃によってあわせて倒すことができます。

+  グラシャラボラス奥義でのEXボス一確条件

ただしグラシャラボラス攻略は意外と注意点も多いです。
覚醒ゲージが6と長いのですが、それを溜めるためにアタックを使うとなると、前列指定しないとボスの反撃を受けてしまいます。
よって、ゲージを溜める段階では「ボスを狙えない=Hボムの付与ができない」という状況になりがちです(チャージが多数出ればいいですが)。

対策としては、アイムMEで開始時ゲージを+2する(ただし必要攻撃バフが88%に上がる)、
SR災厄の魔櫃(チャージ2個追加)、R地龍アテルラナ(自身アタック追加)、Nいたちブラスター(単体アタック追加)などでの奥義発動の補助があります。
それでも集中攻撃で落ちやすいなどリスクは比較的大きめで、安定よりは(リタイア前提での)高速周回向けと言えるかもしれません。
※さらに安定させやすい条件などあれば情報募集中

ビフロンスによる攻略 [編集]

ビフロンスは特性での種族特効こそ持ちませんが、
単体への4連撃という強力な奥義と、1.5倍のクラス補正があることでかなりのダメージを出すことができます。

+  ビフロンス奥義でのEXボス一確条件

キャラクター特性での種族特効がないため、単純な攻撃力バフ要求量は多いです。
ただし、ビフロンスは自身MEが奥義ダメージには影響しないもののため、他キャラのMEで単体or連続ダメアップなどを載せれば必要量は下がります。また、ビフロンス自身が流水のまじない師を持てるのでボムに割く枠を圧縮できるのも利点です。
また詳細は後述しますが、取り巻きから片付けるのであれば、ボス一確にこだわらずに補助火力を併用してもOKです。

ラウムによる攻略 [編集]

ラウムもビフロンス同様に特効こそ無いものの奥義で単体への3連撃・1.5倍のクラス補正と好条件が揃います。
ビフロンスよりも攻撃1回あたりの倍率が高く、ラウム自身のMEで奥義を強化出来るため、攻撃力バフ要求量はやや少なくなります。

+  ラウム奥義でのEXボス一確条件

ラウムME以外にも選択肢は幅広いです。例えば効果の高いカスピエルME(単体ダメ+15%)を採用するのも手でしょう。
あえてグラシャラボラスME(防御無視かつ単体ダメ+10%)を利用する場合、必要バフは39%まで下がります。
自身のスキルや特性のおかげで覚醒しやすく、アイムMEを利用すれば実質ゲージ3となるのも長所と言えます(この場合はアイムME分を含めずバフ71%が必要)。
一方でラウムが範囲攻撃を持たないため、取り巻きの掃討に難があります。

補足事項 [編集]

ボスへのボム付与手段 [編集]

奥義等でのボス撃破を狙う場合、ボスに付与するボムは速・重を問いません。
またメイン57~60のH/VHクリア・サルガタナス加入後のミッション報酬で入手できるSSR流水のまじない師はレベルを上げると付与確率が100%になります。

ラッシュトルーパー2人に持たせると、オートターゲット時でもボム2個付与が可能です。
なおナベリウスなら毎ターン使用できますが、同キャラかつ同手段でのボムは重複しないため、それだけで2個付与することは不可能です。

取り巻きから倒す手もあり [編集]

グラシャラボラス・ビフロンスなどを軸に起用する場合、ボスから狙わずに取り巻きを先に一掃することも可能です。
スキル強化などを併用すればダメージを大きく伸ばせるため、早い段階でボス一体のみにできます。
ただし、ボスだけになるとアタックフォトンの処理が難しくなる点(ボスを攻撃すると反撃を受けてしまう)には注意が必要です。

その他のポイント [編集]

少しでも安定させるために [編集]

多くの討伐クエストに共通することではありますが、ジャガーノート戦も事故要因が多く、完全な安定攻略はなかなか難しいです。

なかでも起こりやすいものとして、Hボムの付与失敗や、斧スキルによる素早さ低下でバフ順orボム付与と攻撃順などが狂うなどがあります。
また剣奥義での攻撃力100%低下、斧奥義での強化解除、盾奥義での回数バリア3回など、奥義関連も攻略プランが瓦解しがちです。
もちろんフォトンの極端な偏りなども考えられます。

ある程度はリタイアなども視野に入れるしかないですが、長期戦になるほど想定外の問題が発生する機会も増えてしまうため、
少しでも安定させるにはボスか取り巻きのいずれかを、なるべく早い段階で倒してしまう方が良いでしょう。

ただ、Hボム爆破での攻略を考える場合にかぎっては、防御・回復に重点を置いての長期戦でもある程度は良いかもしれません(爆破1回での撃破にこだわらない)。
これはボムの爆破ダメージについては、攻撃力低下や強化解除などの影響を受けにくいためです。
長期戦の構えを取る場合には、取り巻き4体には覚醒減少が入るため奥義発動をなるべく遅らせたり、強力な奥義をSRホーリーフェイク等の範囲バリアで防ぐのも有効です。

特殊な攻略について [編集]

ここまで紹介したものとは別に、若干例外的な攻略も存在します。
幾つか箇条書きの形で簡単に紹介しておきます。単純にそのままの利用を推奨するものではないですが、他の攻略案との組み合わせなど参考にしてください。

  • 攻撃力低下による攻略
    • ボス・取り巻きともに攻撃力低下が入ることを利用。とくにリーダー&アタック強化のグシオン奥義などを使えば、EXボスの反撃も耐えられるようになる。
      難点として、攻撃力低下を維持し続けるのが大変なためかなりの持久戦になりがち。
  • 蘇生の繰り返しによる攻略
    • EXボスの反撃で倒されても、そのたびに蘇生を行って再度攻撃を行うもの。いわゆるゾンビ戦法。
      メイジマーマンを多数持ち込んだり、ユフィールフェニックスベレト等の全体蘇生の利用が考えられる。

捕獲について [編集]

EXだとどちらかといえば先にボスを倒す攻略が多くなると考えられることから、捕獲についてはVH以下で考えた方が良いでしょう。
VHだとおそらく確定で3個手に入ることから、できればVHで捕獲がおすすめです。

ただしVHだとHPが62147のため、バフ量に注意しないと逆に撃破してしまう点には注意しましょう。
たとえば前述のマルコシアス奥義による攻略だと、攻撃力上昇なしのアタック強化のみでも、HPのほとんどを削ってしまいます。
フォラスのスキル等で攻撃バフがかかると倒してしまいますし、特効やMEなどを外すなど調整が必要です。

なおVHであれば反撃は攻撃力2倍に留まるため、受けても即座に倒れるというほどではありません。
一撃でHPを調整することにこだわらず、適度な火力を何回か撃ち込む形でも良いでしょう。
またボム爆破の場合も、例に挙げた重3個の基本値が42000程度になるため、多少の爆破補正に留めるだけで十分となります。

有効な妨害手段 [編集]

評価一覧表 [編集]

※2019年9月21日より設置(あわせて情報募集中です)。

後述の検証データ(耐性一覧表)をもとに、各妨害手段の入りやすさについて評価した表です。
※すべての妨害を記載すると細かくなりすぎるため、表内の項目は主要なものに限定しています。

+  評価目安(表の見方)
  • 備考:
  • 備考:
  • 備考:
  • 備考:
  • 備考:

耐性一覧表 [編集]

※2019年9月21日より設置(あわせて情報募集中です)。

  • 耐性一覧表の編集に関して
    • 無効:無効表記が確認された命中率(上限)。より高い命中率でも無効が確認されたら更新。
    • 有効:成功/失敗が確認された命中率(下限)。より低い命中率でも成功/失敗が確認されたら更新。
    • ※例外として、耐性が最低でも1%あることが確認できた場合は、暫定的に無効1%とする。
+  耐性一覧表(N)
+  耐性一覧表(H)
+  耐性一覧表(VH)
+  耐性一覧表(EX)
+  反復試行のデータ

コメントフォーム [編集]

クリア編成報告用フォーム [編集]

クリア編成報告(パーティ全員のキャラ・オーブ情報を含むコメント)の際にご利用ください。

+  クリア編成報告用フォームを開く

通常コメントフォーム [編集]

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 書いてないけどアイムのスキルでも反撃されないね。ダメ低すぎるからかなって思ったけどダメージ表記すら出ないもんだっけ? -- {GS.R7GzxWqc} 2019-10-15 (火) 11:32:14
    • アイムってRアイムさん?
      そりゃダメージないから反撃は来ないよ、書かれてないのは単純に実装順の問題 -- {Xbr0625.1GA} 2019-10-15 (火) 11:36:12
  • 反撃には反撃できないのを利用してハックの反撃で倒しているやつがいた -- {1xRwAMDuV.6} 2019-10-19 (土) 11:49:03
  • Hボム付けずにグラシャバフ盛りでマジで捕獲簡単に行けるな。上で情報くれた人ありがとう -- {TG5j9l1z4lQ} 2019-10-20 (日) 21:31:17
  • こいつの亜種は絶対錬ボム使ってくるぞ、俺は詳しいんだ。 -- {1xRwAMDuV.6} 2019-10-21 (月) 23:59:49
    • 錬ボム、敵が使ってきても全然怖くなくない?いや使ってきてくれるなら嬉しいけど、倒すの楽だしオーブで錬ボム使えるようになるかもしれないし -- {52S4TP.0nGA} 2019-10-22 (火) 00:08:59
      • 逆に錬ボムで猶予を与えてくれるパターンもあるかもね
        部下が1ターン速ボムとかトンデモ倍率重ボムをばら撒いてきて、一定条件を満たすと本体が反撃で全体錬ボムをするとか -- {PEs73AuvHeA} 2019-10-22 (火) 00:34:59
      • アテルラナとかに近いギミックか、それはありそうだ。敵がHボム以外のダメージ手段を持たないのに条件が「こちらのHPが一定以下」とかどうだろう、要するにベルさん推奨ギミック -- {rZNH1NqL7sE} 2019-10-22 (火) 00:49:00
      • 初手に20倍の錬ボムをつけてくるクライスパターンもあり得る -- {Q77Wyeb90GI} 2019-10-22 (火) 02:19:49
      • それもはや重ボム、つか敵は重ボムで十分味方殺せるから練る必要が薄い -- {x1UnOEMDgUA} 2019-10-26 (土) 07:53:34
      • 割れ方が全然違うんだよなぁ -- {iB7BPu59O/k} 2019-10-26 (土) 08:24:20
  • 7-2の新キャラ使えば反撃気にしなくて済みそう
    突風に注意やが -- {FThEYFyF2Uw} 2019-10-30 (水) 09:10:37
    • 単体突風は全体地形おいて防げるから、覚醒スキルの全体突風に気を付けるぐらいかな -- {ASa235E7.mg} 2019-10-30 (水) 10:58:39
  • オリエンスのダメージ増加バレットを込めたレゼルボア持ちレッドウイングかけたCマルコシアス奥義で本体が1発で倒せました。検証の必要はあるかもしれませんが戦法として有用かもしれません -- {uDky9EB2t.k} 2019-11-02 (土) 19:43:54
  • 今のマルコシアスパーティの概ね敗北条件が①二、三ターン目にスキルフォトン二つずつ取れない②二ターン目斧盾奥義③三ターン目一巡目までに剣奥義④その他(二ターン目槍奥義でマルコシアスかフォラスが落ちる、二ターン目二巡目までにRシトリーに攻撃が集中して落ちる等)で結構リタイヤしてるんだけどみんなこんなもんなの? -- {0MbCKBoWK6c} 2019-11-04 (月) 08:38:52
    • マルコシアスアタッカー編成はオリエンスLで、2ターン目1順で先手取れて確殺できるようになったのでとても安定するようになったよ。まじない師とウェパルでボムつけたほうが手順楽。 -- {tPjn9m.O5eQ} 2019-11-05 (火) 04:33:31
  • Hボム主体でやってるけど基本スキルフォトン取らないと戦略的に成り立たないのに敵がスキルフォトンばっかり取っていくっていうこの噛み合わなさが辛い -- {cDrdIvJAxnQ} 2019-11-04 (月) 17:12:12
  • グラシャとヒュトギンで取り巻き排除した後のアタック処理をどうするかで悩んでたんだがあれだ、アロケルで寝てればいいのか…ヒュの覚醒スキルで誤爆だけ注意してればウェパルのH重2種とヴィネの3ボムを2回でEXでも割と安定して悪くない感じだ -- {RtKFJy7CDEU} 2019-11-10 (日) 02:29:16 New
  • 速ボム役にフォラスにクライスを持たせることがおすすめされてますけど、クライスは重なので誘爆はできないですよね。。 -- {txv8vVj7Nhw} 2019-11-11 (月) 19:07:30 New!
    • 確かに…「取り巻きへのボム付与」と速ボムがごっちゃになってるっぽいね。爆破補正の為に2ターン目でH重を列付与できるよーって話なんだろうけど… -- {RtKFJy7CDEU} 2019-11-12 (火) 02:58:44 New!
投稿にはガイドライン(詳細)への同意が必要です。
問題のある投稿への返信・反応は避け、禁止事項に触れるものはこちらの対応をお願いします。
お名前:
このコメントは、他の人が読んで嫌な気持ちにならないように気をつけています

添付ファイル: filejuggernaut.png 72件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-12 (火) 03:05:04 (9h)