#contents

*チュートリアル [#ya5f072f]

**デモ戦闘 [#z84d508d]

ゲームが開始すると最初に、自動でのデモ戦闘が始まります。
ここでゲームの仕組みを理解する必要はまったくありませんので、BGMや3Dモデルの動きなどを楽しみましょう。
戦闘は自動で敗北となり、その後あらためてプロローグが始まります。

**チュートリアルバトル1~5 [#j5d2382e]

まずはゲーム開始後にはじまるチュートリアルを進めましょう。
チュートリアルがかなり丁寧ではありますが、最初はフォトンの種類やスキル・奥義の仕組みなど、
一度にすべてを理解しきれないかもしれません。とはいえ心配する必要はまったくありません。

実際&color(red){''スマホゲーとしてはかなり複雑で、一発ですべてを理解できる人はほとんどいないでしょう。''};
でもあとでストーリーを進めていくうちに、なんとなくゲームシステムやキャラの特徴が頭に入ってきます。

なお4回目のチュートリアルバトル終わると、仲間を新たに召喚しますが、
このとき手に入るキャラクター(メギド)は''「シャックス」と「バルバトス」の2体で確定''です。

**オープニング~メインクエスト開放 [#q9d64728]

5回目のチュートリアルバトルと会話のあと、オープニングムービーが流れればチュートリアルは終了です。

なおオープニングムービーの歌はじつは、いわゆる''「メギド72言えるかな」''にもなっています。
ムービーが終了すると、メインクエストが開放されます。

*チュートリアル10連召喚(メギド2体確定) [#xae8596e]

メインクエスト開放と同時に、10連召喚が引けるようになります。
この10連は魔宝石を消費しない特別な召喚です(当wikiではチュートリアル10連と呼んでいます)。

このチュートリアル10連は、''ラッシュ・カウンター・バーストという3種類のスタイルのいずれかを選べます。''
※スタイルの特徴については、10連開放と同時に説明が流れます。

さらに&color(blue){''何度でも引き直しができて、2体はメギド確定でます。''};
キャラは最高3体まで出ますが、3体目は別スタイルが出ることもあります。
また、オーブについてはSRオーブまで(SSRオーブは出ない)となります。

いずれかのスタイルを選んで召喚を実行します。
内容が期待に沿ったものでなければ引き直しを選ぶと、召喚実行前の画面に戻れます。
この際、スタイル自体を別のものに変更することもできます。

このチュートリアル10連でどのスタイルを選ぶか、誰を狙うべきかについては、[[リセマラについて]]のページをお読みください。
またこの10連では召喚されないキャラクターもいるので注意してください(これについても上記ページで解説しています)。

*メインクエストを2-1までクリアしよう [#v625d1aa]

手に入った仲間を編成して、メインクエストを進めていきましょう。
メインクエスト2-1をクリアするまではアジト機能が開放されないため、まずは2-1クリアを目指します。
最序盤は敵も弱く、まず詰まることはないでしょう。

**編成・マスエフェクトについて [#o1b40312]

ステージ1-1の冒頭シナリオを読み終わると、編成機能が解放されます。
ここで召喚したメギド達を編成に組み込み、パーティを作ります。
スタイルと呼ばれる戦闘タイプがリーダー(編成中央)と一致すると、マスエフェクトという強化効果がかかります。

とはいえ、最初は分かりにくいと思うので「そういうものがある」ぐらいの認識で大丈夫です。
あえて意識するなら、キャラアイコン左上のマーク(黒い三角・赤い六角形・白い斧型)を「ある程度」揃えるといいでしょう。
※ただし、''マスエフェクトを全員に適用させることにこだわる必要はありません。''

**オーブを装備しよう [#i402e941]

またステージ1-2ではオーブについてのチュートリアルがあります。
パーティ編成画面で「オーブ」をタップすると、各キャラにオーブが装備できます。
ただしオーブにも三種のスタイルがあり、キャラアイコンの背景(黒い三角・赤い六角形・白い斧型)と同色でないと装備できません。

オーブは使用にターン制限がある分、上手く使えば戦局を大きく変える力があります。
最序盤はそれほどストーリーで苦戦することはないと思いますが、ときどき使ってみて使用感を確かめておくといいでしょう。

なお、''オーブは戦闘中にフォトン(アタック・スキル・チャージ問わず)を自キャラ下のオーブにドラッグすることで使用できます。''

*アジトで召喚をしよう [#g181b8c8]

メインクエスト2-1をクリアするとアジト機能が解放され、プレゼントBOXも利用できるようになります。
まずはプレゼントBOX内のアイテムを受け取りましょう。

スタートダッシュボーナスとして、''1500石(召喚10連分)''を受け取れます。
またリリース記念である''SRオーブ「禁断の書」''も、新規プレイヤーでも受け取れます(2019年1月に確認)

またキャンペーン等で別途石配布がされているタイミングであれば、それも受け取ることができます。
すべて受け取ったら画面下部の「召喚」をタップして、召喚画面に入ります。

**メギド確定召喚 [#r89be993]

受け取った1500石をどう使うかはプレイヤーの自由ですが、
メギドが揃うほど戦術の幅も増して面白くなるので、まずはメギドを増やすための召喚がおすすめです。

石を使う召喚は(メギドが最低1体確定の)メギド確定召喚と、通常召喚の二種類があります。
後者の通常召喚については、月末~月初にはキャラ排出率が2倍(10%)の激★魔宴(通称サバト)召喚になります。

中でも''おすすめなのはメギド確定召喚''です。
4回限定ですが、回すごとに確定枠のキャラが変化するため所持済みキャラと被る可能性が低いです。

ただしサバト開催中の場合に限り、サバト優先で召喚するという考え方もあります(メギド確定は無期限なのも理由の一つ)。
&color(red){''※ただサバトは(排出率2倍とはいえ)10連で1体確定ではないのでご注意ください。''}; 

それから注意点として、メギド確定召喚では出現しないキャラクターもいます(主にリリース後の新規追加キャラ)。
労力がかなり大変なのであまりおすすめしませんが、
これらのキャラをリセマラ等で狙いたい場合には、通常召喚またはサバト召喚を回すことになります。
※該当キャラクターについては、[[リセマラについて]]のページをご覧ください。

**有償召喚が1回無料 [#fa6e197b]

また''通常の有償召喚(石150個)が初回にかぎり無料で引けます。''
※なおゲームを継続した場合、120時間(5日)経過ごとに再度無料で引けるようになります。
 またキャンペーン等により24時間ごとに無料で引けるなどの期間もあります。

さらに無料1回終了後も、1回だけ石100個の割引で召喚ができます。
※この割引は、召喚のピックアップ内容がリニューアルされるたびに復活します。

**召喚に関する補足 [#i00281fc]

もし石が余っていれば今後に備えて温存してもいいし、そのほかの召喚を回しても構いません。

また、気に入ったキャラが出なかったという場合には、この時点がいわゆるリセマラポイントになります。
リセマラに関しては、[[リセマラについて]]のページに詳しくまとめていますのでそちらを参考にしてください。

*メインクエストをさらに進めよう [#tf5929a6]

新たに仲間になったキャラを編成したら、メインクエストをさらに進めていきましょう。
最初のうちは、各キャラクターのスキルや奥義をまず一度は使ってみるなどして性能や特徴を把握していくのがおすすめです。

**ステージ2-3クリアでガープを仲間にしよう [#m58aca0b]

最初はステージ2(2-3)のクリアを目指して進めていきましょう。
このステージ2をクリアすると、&color(blue){''ガープというキャラクターが手に入ります。''};

[[ガープ]]は配布キャラでありながら盾役として高い性能を持っています。
他にロノウェ・サブナック・ザガン・ボティス等のガチャ産の盾役がいないならば、パーティのメイン盾となれる特徴を持っています。
※ガチャ産の盾役がいる場合でも、育て上げたガープは独自の性能で他の盾役に匹敵する性能を持ちます。

#region(tips.他盾キャラと使い分けよう)
召喚等で盾キャラを複数持っていると「ガープ(や盾キャラ)との違いが分からない」という事に陥ることがあります。
メギド72は「上位/下位互換キャラは居ない」と言われる通り、同じ盾キャラであっても1人1人得意・苦手が違います。
その違いを知っておくことで今後のボスによって採用する盾キャラの選定をできるようになりましょう。

''ガープ''
序盤で手に入る[[ガープ]]はカウンター・ファイターで攻撃を「かばう+''ダメージ軽減''」で受ける「かばう''軽減''盾」です。
アタック・スキル・奥義・覚醒・オーブ(固定ダメを除く)全てをかばう+ダメージ軽減して受ける対応幅の広さが特徴です。
一方で特化したものがなく全て低軽減で受けるため、ダメージを受けすぎてすぐさまダウンしてしまう事もあります。[[バルバトス]]等で回復フォローをしましょう。
育成していくとダメージの蓄積を逆に武器にする覚醒スキルや専用オーブ「ベインチェイサー」によって攻撃面が大きく伸びていきます。
特にベインチェイサーの有無は非常に大きく、オーブ込みで育成しきると下記サブナックの高防御を超え1位になり、非常に高いポテンシャルを持ちます。

''ロノウェ''
[[ロノウェ]]はカウンター・ファイターで攻撃を「かばう+''スキルダメージ軽減''」で受ける「かばう''軽減''盾」です。
スキルダメージを大きく軽減できるのが特徴です。アタックや奥義は素で受ける事になりますがHP・防御ともに高く、奥義・特性も絡めると想像以上に守ってくれます。
ガープの使用感に近いキャラでもあるためそれ程違和感なく使えますが、育成するとこちらは攻撃より防御面が伸びていきます。
全メギド唯一となる「単体無敵」を奥義で持っており、編成次第ではこれを全体にばら撒いて大技を凌ぐといった事も可能です。

''サブナック''
[[サブナック]]はカウンター・ファイターで攻撃を「''全体ダメージ軽減''+''確率かばう''」で受ける「''ダメージ軽減''盾」です。
他盾役と大きく違う点は確実に「かばう」技を持っていないこと。代わりに全メギドトップの高防御・特性・マスエフェクトで守る事が特徴です。
運用上「編成でターゲットをコントロールする」事がかなり重要で、この技術は他盾役(特にガープとロノウェ、エリゴス)でも通用します。
スキルフォトンを振らなくても役割をこなせる反面、確率のため確実ではなく盾キャラ以外へダメージが飛んでしまうのが欠点です。
その分列・全体攻撃に対して強力な対策ができ、スキルの「ダメージ軽減」、奥義の「一定回数無効」でPT全員を守ります。

''ザガン''
[[ザガン]]はカウンター・ファイターで攻撃を「かばう+''割合以下無効''」で受ける「かばう''無効''盾」です。
ザガンのスキルは「自身の最大HP基準で一定割合(20~25)以下のダメージ」を「0ダメージ(無効)」にするのが特徴です。
得意とするのは1発辺りの威力が低い連続攻撃であり、それらの単体攻撃をかばう+無効化するのに向いています。
一方で1発が強力なものは素で受けることになるうえ、HP・防御共に盾役の中では低めであるため大きなダメージが入ると崩れやすいです。
また「スキルを振らないと盾役が務まらない」事も高レベル帯になると厄介な部分となります。

''ブニ''
[[ブニ]]はカウンター・ファイターで攻撃を「かばう+''割合以下無効''」で受ける「かばう''無効''盾」です。
使い勝手はザガンに近いですが、無効にできるダメージ値が低い変わりに盾役でも素早さ・攻撃が高いのが特徴です。
高い素早さにマスエフェクト・オーブの特性を活用すると敵の行動より早くかばうを入れられる様になったり、
覚醒スキルの「覚醒ゲージ-1(2)」による敵の「覚醒ゲージ削り」役、持ち前の高攻撃からサブアタッカーもこなせます。
ただし、防御に特化していない分どうしても他盾役より守る事には劣ってしまうのが欠点です。
ブニは他盾役と異なりイベントで入手が可能です。

''ボティス''
[[ボティス]]はカウンター・''トルーパー''で攻撃を「かばう+''一定回数無効or割合以下無効''」で受ける「かばう''無効''盾」です。
一定回数無効か一定割合無効と、ダメージを0にする手段に選択肢があるのが特徴です。
大技が飛んでくるのならばスキルでかばう+一定回数無効、連続攻撃が飛んでくるのならば奥義で割合以下無効にする、といった具合で使い分けられます。
対処を間違えると素で受けることになるため、敵の行動を考えて発動させる必要があります。
列・全体攻撃対策が取れる数少ないキャラで、ボティスの場合は奥義の「割合以下無効」でPT全員を守ります。
ボティスは「トルーパー」なのも特徴。対応できるマスエフェクトが異なるものの、基本的に他盾役と同じ扱いをしても特に問題はありません。

 ''~番外編~''

''エリゴス''
[[エリゴス]]は''ラッシュ''・ファイターで攻撃を「一定回数無効や防御UP」で受ける「''変則型''盾」です。
他とは異なりラッシュスタイルであること、ダメージ回数無効+反撃や防御大幅UPを利用して無効or軽減を行うのが特徴です。
特に防御大幅UPは全メギドでも随一であり、全体に掛かるため列・全体攻撃の対策としても利用が可能です。
その代わり「かばう」要素を持っておらず、編成やターゲット仕様を活用して発動させる必要があります。
また序盤で一気にたたみかけるのを得意とする「ラッシュ」の戦法からやや外れているため、同スタイルと合わせるのが難しいという点があります。

''アリトン''
[[アリトン]]はカウンター・''スナイパー''でHPが1/3以下のキャラへの攻撃を「かばう」特性をもつ「''瀕死かばう''盾」です。
入れておくだけで勝手に瀕死対象をピンポイントでかばうため、かばうが無いときの事故防止に繋がります。
ただし、他がかばうを発動させた所にアリトンが入る事はないため、かばう盾キャラの対策には少々向かない所があります。
なおマスエフェクトによってボティス・エリゴスを除いた盾役を更に固める事が可能ですが、
アリトンがかばいすぎて離脱=マスエフェクト消失の恐れもあるため回復手段は用意しておきたい所です。

#endregion

**ステージ5クリアでマルコシアスを仲間にしよう [#nc6120c6]

ステージ4辺りから敵が強くなってきますが(後述)、次は頑張ってステージ5(5-4)の突破を目指しましょう。
ここをクリアすると、&color(blue){''マルコシアスというキャラを手に入れることができます。''};

[[マルコシアス]]も配布キャラとしては破格の性能で、とくに&color(red){''序盤ではガチャを含めても最強キャラの一角''};と言っていいほどです。

特性として悪魔特効(悪魔へダメージ2倍)を持っており、4倍ダメージ奥義×悪魔にはさらに2倍という超高火力を叩きだします。
しかも''メインクエストの強敵には悪魔属性持ちが多い''ため、マルコシアスを育てているかどうかで難易度が激変します。

#region(tips.状態異常付与の確率を理解しよう)
序盤ではあまり気にすることはありませんが、進めていくと「''状態異常が入らない敵''」が多数登場します。
これらはよく見ると「''入らない''」「''入りづらい''」「''単純に外した''」という違いがあり
この点を早めに理解し判断できるようにしておくと後々の立ち回りに無駄が無くなります。

マルコシアスを初めシャックス他多数メギドが扱う「状態異常付与」には必ず「''基本成功率''」が設定されています。
マルコシアスの場合はスキルのデュアルショットに70%でフォトン容量-1、覚醒スキルのラピッドファイアも70%でめまい、奥義は確率記載がないフォトン破壊。
なお確率記載がないものに関しては「''基本成功率は100%''」という扱いになります。

但し、''相手に耐性があると成功率は下がります''。
わかりやすい例としてはオーブの特性。 オーブの特性に「○○耐性がXX%上昇する」といったものが該当し
これらが絡む場合は単純な「減算」で計算が行われます。

''例'')
 マルコシアスの奥義でフォトン破壊(付与率100%)を狙おうとしたが、相手はフォトン破壊耐性50%のオーブを持っていた場合…
  100%-50%=フォトン破壊付与率50%で発動

という風に''いくら付与率が100%であっても(耐性があると)確実に入る保証はありません''。 
また(メギドクエストを除く)通常の敵は各状態異常・弱体への耐性がそれぞれ設定されているため、やはり確実に通るとは限りません。

更に''相手が無効持ちであるとその状態異常は入りません''。
○○無効のマスエフェクトを初め、状態異常耐性バフをつけてる状態、耐性が成功率を上回っている場合はこちらに該当します。

この成功率・耐性・無効の話は''相手からの攻撃''にも同じことが言えます。
例えば…ベインチェイサーの毒対策で[[バルバトス]]のマスエフェクトを活用するためカウンターで統一する以外にも
毒の成功率が50%ならば50%の毒耐性をすれば無効化できる様になります。50%なら[[アンドラス]]のマスエフェクト(全耐性50%)だけでも無効化できます。

メインストーリーの中盤(4章)以降で登場する敵や大幻獣(星間の禁域)は基本ある程度全耐性を持っており、何かが無効or高耐性になっている事が大半で
いかに「''この状態異常は通じず、この状態異常は通る''」を判断できるかがクリアの秘訣になっています。

ここで肝となるのは「''外した時に「失敗」と出たのか「無効」と出たのか''」という点です。
失敗の場合「''その状態異常は付与できるが失敗した''」という結果という事であり
無効の場合「''その状態異常は付与できない''」という結果になります。
「状態異常耐性バフ・特性・マスエフェクトを入れていないのに無効が出た」ならその敵に該当する状態異常は入らない※と判断しても良いでしょう。
(※特性変化等で入るパターンもあるがかなり例外です)
「何回も付与しようとしてるが失敗が出る」のならば耐性があると思ったほうが良いでしょう。 安定しないため別の手も考えておきたい所です。

#endregion

**ステージ8クリアを目指して育成しよう [#wfe70b89]

この辺りまで来るとだいぶゲームシステムの把握も進んでいるはずなので、
一度オーブを見直したり、マスエフェクトを意識したりと編成を整えましょう。

ただし難易度ノーマルであっても、だんだんと敵が手ごわくなってくるはずです。
そして&color(red){''序盤の最大の壁と呼ばれているのが、ステージ8のボス''};です。
戦術だけでなくパーティ全体が一定以上の戦力に達していないと撃破はなかなか難しいでしょう。

星2.5のパーティでも手持ちキャラやオーブ、戦術によっては撃破のチャンスが十分ありますが
苦しい場合には一部キャラだけでもいいので星3に進化させましょう。

ただし星3に進化させる際にはステージ9以降入手の素材を要求されるため、「[[ゴルドショップ]]」にてそれぞれ購入する必要があり、
さらに「[[メギドクエスト]]」をクリアして、特殊な素材を手に入れる必要があります。
このメギドクエストはステージ6-4突破で解放されます。

**ステージ9以降を楽しもう [#i5804c36]

ステージ8のボスを突破すると、見事1章クリアとなります。おめでとうございます。
シナリオ的にも一区切りつきますが、まだまだゲームは続きます。
現在では全7章(ステージ68)までが実装されています。
現在では全7章(ステージ72)までが実装されています。

ステージ9以降も、ステージ11やステージ14などに強敵が控えています。
また2章最後のステージ16のボスも1章最後に負けず劣らず難関です。
十分な育成と戦術が必要になりますが、ぜひ手持ちのメギドを育て上手く活用しクリアを目指してください。

*強敵で詰まったら [#o7e13f5f]

どうしても勝てない強敵に出会った場合には、RPGの基本に立ち返り「育成」と「戦術の見直し」を行いましょう。

とくに今まで使っていなかったキャラクターを育ててみると、戦術がガラリと変わって一気に突破口が開けるかもしれません。
こうした試行錯誤の面白さが、メギド72の最大の楽しみでもあります。

**1章の具体的な強敵対策 [#zabfd88d]

1章の強敵に関してもっと具体的なアドバイスをすると、ステージ4はシャックスの感電攻撃を使いましょう。
スキルが非常に強力なボスなので、感電でのスキル封じが有効です。

またステージ8は、悪魔特効持ちであるマルコシアスはぜひ育てましょう。
ボスが悪魔属性であり、大ダメージを叩きだしてくれます。

-[[メインクエスト 難関ステージ攻略]]
-[[ステージ8ボス「アカマル」攻略]]

**敵の行動パターンを知っておこう [#h68758f3]

また敵AIには幾つか決まった行動パターンがあります。
その最たるものが以下の二つです。
-&color(red){''敵のファイター(剣)とスナイパー(銃)は前衛を優先して狙う。''};
-&color(red){''敵のトルーパー(槍)は後衛を優先して狙う。''};

敵がファイターやスナイパー1体だけのボスであれば、たとえば前衛をガープひとりにしておけば必ず彼を狙ってくれます。
(全体攻撃のスキル・奥義を使ってくる場合は除く)

逆に敵がトルーパーの場合、後衛を1体だけにしておいて狙わせるという戦術もあります。
敵の行動パターンを上手に見抜いて、クリアを目指しましょう。

**公式ポータルの攻略情報も読もう [#qffd326b]

メギド72公式ポータルサイトでは、2章(ステージ16)までの詳細な攻略情報が公開されています。
どの状態異常が効くかなど、ゲーム内では見えにくい情報に触れている部分もあるので、詰まったらぜひ参考にしましょう。

-[[メインクエスト第1章の攻略ポイントを紹介:https://megido72-portal.com/entry/mainquest-1]]
-[[メインクエスト2章の攻略ポイントを紹介:https://megido72-portal.com/entry/mainquest-2]]

*イベントが開催中の場合 [#of40957a]

**イベントキャラを手に入れよう [#t2a14f50]

定期的に開催されるイベントをクリアすることによって、限定のオーブやメギドを入手することができます。
※さらに周回して交換用アイテムを集めることで貴重な素材やオーブと交換もできます。

概ね、&color(blue){''キャラクター入手までの難易度は低め''};に設定されています。
ゲームを始めてそれほど経っていないプレイヤーでも、メギドの入手は十分に可能です。

配布されるメギドは高い性能を持つものも多く、イベント以外では入手できません。
そのため、もしメギドが入手可能なイベント開催中にゲームを始めた場合には、
クリアできる最低限までパーティを育成し、キャラ入手できるステージクリアを最優先で目指すと良いでしょう。

**エンブリオを交換しよう [#s4e860ec]

また&color(red){''イベントアイテム交換所では、「エンブリオ若」がラインナップに並ぶ場合が多いです。''};
これは星4.5→5への進化で1個、星5.5→6への進化で2個必要になる素材なのですが、
入手手段が現状では限られており、非常に貴重な素材になっています。
最優先で交換することをおすすめします。

*そのほかやっておくと良いこと [#q3a2fe51]

デイリーミッションなどの日課は存在しないゲームですが、いくつかやっておくと良いこともあります。

**無料召喚を引こう(毎日・5日ごと) [#j29ec517]

24時間に一回(朝4時更新)、無料召喚を引くことができます。
この無料召喚で出現するのは主にRオーブが多いですが、このゲームはRでも有用なものがたくさんあります。
またたまにSRオーブが出るほか、非常に確率は低いですがメギドも排出されます(過去に生放送でプロデューサーが明言しています)。

また5日(120時間)経過ごとに、(本来は石150個の)有償召喚を無料で行うことができます。
こちらは確率は通常の有償召喚どおりと思われます。

**ゴルドショップは定期的にチェックしよう [#e69f0de7]

ゴルド(お金)を消費してアイテムや素材を変えるゴルドショップは、6時間おきにラインナップが更新されます。

攻略チケットやスタミナ回復ドリンク、さらには希少な素材なども購入できる可能性があります。
また&color(red){''1日1個スタミナドリンク50を無料で入手することができます。''};
ゲームプレイ時には一度チェックする癖をつけましょう。

より詳しくは、[[ゴルドショップ]]のページをご覧ください。

**メギドクエストの曜日に注意!日曜日は全開放 [#f5db5371]

星2.5→3へと進化させるあたりから、要求素材のなかにメギドクエストでしか手に入らないものが含まれてきます。
メギドクエストは曜日ごとに挑戦対象が変わってしまうため、どの素材が何曜日に手に入るかチェックしておきましょう。

ただし&color(blue){''日曜日には、月~土のメギドクエストが全開放されます。''};
日曜日に向けてスタミナドリンクやチケットを溜めて、一気に育成するという手もあります。

より詳しくは、[[メギドクエスト]]のページをご覧ください。

**メギドの塔を登ろう [#bf8a240c]

ステージ7-4クリアで解放される[[メギドの塔]]は、手持ちメギド全員で挑むことになる自動攻略ダンジョンです。

攻略チケットや貴重なフィールド素材を手に入れられる、とても重要なコンテンツのひとつです。
利用できるようになったらぜひ積極的に塔に登るようにしましょう。

より詳しくは、[[メギドの塔]]のページをご覧ください。

*ゲームが合わないかもしれないと感じたら [#qf2a4987]

誰にでもゲームとの相性はありますので、自分に合わない、つまらないと感じたら無理して続ける必要はありません。

ただやや複雑なゲーム性が理解できて面白くなってくるのは、一般的にはステージ4~8ぐらいだと言われています。
もし「面白いのかどうかイマイチ分からない」という状態なら、その辺りまで進めてみるのをおすすめします。

*コメントフォーム [#zdf917d4]

#pcomment(コメント/序盤の手引き,reply)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS