※ステータスまでの基本情報は既存ページと同一のため省略

攻略の基本となる情報 [編集]

本体はスリップダメージでしか倒せない [編集]

ポルターガイストの本体は非常に高い防御力(EXだと7000以上)とHP(EXだと49万)を持っています。
さらにダメージ95%軽減&状態異常無効化の特性を持っています。

ただしかわりに、毎ターンごとに15%のスリップダメージを受けるという特徴があります。
よって、7ターン経過させてスリップダメージで倒すがほぼ唯一の撃破方法となっています。

本体の攻撃能力はごく低い [編集]

なお本体自体の攻撃能力は通常攻撃のみで、攻撃力もさほど高くありません。
覚醒スキルで攻撃力上昇、奥義でアタック追加がありますが、これらは本体自身には効果がないため、砲台が撃破されていれば空撃ちさせられます。

ただし通常スキルでは蘇生によって、砲台をHP100%の状態で回復してきます。
この蘇生をいかに使わせないか、また使われた場合にはすぐに再度倒せる状態を用意しておくことが大切です。

砲台の対策 [編集]

攻撃担当である「砲台」は、開幕から超高火力(EXだと攻撃力4500以上)で攻撃を行ってきます。

さらに奥義で「かばうを無視した4連続無差別攻撃」を行ってきます。
この攻撃は単に盾役でかばえないだけでなく、敵AIのクラスごとのターゲット優先も無視しています。
つまり(通常はトルーパーは後衛を狙いますが)後衛に囮を置いておいても、奥義では前衛に集中砲火されるという可能性もあります。

この砲台にどう対処するかが攻略上の最大のポイントとなります。
基本的には砲台をなんらかの方法で速攻撃破するか、もしくは(相性の良いキャラがいる場合にかぎっては)守りを固めるかになります。

火ダメージで速攻する [編集]

砲台は火ダメージを受けるとダメージが2倍になる(正確には+100%される)という特性を持っています。
これを利用して、火ダメージ攻撃で砲台を撃破するのがもっとも代表的な戦術です。

なお砲台は最速だと1ターン目の3巡目、そうでなくとも(フォトンが追加されての)4~5巡目には奥義を使ってくることも多いため、
それまでに素早く撃破を目指す必要があります。
とくに奥義での火ダメージを狙う場合、覚醒補助などが必要になる場合も多いです。

通常ダメージで速攻する [編集]

また火ダメージにこだわらずとも、通常ダメージの速攻ができるパーティで撃破することも可能です。
これは手持ちによってかなり様々なパターンが考えられますが、ラッシュ中心の複数キャラで一気に攻めるか、
もしくはゲージ3~4の高火力奥義で撃破するなどがあります。

ダメージを無効化する [編集]

砲台・本体ともにアタックフォトン以外では攻撃手段を持たないため、アタックバリアによってダメージ軽減が可能です。
よってガープ・グレモリーの奥義をアタック強化して使うと、軽減率が100%を超えるためダメージが0になります。
とくにグレモリーについては味方全体が対象の奥義であるため、ポルターガイスト然と非常に相性が良いです(詳しくはこちら

攻略案の紹介 [編集]

火ダメージでの攻略 [編集]

アタック/スキル強化や攻撃力上昇、あるいは突風などによって変動が大きいためダメージ目安表をあわせて掲載します(「詳細」を展開で表示)。
なおすべて星6Lv70・奥義Lv3・種族特効1.24(RオーブのLv9)、なおかつダメージが最大限に下振れ(-5%)した場合で試算しています。※敵HPはEXの砲台です。

  • アスモデウス(攻撃力1402/スキル/倍率1.25倍)
    高い攻撃力にくわえて通常スキルが火属性ですが、倍率は1.25倍のため強化手段は欲しいところです。
    +  詳細
  • アモン(攻撃力1313*1/奥義ゲージ4/倍率4.35倍)
    ゲージ4奥義が火属性かつ高倍率であり、戦闘開始時ゲージ+2と組み合わせて2巡目奥義を狙います。
    +  詳細
  • フラウロス(攻撃力1184/奥義/倍率3.35倍)
    ゲージ3奥義が火属性のため、アタック強化と戦闘開始時ゲージ+1をあわせて2巡目奥義を狙います。
    +  詳細
  • アミー(攻撃力953/奥義/倍率5.35倍*2
    ゲージ5奥義が火属性かつ高倍率です。ただしゲージ増加を補助する手段が複数欲しいところです。
    +  詳細
  • アイム(攻撃力1288*3/スキル/倍率1.25倍*4
    スキルが火属性かつ使用ごとに倍率も上がりますが、(後衛かつHPが低いため)砲台行動前に倒しきるか1巡目を守る工夫が必要です。
    +  詳細
  • フェニックス(攻撃力967/スキル/倍率1.25倍)
    スキルが火属性かつ自身の特性で防御無視を持ちますが、攻撃力が低いため補助火力の併用がおすすめです。
    +  詳細

突風について [編集]

ポルターガイストはもともと特性で火ダメージが2倍になりますが、これと突風地形を併用した場合、ダメージは3倍になります(通常分100%+100%+100%)。
※2倍×2倍で4倍になるわけではないので注意。

なお突風にできる手段としては下記のものがありますが、初手から突風にできるのはジズのスキルのみ(2019年2月時点)となります。
速攻が必要な関係上、他の手段だと1回目の砲台撃破には間に合わない場合が多いでしょう。

+  突風の手段一覧

通常ダメージでの攻略 [編集]

とくに説明のない場合、星6Lv70でEXに挑む場合の計算を基準としています。
ただし、星5.5以下やVH以下であっても基本の流れは共通しています。

ラッシュによる速攻 [編集]

ゲージが短いラッシュアタッカーを中心に編成し、1ターン目の2巡目辺りまでに砲台を落とす戦い方です。
とくにウァサゴやその他の覚醒補助を併用することをおすすめします。

  • パイモン(リーダー起用)
    • MEで戦闘開始時のゲージ+1を4マス持ち、さらに自身もリーダーでゲージ2になります。
      くわえて単体ダメージ上昇マスなどもあることで、砲台のダメージを削るのに有効です。
    • そもそもパイモン育成にポルターガイスト撃破・捕獲が必要ですが、ME目当てなら敵のアタック一発に耐えるところまで育成できていればOKです。
  • ベヒモス(リーダー起用)
    • MEで戦闘開始時のゲージ+1を4マス持ち、さらに連続ダメージ上昇もあります。
      ※クリア未検証のため情報募集中
  • ラッシュのアタッカー候補(ゲージ2)

ゲージ短めの高倍率奥義 [編集]

ゲージが3~4程度までの奥義にアタック強化をかければ、火ダメージでなくとも砲台を一確できる場合があります。
ただし少しでも攻撃タイミングを早めるために、戦闘開始時のゲージ増加か、もしくは覚醒ゲージ上限-1のMEは欲しいところです。
以下、幾つかの例を示します。

  • モラクス
    • 奥義がゲージ4なので、開始時ゲージ+2があればチャージ→アタックで、砲台の2巡目前に奥義が撃てます。
      フォラスのスキルなどでアタック強化と攻撃力上昇が同時にかかれば砲台を一確できます(種族特効21%以上のオーブが必要)。
  • フルカス
    • モラクス同様にゲージ4奥義です。ただモラクスと違って素早さが砲台より遅いため、ややリスクが高くなります。
      砲台の一確条件もほぼ同様ですが、種族特効オーブのレベルは低め(ミステリートーチLv1など)でもOKです。
  • ベリト
    • 奥義がゲージ3ですが、(カウンターは戦闘開始時ゲージ増加がないので)フリアエMEによる上限-1がなるべく欲しいです。
    • アタック強化・攻撃力上昇20%・SRホーリーフェイクLv9で一確できますが、
      もしイベント入手のSSRデューク(古代生物特効32%~)があればアタック強化だけでもOKです。

その他 [編集]

  • ゼパル(カウンター)
    • スキル強化・攻撃力上昇20%・SRホーリーフェイクLv9ならスキル2回で(下振れしても)残りHP700以下まで削れます。
      補助火力があれば2巡目の砲台行動前に倒せます。またネルガルME(防御無視)やSSRデュークがあれば、スキルで一確も可能です。

グレモリーでの攻略 [編集]

もしグレモリーが仲間にいる場合、ポルターガイスト戦が非常に楽になります。
敵は基本的にはアタックフォトンでしか攻撃手段を持たないために、グレモリー奥義の全体アタック軽減が有効なためです。

そのまま使っても3ターンにわたりアタックダメージ80~85%軽減と優秀ですが、
アタック強化して使うことができれば4ターンにわたり100%以上軽減(ダメージ無効)となります。
なお砲台奥義による地形炎上ダメージだけは防げませんが、現在HP割合ダメージのためこれだけで倒されることはありません。

ただしゲージが4と若干長いため、奥義前にパーティが瓦解する可能性はやはりあります。
砲台を速攻落とすか、もしくは覚醒補助等で素早く奥義を使える編成を組むか、手持ちにあわせて工夫しましょう。
一度奥義を使うことさえできれば、以降は非常に安定します。

特殊な攻略 [編集]

ガープ(ベインチェイサー装備)による攻略 [編集]

かなり特殊な上に安定性も高いわけではありませんが、手持ちキャラに左右されにくい戦術です。

ガープが星5で取得する第3マスエフェクトには、古代生物からのダメージを軽減する効果があります。
これを利用して砲台の攻撃を耐えつつ、防御バフをかけたベインチェイサーで2ターン目に砲台を撃破します。

+  詳細

その他のポイント [編集]

後列キャラの守り方 [編集]

砲台はトルーパーのため、味方の後列キャラクターは優先的に狙われる上に、ダメージ補正1.5倍で大きなダメージを受けてしまいます。

しかもアタック強化やスキル強化など、ダメージを増加させる手段を持つキャラの多く(あるいはアイムなど一部アタッカー)が後列のため、
編成によってはどうしても後列キャラクターを必要とする場面も出てきます。
ここでは、そうした際にどのように後列キャラを守るかの例を幾つか紹介します。

  • ダメージ軽減特性を持つオーブ
    • オーブの中にはダメージを軽減する特性を持つものが複数あります(オーブ検索、またはラッシュ/カウンター/バースト参照)。
      とくにHPが6000前後のキャラの場合、10%軽減するだけでも一撃で倒されることがなくなったりします。
      なかでも代表的と思われるのは、フォラスにR水獣ソーサラーLv9で(極端に上振れしないかぎりは)一撃死がなくなり、かつどのフォトンでもチャージに変換できます。
  • 回数バリア
    • アムドゥスキアス(またはシェルドレイクLv9を装備したLv70ナベリウス)がいる場合、砲台より素早く2回分の回数バリアを張ることができます。
      ただし1ターン目はアタッカーにバフをかけたいことも多いため、ターゲット枠の取り合いになりがちです。
      ただ自動ターゲットならばHPの低いキャラに優先してバリアを張ってくれる(詳しくはAI検証を参照)ので状況によっては取り入れて良いでしょう。
  • かばう
    • 砲台の素早さは600とそこまで高くないため、ブニ・ザガンに素早さ上昇のME・オーブを併用すれば砲台行動前に「かばう」ことができます。
      とくにブニであれば、自身のME(+20%)に火殻竜Lv9(+20%)装備の計40%上昇で上回ることができます。
      ザガンの場合は計49%必要なので、セーレのME(+30%)か召喚SSRのエージェント(+24~34%)が必要になります。
  • 蘇生
    • 後列キャラは倒されること覚悟で、あとから蘇生するという方法です。
  • 砲台行動前に撃破
    • 砲台の素早さは600とそこまで高くないため、1巡目の攻撃前に一気に撃破してしまうという方法です。
      奥義主体なら複数の覚醒補助、スキル主体なら複数の強化や補助火力を使うことになります。

覚醒ゲージの補助 [編集]

とくに奥義で砲台撃破を目指す場合、覚醒ゲージを補助する手段が欲しいところです。
ここでは1ターン目から効果があるものを中心に、ポルターガイスト戦でとくによく使われると思われるものを紹介します。
※すべてを網羅するとかえって分かりにくくなる恐れがあるため、ある程度絞って掲載しています。
(以下のR/C/Bはスタイル、F/T/Sはクラス)

ウァサゴについて [編集]

ウァサゴについては、覚醒補助だけでなく(特性による戦闘開始直後の奥義により)サブアタッカーも兼任できる点でもポルターガイスト向きです。
単純に奥義を撃っても3000以上のダメージが出ますが、幾つか強化を使えばウァサゴ自身で7000以上を削ることもできます。

+  詳細

また他のキャラに先がけて覚醒補助をするのに素早さが足りない場合には、
シェルドレイクか黒き淵の鋏手を装備することで最大20%の素早さアップが可能です。

フォトン追加系オーブについて [編集]

覚醒ゲージ自体を直接増やすわけではありませんが、アタックやチャージフォトンを追加するオーブも役立ちます。
とくによく見られるのが、フォラスにチャージ追加の水獣ソーサラー、ナベリウスにアタック追加のいたちブラスターを持たせるものです。

二人ともオーブを1ターン目から使えて、なおかつ行動巡がフォラス→ナベリウスのため、任意のキャラクターにチャージ→アタックと積めます。
最初に場に出るフォトンに左右されずに、確実に奥義を使いたい場合に役立ちます。

砲台撃破後の手順 [編集]

砲台撃破後の手順はシンプルです。
とにかく本体に蘇生行動を取らせないようにフォトンを取得していきましょう。
とくに蘇生行動に繋がるスキルフォトンをなるべく敵に取らせないようにすると良いです。

それでも出現フォトンの関係で、撃破までに1~2回は蘇生が発動してしまうのが普通です。
蘇生した砲台は覚醒ゲージを死亡前から維持しているため、蘇生後の次ターンですぐに奥義を打ってくることもあります。

これに備えて、砲台が復活する前に味方を回復したり、ダメージ無効化をかけておいたり準備しておきましょう。
また復活後すぐに撃破できるように、覚醒ゲージを溜めたりオーブが使える状態にしておきます。

有効な状態異常・弱体 [編集]

砲台・本体ともに覚醒減少がEXでも比較的入りやすいです。
とくに砲台より素早いキャラで覚醒減少できるようにしておくと、覚醒状態で蘇生されて次ターンにいきなり奥義といった流れを潰すことができます。
本体に対してもタイミングを見て減少を入れると、「奥義→スキル(蘇生)」の流れを「アタック→覚醒スキル」に変えるなどできます。

またフォトン奪取への耐性もかなり低いと推定されるため、
こちらもタイミングを見て使えば、砲台の攻撃や本体の蘇生スキルを妨害できます。

そのほかフォトン破壊・フォトン容量低下も砲台・本体ともにEXでも入りますが、
こちらはおそらく耐性があり、たとえば成功率80%のフォトン破壊でも2回に1回成功するかどうか、というところです。

捕獲について [編集]

ターゲットが複数あるボスの捕獲は、本体以外が倒されており、なおかつ本体HPが25%以下(3つ目の素材がドロップ済み)でなければなりません。
よってHPが15%ずつ減少するポルターガイストの場合、以下の条件が必要となります。

  • 5ターン目終了時または6ターン目終了時に、砲台が倒されている(本体のみになっている)

この条件を満たすために、5・6ターン目前後の戦闘では以下のような点を工夫すると良いでしょう。

  • 覚醒減少・フォトン奪取・フォトン破壊・フォトン容量低下などを使って、蘇生スキルの発動を妨害する
  • 敵が3巡目で蘇生を使った場合でも、砲台を撃破する準備を整えておく(本体より遅いメギド、またはフォトン追加オーブなどの利用)

またポルターガイスト戦全体に共通して言えることでもありますが、本体がスキルを取得する優先度が特別高いわけではないため、
スキルフォトンを味方が優先して取得するように心がけつつ戦うことが重要となります。

なお大幻獣によっては亜種の方が捕獲しやすいケースもありますが、
亜種のクイックシルバーは、その攻略の性質上(不可能ではないですが)捕獲が難しいため、
基本的にはポルターガイスト戦での捕獲を考えることになるでしょう。


*1 特性の攻撃力10%上昇を反映済み
*2 正確な倍率未確認のため情報募集中
*3 特性の徐々に攻撃力上昇の1ターン目開始時点(10%上昇)を反映
*4 使用ごとに最大2倍まで倍率上昇

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-12 (火) 15:17:52 (68d)